源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年12月31日 ユーシン最終日

 2012年大晦日はユーシンで。昨日の雨で足元が悪そうなので、蛭ヶ岳南尾根から臼ヶ岳南尾根の周回は中止に決定。折角なので臼ヶ岳南尾根の取り付きを探して7時過ぎに出発。トイレ脇の作業道がそのようだ。
ユーシンの朝
 まだ時間もたっぷりあるので熊木沢出合まで偵察に出かける。熊木ダムまでの道は比較的良好な状態。
臼ヶ岳南尾根
 おそらく大水で脇が流されたのであろう橋を渡って、棚沢の頭への登り口を確認して引き返す。
熊木沢出合いの橋
 チンタラと林道を下ってゲートの駐車場には10時過ぎに戻ってきた。今回は3日間で登ったのは鍋割山だけ。完全なる忘年会山行となってしまいました。それにしてもユーシン・ロッジは電気あり、水ありの有難い宿泊地です。来年には営業再開との話で、林道も法面工事が進んでいますが、まだまだ時間がかかりそうな気がします。
スポンサーサイト

2012年12月30日 鍋割山

 ユーシン2日目は朝から雨模様。ともかく行ける所まで行こうと8時前に出発。雨山沢沿いの道に入る。
雨山沢
 途中から雨が降り始め、雨具をつけて雨山峠に。
雨山峠
 鍋割山には10時に到着したが、何も見えないし、足元はグチャグチャ。
鍋割山頂上
 山頂の小屋で登山者が名物の鍋焼きうどんを食べているのを横目に、缶ビール2本を購入。昨晩持ってきた酒を飲みすぎたためだが、これではわざわざ買い出しに来たようなもの。塔ノ岳経由での下山はあっさりと断念して来た道を戻ることに。ルートの途中は結構痩せていて、このような鎖場もある。
鎖場
 ユーシンには12時前に戻ってくるが、手前で4人パーティとすれ違う。昨晩24時迄焚き火をしていた連中だ。河原に目をやると煙が見えるので、覗いてみると焚き火が残っていた。うらやましい。
別パーティの焚き火跡
 雨で全身が濡れていて寒い。焚き火もできないので、ロッジでだらだらと焼酎、ビールを飲みながら午後を過ごし、20時に就寝。

2012年12月29日 ユーシンで宴会

 この年末は天気が悪そうなので、八ヶ岳の杣添尾根を中止にして丹沢のユーシン・ロッジに泊まりに行きました。蛭ヶ岳南尾根などを登ろうと計画しましたが、天気に恵まれず、田中さんとの忘年会に終わりました。
 朝10時に荻窪に集合し、100円ローソンで食材を買い込んでR246経由丹沢湖を目指すが、結構渋滞。玄倉のゲートに着いたのは14:30。予想外に車が2台停まっている。
新青崩トンネル
 ユーシンへの途中で2パーティとすれ違ったので貸切かと思ったら、河原に煙が見える。先客がいてロッジの和室の方は占領されていた。早速16時過ぎから宴会開始。どう、この食材の量。
今回の食材
 昨日買った日本酒で、田中さん持参の行者ニンニク入り本場ジンギスカンを堪能。
ジンギスカン
 チジミを食べたらお腹は一杯だ。
チジミ
 今回の学習、100円ローソンでモノは揃う。

2012年12月28日 Cold Vengeance

 今日はお休みをとりましたが、寒い日ですね。久々に本のupです。Preston & Childの"Cold Vengeance"で、FBI Special Agent Pendergastシリーズで前作Fever Dreamからの続きです。読んでから時間が経つので、前作はよく覚えていませんが、アフリカでライオンに襲われ死んだはずの妻が実は生きていて、その行方を追うという内容です。
Cold Vengeance

2012年12月24日 天城山

 最終日は道の駅を6時過ぎに出発して、河津から北に上がり、大室山の脇を通って天城高原ゴルフコースの登山口に7:40頃到着。さすが百名山、車が結構停まっている。
天城山登山口
 気温は氷点下、霜柱だらけの道を歩いて、まずは万二郎岳に。
万二郎岳
 先には万三郎が見える。
万三郎を望む
 万二郎の上りの途中ではまだ綺麗に見えていた富士山にも雲がかかってきている。
富士山には雲が
 馬酔木のトンネルを抜けて進み、石楠立で休憩。
馬酔木のトンネル
 さらに一登りで万三郎に。寒いぞ。
万三郎頂上
 登場からは遠く東に丹沢山塊が望める。
万三郎からの丹沢
 シャクナゲ・コースを駐車場へと戻るが、途中から雪が舞い始める。駿河湾は快晴なのに、なんなのこれ。
 駐車場到着は11:25、約3.5hの百名山の旅でした。帰りは伊豆スカイライン、箱根新道から小田原厚木道を辿って荻窪には14時過ぎに到着。渋滞に巻き込まれる前でよかった。
 来週末も田中さんと一緒に出かける予定ですが、どうも天気が今ひとつのようです。どうしようかな。

2012年12月23日 伊豆の山旅2日目・長九郎山

 これまた豪勢な朝食(アジの開きはもちろん、湯豆腐までついていました)を終えて、8時前に宿を出、まずは高通山に。駐車場から往復1時間。頂上の碑は逆光なので、波勝崎方向の写真。
高通山から波勝崎方向
 次の目的地長九郎山を目指して、松崎方向に戻り、道の駅三聖苑伊豆松崎へ。10時前に歩き始める。大沢から崩壊で通行止めになっている大野山経由の道に入るが、やっぱり悪い。藪バリが登れる人じゃないとキツイかも。2時間ほどで富貴山からの道と合流、ここからは普通の登山道に変わる。前日の雨で時折ぬかるむ道を進んで長九郎山には13:15に到着。
長九郎山頂上
 頂上にある展望台からは、雲のため富士山は見えなかったが、明日に予定している天城山が望める。
長九郎からの天城山
 エアリアに⑳登り口と表記のある所で、下への降り口が分からずしばしウロウロ。頂上手前ですれ違ったご夫婦が降りてきて教えてくれたので助かった。林道を右に行かなきゃいけないんだ。
 途中にはワサビ田多数。
ワサビ田
 ⑨の登り口にVitsが停まっていたので、ご夫婦のものかと思ったら違った。子イノシシみたいな犬に続いて2人組の外人さんが来て、車に乗りこんで帰っていった。池代の登山口の酒屋さんでビールを買って、車道を進むと、やがて大沢温泉の露天風呂に。いささか風情があるが、こんなところで風呂に入ったら風邪をひきそうなので、そのまま道の駅へ。
露天風呂
 駐車場には16時過ぎに戻ってくる。今日はここでテント泊することにするが、まだ明るいので構内を探索。歴史的建造物が移築されていて、なかなかに趣がある施設だ。
道の駅にて
 暗くなった17時過ぎにテントを張って本日は終了。

2012年12月22日 雲見の民宿・自涌泉

 信じられない、これで7,500円!雲見の民宿・自涌泉(じゆうせん)。一風呂浴びて5:30からの夕食は豪華。サワラ、キンメ、キントキと地魚の舟盛り。甘エビにサザエまでついている。
舟盛り
 サザエのつぼ焼きにカキのグラタン風。キンキの唐揚げ。
サザエの壺焼き
 茹でたアサヒ蟹に、極めつけはキンメの煮付け。
キンキの煮付け
 申し訳なくてビールを2本を頼んでしまったが、それでも翌日の精算は9,000円しなかった。もう病みつきになりそう。年に1回は来よう。

2012年12月22日 伊豆へ

 二泊三日の伊豆の山旅、雲見サイコー。
 雨の降る中10:00前に田中さんをPUして東名に。本格的な雨でスピードは出ないが、順調に沼津へ至り、三島から修善寺を抜けて土肥方向に。ここからは海岸沿いの道を南下して黄金崎で一服。
黄金崎
 旅人はこちら方面に来るのは初めて。富士山も今まであまり目にしない角度で見えている。
黄金崎からの富士
 15時過ぎに宿に到着して、腹ごなしに烏帽子山に出かける。よく分からずに最初は別のところを登ってしまったが、結果オーライ。烏帽子山の岩壁を見ることができた。
烏帽子山
 登り直しで神社から上がった頂上。眼下には雲見の街並みが望める。
烏帽子山頂上
 伊豆の山旅1つ目はこれで終了。さっさと下ろう。

2012年12月16日 猿焼山~御座入山~二十六夜山

 前からちょっと気になっていた道志の一角にある猿焼山に出かけてきました。快晴で暖かな一日でした。
 朝4:30に自宅を出てR20で、都留の芭蕉月待ちの湯には6:40着。
芭蕉月待ちの湯
 せせらぎ荘を過ぎて川を渡った辺りで適当に斜面に取り付くと、標識が見つかった。
標識があった
 ここから猿焼山までは5-10m毎にテープがある。小1時間で878mの三角点のある城ヶ丸(猿焼山西峰)に到着。
城ヶ丸(猿焼山西峰)
 一旦下って猿焼山に。これから進むルートが見えるが、結構先は長そう。
先は長い
 エビラ沢ノ頭で休憩した後、一気に頂上を目指す。途中の西ヶ原ノ台には少し不気味なプレハブ小屋。
西ヶ原ノ台
 流石に1.5h休みなしだときつい。最後は時々立ち止まりながら御座入山に到着(10:30)。眺望はないが、お稲荷さんを食べて休憩。
御座入山(今倉山西峰)
 次の赤岩は最高の眺め。振り返った御座入山。
赤岩からの御座入山
 真っ白な南ア南部。
赤岩から南アルプス
 こちらは八ヶ岳。
赤岩から八ヶ岳
 赤岩でグレープフルーツを食べながら、眺めを楽しんだ後は二十六夜山へ。シニアのパーティがワインを飲みながら昼食の最中でした。だって12時だもの。風のせいなのかコッヘルがひっくり返って大騒ぎしている人々を尻目に下山に移る。
二十六夜山から
 枯葉に時折足を取られながら快調に下る。途中にあった仙人水は岩の割れ目から水が流れ出していて、何となく名の由来に納得。
仙人水
 やがて上戸沢の集落に出、駐車場には13:10頃戻ってくる。タオルを忘れたので温泉はなしにして、帰途に就く。相模湖から高速に乗ったが、笹子トンネルの影響かガラガラ。14:40には帰宅しました。

2012年12月8日 フリース・キャップ

 先週の浅間隠山で耳が冷たかったので、耳付きのフリースの帽子を買ってきました。mont・bell製です。明日も寒そうなので、早速使ってみます。どこに行こうかな。
ODキャップ

2012年12月8日 越後杜氏の里蔵元厳封

 またまた新聞紙にくるまれた日本酒を買ってしまいました。頚城酒造(株)(新潟県上越市柿崎区柿崎5765番地)の越後杜氏の里蔵元厳封なる特別本醸造です。精米歩合60%、越後杜氏・山田晃
越後杜氏の里

2012年12月2日 鼻曲山と浅間隠山

 まだ体調は万全ではないのですが、3週間もお休みにするとストレスがたまって具合が悪くなるので、本日は早起きをして出かけてきました。寒い日でしたがその分遠くまで見渡せました。浅間隠山は眺めが最高の山ですね。
 自宅を4時過ぎに出て、練馬から藤岡まで行き、中之条に抜けるR406を進み、途中から北軽に抜ける道に入るが、次第に雪が凍結し始める。スタッドレスにしておいてよかった。到着した駐車場も真っ白。
雪の駐車場
 車道を歩いて二度上峠まで上がると、浅間山と北アルプスが目に飛び込んでくる。ここから鼻曲山を目指して登山道に入ると、笹に雪が乗っかていてやっかい。しばしで獅子岩に。浅間隠山がドーンと見える。
獅子岩からの浅間隠山
 途中のピークの氷妻山を超えると、鼻曲山の特徴的な姿が拝める。
氷妻山からの下りから鼻曲
 北面に残った雪に時折滑りながら頂上へ。奥秩父の山の向こうに、可愛く富士山が頭だけ出している。
鼻曲山頂上から富士山
 もちろん浅間山は存在感たっぷり。
鼻曲山西峰から浅間山
 往復3時間程で駐車場に戻り、次は浅間隠山。頂上へは1時間ちょっとで到着。浅間山はもちろんだが、北アルプスの眺めが素晴らしい。
浅間隠山からの北アルプス
 北には真っ白に雪をまとった谷川岳。
谷川は真っ白
 頂上では新潟から来たという3人組のおじさんが、ホットワインを飲んでくつろいでいて、旅人も野沢菜漬けをご相伴にあずかる。温かいものを持っていない旅人はさっさと下山。12時過ぎに駐車場に戻り、カップラーメンを食べて帰途につく。浅間隠山眺めがよくいい山ですね。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード