源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年1月26日 両神山・七滝沢

 本日は田中さんと二人で両神山東面の七滝沢に出かけましたが、氷結状況が今一つで中退しました。
 5時に田中さんをPUして一路秩父へ。7時半前に日向大谷の駐車場に到着。準備を済ませて7:45に出発するが、あまり寒くない。凍結した登山道を進んで30分ほどで会所に。ここから七滝沢コースに入る。
七滝沢コース入口
 途中で一本入れるが次第に雪が出てきて、時折膝までのラッセルを交えて進む。途中の沢は全然氷っていない。
結構雪が
 白滝が見えたので沢に降りるが、岩の隙間に潜ると結構大変だ。登攀準備を済ませて10時過ぎに白滝下に。氷の端の方は岩から浮いている。
白滝の下
 旅人がリードで登るが、バイルとアイゼンを打ち込むごとに裏側の氷が落ちていく。2本打ったスクリューも途中で貫通している。どうも氷の厚さは10cm少ししかないようだ。たどり着いた落口には氷がなく、水が流れている。バイルを引っ掛けていた氷も虚しく剥がれる始末。最後は岩にピックを引っ掛け、水に手を突っ込みなんとか登りきるが、本当に生きた心地がしなかった。
白滝の上
 よいビレイ点もなく、少し右に上がった木で田中さんを確保。見上げる次の滝も、落口が怪しそう。協議の結果、懸垂で降りることに決定。
 装備を片付けて11:30に下山開始。13時頃に駐車場に戻ってくる。今シーズンは冷え込みが厳しいはずなのに、何なのコレという感じの山行でした。
 秩父の市内から見る奥多摩・奥秩父の山は雪が降っているようだ。帰りの車の中では、小鹿野町の気になる「チョウザメ料理」の話で盛り上がる(次回チョウザメの親子丼を味わうことに決定)。
スポンサーサイト

2013年1月20日 狭岩峡

 もう毎年恒例となった狭岩峡でのアイスクライミング。歩いて1分の魅力かな。
 朝5:30に小金井で平井さんと程原さんをPUして所沢から下仁田へ。南牧村に入ると結構路面に雪が残っているので慎重運転で進み、現地には8時頃の到着。駐車スペースの雪をショベルでどかしてから登攀準備。平井さんたちが年末クリスマス頃に来た時にはダメだったそうだが、今回はバッチリ氷っています。
2013年狭岩
 いつものように平井さんがリードで登ってトップロープをセット。旅人も3回ばかし登って12時に終了。この時間なら帰りの高速も混んでいない。今回は右拳の小指付け根を結構打ち付けて紫色になってるし、なぜか左足の親指も変色、痛いよ。
 来週は田中さんと両神の沢の予定です。天気が良ければいいんだけど。

2013年1月13日 三ツ峠四十八滝沢

 今シーズン初めてのアイスに出かけてきました。三ツ峠の北面、四十八滝沢ですが、よく氷っていました。いつもはソロで登るのですが、今回は高橋君を同伴です。
 荻窪を前日16時に出発し、現地の宝鉱山駐車場には18時過ぎに到着。テントを設営しておでんで一杯やり、20時過ぎには寝てしまいます。当日は5時に起きて6:30に登山口まで移動。準備完了して7:00に歩き始める。さすがに今シーズンは冷え込んでいて、よく氷っている。
状態はいい
 初滝も十分に登れる状態。念のためロープを出す。
初滝も十分登れる
 初心者の高橋君の様子が心配なので、上には向かわず、登山道が横切るところの枝沢の滝にトップロープを張って練習。
トップロープで遊ぶ
 11時には切り上げて、12時過ぎに車に戻り、いまだガラ空きの中央道を走って14時前には荻窪到着。シーズン初めのいい練習になりました。明日は本当に雪なのかな。

2013年1月6日 ハンノ木尾根から六ッ石山

 昨日車を車検に出してしまったので、今日は電車で奥多摩に出かけてきました。ハンノ木尾根から六ッ石山に登って石尾根を下るコースで、3日前に買った靴の足ならしです。
 5:30に荻窪を出て7:17に奥多摩に到着。2番乗り場から小菅行きの7:25発のバスに乗るが、まだ暖房が効いていないので、車内でも息が白い。境橋で降車して歩き始める。もう一人下車したが、彼はどこに行くのかな。
 境の集落に入口で左上の登り口に入る。エアリアでは登山道になっていないが、時折標識があり、ここにも手製の矢印があった。
登り口
 すぐにトロッコ軌道の下をくぐる。小河内ダム(奥多摩湖)建設のために使われた遺跡だ。
トロッコ軌道の下を通る
 民家をいくつか通りすぎ(多分人は住んでないんじゃないかな)、やがて見晴らしの効く場所に出てくる。最終民家のところから茅原の部分はやや道が不明瞭。この最終民家は人が住んでいて、番犬が柵の隙間からやってきた。しばし彼と一緒に登る。振り返ると川乗山。
川乗山が見える
 祠を過ぎてしばらくで防火帯に出る。途中の反射板のところでは、木の隙間に小河内ダムが見えた。2回目の休憩を入れてしばしで水根からの登山道に合流。
登山道に合流
 約3時間で到着した六ッ石山山頂は貸し切り。
貸切の山頂
 木の間からの富士山や、大菩薩の向こうの真っ白な南アを堪能しつつ、食事タイム。今日はクルトン入りキーマカレー・スープにしてみました。ラジオでは剱岳の遭難捜索の報道をしている。こんな雪の多い年によく剣に入るもんだ。
本日の食事
 さて石尾根の下山に移ろう。以前鷹ノ巣山から歩いた時にはパスした狩倉山と三ノ木戸(さぬきど)山を今回は登ってみる。狩倉山から適当に先に進んだところ、危うく山ノ神尾根を下りそうになる。何か変だなと感じて軌道修正し、次の三ノ木戸山に。登山道に戻ったところで、振り返った樹間の狩倉山を撮影。
狩倉山を振り返る
 途中2組の登山者にすれ違い、一旦車道に。羽黒三田神社を過ぎて奥多摩駅には13時過ぎに戻ってくる。財布を出すのにもたもたしていたら、13:08の電車が出てしまった。アーア。仕方がないので2階にあるカフェ風のお店で「わさびコロッケ・バーガー」350円なりを食べて時間調整。普通ならばビールを飲むところだが、今日は車を引き取りに行くのでお預け。
わさびコロッケバーガー
 15:20頃西荻窪で下車し、車検の終わった愛車フォレスターを受け取って帰宅。やや寒かったけれども、ほどよい疲れでいい山行でした。

2013年1月3日 Mammut Logan GTX

 今履いているトレッキングシューズがかなり傷んできて、年末の丹沢でも浸水がひどいので、まだ2年しか履いていないのですが早めに買い替えのため、吉祥寺のICI石井スポーツに出かけてきました。
 これが現在使用中のMontrailのもの。見た目シャープで気に入っていたのですが、本体とソールの間に隙間があき始め、接着剤で修理を続けてきたものの、いつ剥がれるか心配な状態です。GORE-TEXなのに隙間からの浸水が多く、雨天時の使用は厳しく、丹沢でもビショビショになって閉口しました。
これまでの
 新たに買ったのはMammutのLogan GTXで、元値(値札には18,900円と)はわかりませんがICIのセールで13,965円でした。
新しいもの
 ミッドソールは通常3-5年で経年劣化するのですが、今回のものはどのぐらい保つのかな。

2013年1月2日 初登りは高尾山

 今年の初登りは高尾山から景信山までの3.5h。体がなまらないように早起きして出かけてきました。アイスクライミングに出かける元気はありませんでした。
 いつもの日影橋の駐車スペースに車を停めて6:50に出発。頂上手前のトイレが妙に近代化している。
頂上手前のトイレ
 50分で頂上に。朝日がちょうど正面。さすがに家族連れも多い。
頂上の朝日
 天気もよく南面の眺めがいい。先週登りそこねた蛭ヶ岳も見えるぞ。
頂上からの丹沢
 頂上からしばしのもみじ台からの富士山。手前にはピクニックランドの観覧車。
もみじ台で
 城山を35分ほどで通過。
城山
 一気に景信山に進む。こちらでもやや角度の異なる富士山を望むことができる。
景信山からの富士
 小仏峠まで道は凍結していたが、景信山手前からは溶け始めてグチャグチャ。すべらないように気をつけて下る。駐車場所には10:15に戻ってくる。ラジオで箱根駅伝を聞きながらのハイキングでした。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード