源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年1月25日 西上州立岩1ルンゼ

 今日はH井さん、N濱さんと南牧村の立岩1ルンゼに行ってきました。予想通りのいい氷でした。
 朝6時に小金井を出発し、所沢から関越に乗るが、高坂の手前での事故のため渋滞。結局現地に着いたのは9:30頃です。準備を整えて、堰堤工事用の林道を上がり、出合いまで約20分。見上げるルートはやや氷が少ないように思える。

 出合いにザックを置いて必要な装備だけ持って登攀開始。カメラを置いていったので、登っている写真はありません。最初の7mほどの滝は落ち口の氷があまりなく、ビレイポイントの手前は岩登り。次の10mは下部は容易ながら上部5m程はバーチカル。さらに5mを超えて最後の30mに。今シーズン一番長い登りかな、ちょっと疲れた。登り終えたところには懸垂ポイントがある。それを使ってダブルの50mで下降するが2段目の上でストップ。旅人は左岸側をトラバースして高巻き、そのまま杉の植林帯を下降。お二人は、氷柱にロープをかけてさらに懸垂で降りてくる。出会いに戻ってきたのは14時。
 帰りがけに南牧の道の駅で下仁田ネギを買って、帰路につきました。渋滞もなく17時には小金井に帰還です。
 
スポンサーサイト

2014年1月24日 MSR EVO Ascent

 ネット通販で買ったスノーシューが届きました。MSRのEVO Ascentの黒色です。円安の影響で、今シーズンはかなり値上がりしているようなので、色々とネットで探してcamp-starというところに決めました。使うかどうかよくわかりませんが、長さを伸ばすためのテールも一緒に買っておきました。定価は税込で27,300+5,775円のところを、26,900円に抑えることができました(多分、昨シーズンの値段なのだと思いますが)。
 明日は西上州でアイスの予定なので、使うのは来週以降です。まずは足慣しに、入笠山とか車山とか日帰りで使おうかと思いますが、さてどこに行こうかな。
MSR EVO Ascent

2014年1月19日 秩父中津川滑沢

 今週は高橋君と秩父・中津川の滑沢に出かけてきました。雪もほとんど乗っていなくて、状態は最高です。
 土曜の16時に荻窪を出発して、渋滞の青梅街道から秩父に抜け、途中の地元スーパーで買出し。こまどり荘には20時に到着し、テントを張って夕飯。いつも通りのおでんです。たこ焼きや焼き鳥をつまみながら、秩父錦の龜口酒というしぼりたての日本酒をいただきました。本醸造だけど1,400円と純米酒並みの値段で、でもその分おいしかったです。22時に就寝。
またおでん
 ベートーベンの曲が流れる6時の少し前に起きて、昨夜のおでんにうどんを投入し、朝食を済ませる。科学館のトイレは冬場も空いているので助かります。
 7時過ぎに片付け、吊り橋を渡ってF1下に。以前、田中さんと来た時よりも状態は良さそう。途中スクリューを1本打ってビレイ点へ。
F1バッチリ
 F2からしばらくはフリーで進む。下の写真はF3。
F3_20140119170322fa6.jpg
 やがて一番大きな滝が見えてくる。一番下からだと30m程度。万が一のために、スクリュー3本で越える。
一番大きい滝
 懸垂で下るが、50mロープの折り返しだと下まで届かない。適当に左岸側に逃げてロープを回収し、クライムダウン。F2、F1も懸垂して駐車場に戻ってきたのは12時。時間かかり過ぎ。本当はさっさと登って、その後山吹沢辺りを偵察しようと思っていたが、時間が無くなったので12:50に現地を出て、順調に荻窪に戻ってくる(16時着)。
 中津川の出合氷壁はまだあまり発達していませんでした。滑沢がこの感じならば、西上州はかなり期待できるのではないかな。

2014年1月11-12日 金峰山

 この土日は高橋君と金峰山に出かけてきました。当初は真教寺尾根から赤岳を計画したのですが、高橋君が躊躇したのでお手軽コースに変更しました。寒かったけれども天気は最高で、雪山堪能です。
 土曜日は10時に荻窪を出発し、途中韮崎の道の駅でお昼を食べて(とろろご飯がおいしかった)、黒森から瑞牆山荘の駐車場に13:15に到着。準備をして歩き始めるが、そこそこに雪がある。
そこそこに雪がある
 尾根に上がると樹間から瑞牆山が白い岩の姿を見せてくれる。
瑞牆が
 富士見平小屋を過ぎて尾根に上がったところで休憩。さらに小一時間で大日小屋に到着。下から2時間かからなかった。
大日小屋到着
 テントは全部で3張り。4時頃から飲み始めて夕食を済ませ、6時過ぎには寝てしまいました。下の写真は日曜日の出発時のもの。
幕営
 5時に起きて7時に出発。しばらくすると南アが見え始める。甲斐駒仙丈が目の前に。
甲斐駒仙丈
 大日岩から瑞牆への分岐の手前黙々と辺りもテントが張れたようだ。しばし樹林帯を黙々と登るとやがて頂上が見えてくる。
頂上が見えた
 頂上には9時過ぎに到着。雲もなく頂上からは360度の展望が満喫できるが、やや風があり気温は-10℃。
金峰山頂上
 五丈岩の向こうには南アが聳える。登ってきた尾根も全部見えてます。
五丈岩の向こうに南ア
 折角なので白峰三山の巨人を撮影。
白峰三山
 でもやっぱり、とりはこちら。何だか気高い雰囲気ですね。
富士山でしょ
 頂上からの下りは、下から上がってくる人を待ちながらなのでそれなりに時間がかかり、10:30を過ぎてしまった。それでもテントを撤収してサクっと下り、駐車場には12時過ぎに戻ってこれた。
 帰りの増富鉱泉までの道が結構凍結していて気を使う。黒森経由にすればよかったな。中央高速の渋滞もなく、荻窪には15時に帰ってきました。いやー、金峰山は初めて雪山に行く人にちょうどいいですね。

2014年1月4日 霧積アイス

 この休み中は2日に1回のペースで出かけています。本日は平井さん田中さんと霧積にアイスクライミングに出かけてきました。
 5時過ぎに平井さんを迎えに行って、5:45に東所沢で田中さんをPU。所沢から高速に上がるが、なぜか車が多い。いつもより時間をかけて松井田妙義で降り、霧積に向かう。途中の氷もほとんどなく、ちょっと不安になったが、温泉奥の氷はまずまずの状態。
まずまずの氷結
 8時過ぎに登り始めたが、そのうち地元の方々(ヘルメットに高労と書いてあったので、多分高崎労山)もやってきて、おおにぎわい。
大賑わい
 平井さんたちは右の氷柱を登ったが、旅人はおとなしく左側で3本登る。帰りの大渋滞がこわいので、11時には引き上げて帰宅しました。

2014年1月2日 丹沢:下棚沢左岸尾根~畦ヶ丸山~白石峠

 2014年の初登りは、西丹沢の自然教室を基点に、下棚沢左岸尾根から畦ヶ丸山に登り、白石峠まで歩く周回コースです。例年だとサクっと高尾山に出かけていましたが、今年はバリエーション・ハイキングで幕開けしました。
 空いているR246を走り、2時間強で自然教室に到着。駐車場にはそこそこに車が停まっている。お隣の大きなザックの方は、加入道の避難小屋に泊まるそうだ。そういうのも面白そう。
 7時に出発して西沢を進むが、途中の橋に残った雪が凍結して危険。30分ほどで下棚沢の入口に着き、まずは下棚の見学。ここまでは滝見物の人のトレースがある。
下棚
 さて、少し戻って左岸尾根に取り付く。ここは下棚沢を登ったときにF1の高巻きで使っているので、はっきりした道が続いていることを知っている。
登り始め
 F3が見える辺りからしばらく急登で、911m点ぐらいから歩きやすくなる。次第に雪が出てくる中を登っていくと、途中に昔の作業の残滓を発見。
作業の残滓
 左岸尾根の最後の部分も、実は下棚沢をツメたときに登っており、今回は空白部を埋めたようなもの。そして最後は登山道のここに合流。
登山道に合流
 そのまま頂上に上がって記念撮影(時刻は9:30)。権現山につながる南東尾根を少し覗いたら、寒いので避難小屋に移動。いつも前を通るだけで入ったことがなかったが、中には大きなストーブもあり、快適そうな小屋です。紅葉の季節ぐらいにストーブに火を入れて泊まるのも良さそうだな。
畦ヶ丸避難小屋
 トレースが凍っているのでここからアイゼンをつけて歩くが、時々外れるため、諦めて途中から脱いでしまう。昨年6月の穂高の時もそうだったが、この靴は前のコバが小さいのでオートは相性が良くないようだ。3シーズンの靴への対応にはセミ・オートのアイゼンが必要そうだな。
 白石峠までのコースは、富士山がよく見えるのだが、木の合間になるため、あまり撮影ポイントがない。これはモロクボ沢ノ頭への途中でクリアに撮れた1枚。
数少ないすっきり
 シャガクチ丸を過ぎる辺りから、樹間に檜洞丸と蛭ヶ岳が見えるようになる。
蛭ヶ岳と檜洞丸
 下の写真は、水晶沢ノ頭の手前で撮ったものだが、何だか陽だまりハイクのようで嬉しくなってしまう。この先で休憩するが、富士山には雲がかかり始めたようだ。
陽だまりハイク
 白石峠を12:15に通過し、そのまま下山。ラジオで駅伝を聞きながら舗装路を歩く。キャンプ場のあたりから振り返ると、大室山が見えている。お正月でもキャンプ場のバンガローに泊まっている人がいるようだ。
もうすぐゴール
 自然教室には13:45に戻ってきたので、本日も約7時間の行動でした。問題はここからの帰途で、14時に出発したのに、R246の渋滞が半端ではなく、渋沢(実際には寄の辺りから始まっていた)から伊勢原まで遅々として進まない。結局家に着いたのは18時前になってしまいました。

2013年第4四半期 山行記録

 今日は元旦、昨年第4四半期の記録を整理。
10月6日 笹尾根&浅間尾根
10月12日 磐梯山
10月13日 安達太良山
11月3日 奥多摩・八丁山から鷹ノ巣山
11月9日 丹沢・檜岳
11月16日 景信山から城山
11月24日 秋山・阿夫利山から三本杉山
12月1日 多摩川源流域・藤尾山と石保戸山:T中さん
12月8日 奥久慈・男体山~篭岩山:T中さん
12月15日 春日ルンゼ(アイス):H井さんT中さん
12月21日 ユーシンへ(T中さんと忘年会)
12月22日 丹沢・臼ヶ岳南尾根
12月31日 秋山周回:倉岳山~高畑山~雛鶴峠~二十六夜山
 合計で13日なので、まずまずのペースです。2013年は東北に足を伸ばそうと思っていましたが、朝日連峰は土砂崩れで中止、磐梯も雨の中と天候に恵まれませんでした。なぜか12月はずっとT中さんと一緒でした(最後の鋸-甲斐駒は事情があって中止にしましたが)。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード