源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年2月24日 大滝沢から屏風岩山

 一応アイスに分類していますが、ピークハントなのか藪山なのかクロスオーバーです。今週は結構冷え込んでいたので、西丹沢でも凍っているのではないかと思って沖箱根沢に出かけてきました。
 朝4:40に出発して6時半過ぎに大滝橋に到着。6:50に出発して30分ほどでマスキ嵐沢に。途中の滝はザアザアと水が流れていて不安。ここから大滝沢に入る。
大滝沢本流
 沖箱根沢には7:45に到着。見上げるF1はベルグラ。一応アイゼンを着けてちょこっと登ってみるものの、厚さは5cmもない。傾斜がないので登って登れないことはないが、その上のF2も氷ってない様子なので、潔く諦める。
沖箱根沢
 本流をそのまま遡り、地獄棚下で休憩。こちらもベルグラ。
地獄棚
 傾斜のきつい鬼石沢左岸尾根を登って一軒屋の避難小屋に戻る。ここからは雪のハイキング・モード。大滝峠上の辺りから富士山が見えてくる。廃道になった東海自然歩道の分岐を過ぎると大滝峠だ。
大滝峠
 雪の上を鹿の足跡を追って屏風岩山を目指す。基本的には樹林の中だが、時折視界が開ける。これは権現山と檜洞丸。
権現山と檜洞丸
 そしてこちらはブナの向こうに富士山。やはり西丹沢からだと大きく見える。
ブナの向こうに富士山
 屏風岩山から左に進んで東峰で休憩。カーナビを地形図にセットして東尾根に入る。650m地点手前まではトレース明瞭。鹿柵に沿って直進し、三椏が芽吹き始めたカヤトの尾根を下る。
三椏が芽吹いている
 最後は尾根から外れて林道のゲートのところに降りる。大滝橋には11:25に戻ってくる。来週は金時山にでも行くかな。
スポンサーサイト

2013年2月23日 千曲錦

 今日は佐久の酒、千曲錦・寒仕込純米。地元長野の米と水だけで作っているらしい。千曲錦酒造㈱(佐久市長土呂1110)。
千曲錦
 ついでにそばに置いてあった「よなよなエール」という軽井沢の地ビールも買ってしまった(www.yohobrewing.com)。
よなよなエール
 明日は何処に行こうかな。

2013年2月17日 ムロクボ尾根から三頭山

 昨日に続いて連チャンで、今日は深山橋からムロクボ尾根で三頭山に出かけてきました。当初は丹波川滝沢の大滝が氷っているのか確認しようと考えていましたが、昨日富士山を見損ねているので、眺めの良い三頭山に変更。
 朝4:45に自宅を出て、6:30頃に深山荘前に到着。最初は周遊道路の方に行ったが、ゲートがしまっていたので戻ってくる。準備を整えて6:45スタート。
深山荘前を出発
 三頭橋を渡ってすぐのところから尾根に取り付く。途中休憩を入れてヌカザス尾根との合流点まではアイゼンなしで上がるが、ツネノ泣き坂は結構きつかった。そこから先はアイゼンを装着して登る。なかなかいい感じのコース。
いい感じ
 徐々に趣のある雪のブナ林になってくる。テントを持ってきてのんびりしてもいいかも。
ブナ林を進む
 なかなか近づかない頂上には10時過ぎに到着。3時間強の所要時間。まずは富士山を拝む。
本日の富士山
 コンロでお湯をわかして、コーヒーとラーメンを食べ、10:30に下山に移る。こんなマイナー・コースなのに結構登ってくる人がいる。旅人のエアリア・マップにはコースが載っていないが、金風呂への道標が出ている。そのうち歩いてみるかな。
金風呂への道標
 往路で休憩した場所でアイゼンを外して、駐車場には12:30に戻る。本日は青梅マラソンの日で、吉野街道をそのまま行くとやばそうなので途中から五日市に抜け、自宅には15:15に帰ってきた。来週は東京マラソンらしいが、都内には近づかないので平気かな。

2013年2月16日 仏果山

 今日は軽く雪山ハイキングで、丹沢前衛の仏果山に行ってきました。
 自宅を5:45に出発して橋本経由で愛川ふれあいの村の第二駐車場に7:15到着。車から降りようとしたら、足元の水溜りが凍っていて滑りそうになる。7:30に出発して先ずは高取山に向かう。登っていくと途中で林道が横切り、そこで仏果山が見えてくる。
横切る林道から仏果山
 途中から雪が出てくるが、スパッツやアイゼンを付けるほどではないので、そのまま登って高取山に到着。展望台で写真だけ撮ってそのまま仏果山に向かう。
高取山頂上
 標高はないが、尾根は結構細くて面白い。
仏果山に向かう
 仏果山頂上には9:00過ぎに到達。展望台に登ると階段の雪にカラスの足跡が。
カラスの足跡
 残念ながら富士山は見えなかったが、東にはスカイツリー。
スカイツリーが見える
 こちらは大山。
仏果山から大山
 そして丹沢の中核。旅人の職場からも見えるので予想はしていたが、結構な雪化粧。
仏果山から丹沢
 タバコを1本吸って下山に移るが、足元に気を遣う。車には10時過ぎに戻ってきたので、お手頃な3時間の雪のハイキングでした。さて、明日はどうするかな。

2013年2月11日 夜叉神峠から高谷山

 昨晩は結構風が強く、テントが揺さぶられた。夜中にテルモスの水を飲もうと思ったら、蓋が凍っていて開かない。朝は4:30に起きだして食事を済ませ、6:30に下山開始。まだ風が強くて雪が舞っている。
風で雪が舞っている
 9時過ぎに夜叉神峠に戻ってくるが、まだ時間も早いのでちょっと寄り道して高谷山に登ることにする。トレースもあったので25分で頂上に到着。
高谷山
 写真だけ撮ってさっさと下る。駐車場には10:10頃に戻ってきた。

2013年2月10日 鳳凰1/3山・薬師岳

 三連休の後半2日で薬師岳に行ってきました。八ヶ岳でもよかったんですが、連休だとメチャ混みが予想されるので、最終的に鳳凰にしました。でも鳳凰三山ではなく1つだけなので、鳳凰1/3山。
 日曜の朝5時に家を出て、甲府昭和ICから芦安、そして夜叉神峠を目指す。途中から道は凍結気味になったが、何とか7時半には登山口の駐車場に到着。こちらも人が多い様子。これだけ入っていればトレースはバッチリだろうから、ワカンは置いていくことにする。
登山口駐車場
 1時間ほどで夜叉神峠に。目の前には白峰三山がドーンと鎮座。
夜叉神峠
 途中で下山してくる人に聞いた話では、昨日はテントが20張りもあったそうだ。快晴の中を進んで行く。
快晴の中を登っていく
 苺平の手前辺りから結構へばってくる。何人もの登山者とすれ違いながら歩き、小屋手前の開けたところからは、今回のもう一つの候補であった金峰山が見えた。
南御室手前からの金峰山
 そこから60mで南御室の小屋に到着。時間は12:50。
南御室小屋
 テントを設営し終えて、時間もまだ早いので、今日中に登ってしまうことにする。登り始めてすぐに腿が痙ってしまった。冷えすぎたのかな。だましだまし歩いて頂上に向かう。
頂上までもう少し
 休み休み歩いて、頂上に到着したのは15時。おそらく本日最後の登頂者。
薬師岳頂上
 頂上からは初めて八ヶ岳も望めた。この快晴で、さぞ混雑してることだろう。
薬師からの八ヶ岳
 こちらには富士山だ。
薬師からの富士山
 風が強くて寒いので、早々に下山。テントには16時過ぎに戻ってくる。雪を溶かして食事の準備。今日は便利なクィック・パスタと鯖の味噌煮缶詰。
本日の夕食
 ピーナッツで焼酎を飲んでいたが、疲れのせいか18時前には寝てしまいました。

2013年2月3日 霧積&三段の滝

 予定通り田中さんとアイスで霧積へ。金・土曜日の異様な温かさで心配しましたが、何とか氷っていました。
 いつものように朝5時に田中さんをPUして一路妙義ICへ。途中上里のSAで豚まんの朝食。スキー人気が復活したのかな、結構車が多い。7時頃に霧積館(休業中)の駐車場に到着。準備を整えて歩いていくと、途中の氷が登れそうなので、ここから登っていくことにする。
アプローチの氷
 一応ロープを引いて登る。
登る
 そのままトラバースしてトップロープをかけていると、後続パーティ到着。結構年配の方々で、骨董品のようなカジタックスをお持ちです。その後にも次々と人がやってくるので3本ずつ登って早々に切り上げることに。
温泉奥の氷
 霧積山に行こうかと思ったが、行き先変更で下仁田から南牧村の三段の滝に。でも氷結状況悪く登れませんでした。
三段の滝
 来週の連休はどこか雪のあるところにテントを持って行きたいんですが、どこにしようかな。

2013年2月2日 純米金鯱

 いやいや久しぶりの日本酒エントリー。金しゃち酒造(愛知県半田市亀崎町9-112)の純米・金鯱です。富士ガーデンの中の酒屋をふらりと覗いたら、純米の一升瓶が1,380円という信じられない値段なので、思わず買ってしまいました。山田錦を60%精米で日本酒度は+2.0と、やや吟醸っぽい香り。
純米 金鯱
 それにしても今日の気温の高さは何なんでしょうね。明日は田中さんとアイスを求めて出かけますが、どうなることやら。その次の連休は一人で雪山かな。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード