源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年7月29日 尾瀬・片品川流域根羽沢・大薙沢

 夏本番、尾瀬の根羽沢・大薙沢に行ってきました。やや単調な感じですかね。
 土曜の16時に荻窪を出発し、沼田ICから尾瀬を目指す。途中のベイシアで夕飯の買い出しをして、19時過ぎに大清水に到着。第3駐車場にテントを張って、オリンピックの女子サッカーを聞きながら食事。日光方面では雷の光が見える。夜半にはこちらも一雨来た。
 朝は食事を済ませて5時に出発。林道を30分ほどで物見橋に到着し、準備して入渓。50mも行くと最初の滝が現れる。やや右手から超える。
最初の6m滝
 さらにしばしで、金山軌道跡の下の滝を経つって通過。
軌道下の小滝
 下流部は割と単調。
下流域2
 40分で二俣に。右岸から入る枝沢を超えるとようやく連瀑帯に。三段15mは左から登って水流を右に移るが、最後が少し緊張する。
15m三段
 その上もナメ滝二段15m。
15m二段
 倒木のある滝は右のガレから巻くが、流れに戻る最後の一歩が少し悪い。
倒木のある10m
 奥の二俣は右に入るが、水を追いかけていると結構なガレ場が現れる。右手には1891mピークと四郎山が見えていて、かなり燕巣山に近いところを登っているようだ。
ガレから四郎山
 ガレ場を登り切り、途中から右寄りに進路を変更して獣道を辿り、何とか登山道に合流。四郎峠で休憩した後、右俣に入る。水流が現れてすぐに、左岸から赤っぽい立派なナメ滝が合流。
左岸から入る25mナメ
 この先から延々とナメが続く。
こんなナメが続く
 これは右俣唯一の滝らしい滝。
唯一滝らしい滝
 10:30には二俣に戻ってくる。ここまでくればあと1時間ちょっと。物見橋手前の滝も懸垂しないで下りれた。大清水の駐車場で着替えを済ませて、11:30に出発。荻窪には14:10に戻って来た。フレンドにフェルト張替えの靴を取りに行ったが、まだ出来ていませんでした。
スポンサーサイト

2012年7月22日 丹沢・葛葉川本谷

 霧雨の中、葛葉川本谷に行ってきました。普通は沢を始めたばかりの人が行く場所ですが、旅人は今まで行ったことがありませんでした。4時間弱とあっけなかったですが、登れる滝が連続していて楽しい沢です。かんかん照りならもっと積極的に行けたんですが、さすがに水を頭から浴びると寒いので、いくつかの滝は日和りました。
 6:15に荻窪で高橋くんをPUして東名に。秦野中井ICで下りて菩提に向かう。最初間違えて野外活動センターで車を停めて準備をしたが、気が付いて沢靴のまま運転して葛葉の泉に移動。結構次々と水を汲みに人がやってくる。
葛葉の泉
 朝一なのでクモの巣がうるさいが、高橋くんに先に行ってもらう。連瀑の最後の滝はモロにシャワーなので小さく右から巻いてしまった。
最初の方
 多分、これが横向ノ滝。
横向ノ滝
 少し開けた先に板立ノ滝が現れる。左は厳しそうなので、右の壁を登る。Ⅲ級程度かな、途中にハーケンが1本あった。高橋くんはさらに右から巻いてきたが、最後の1歩がヤバそうだったのでお助け紐を出す。
板立ノ滝
 林道が見えてきたら曲り滝。
曲り滝
 林道下で休憩するがここまで50分。この後も小滝が続き、やや大きめの滝が登場。富士形ノ滝だな。水流沿いは厳しそうなので、右手のクラック状を登る。ここも途中にハーケンがあった。
富士形ノ滝
 三ツ俣を左に入り、9m滝。この上ののっぺりした滝を超えた先で、赤テープを発見。
最後の方の滝
 三ノ塔尾根まで上がって靴を履き替える。ちょうど2時間ぐらいだ。稜線に出ても、霧雨で三ノ塔も眺望がない。避難小屋を覗いて二ノ塔に移動。
三ノ塔
 ヤビツ峠からの登山者が結構多い。二ノ塔尾根を下って11:20駐車場に戻ってくる。靴を脱いだら、靴下の上にヒルが一匹。初めてやられたが、実害はなし。
 時間も早いのでR246を帰り、途中伊勢原のステーキ・ガストでお昼を食べて、それでも14:30には帰宅できました。

2012年7月16日 今シーズンの山

 忘れるといけないので、つらつらと考えた今シーズンの計画を記録しておこう。すべて登っていたら日数が足りないので、あくまで希望です。
<沢>
 尾瀬の大薙沢左俣~右俣下降(一泊して湯沢とセットかな)
 同じく前深沢~至仏~狩小屋沢下降
 湯檜曽川袈裟丸沢辺り
 那須・苦土川井戸沢
 会津駒・下ノ沢
 去年行き損ねた黄蓮谷
これは夏場ではないですが、越後のジロト沢と中アの中御所谷や西横川にも行きたいな。秋が遅くなってから雲取の荒沢谷での焚き火もいいな。さらにはこっそりと、多摩川源流の中瀬川~水干沢下降というのも企んでいます。
<ピーク・ハント>
 今年の長期休暇は9月後半になりそうなので、今まで行けなかった雲ノ平周辺を泊まり歩こうかと思っています。イメージでは、夜行バスで折立からまずは薬師岳(かなり無理がありそう。実際には富山で一泊かな)。2日目に黒部五郎を経て三俣山荘へ。3日目は鷲羽から水晶岳に登って雲ノ平を徘徊。4日目に三俣蓮華を経て槍ヶ岳に登り(頂上は渋滞してそうなので、登らないかも)、ババ平へ。最終日はのんびりと上高地に下るというハードな4泊5日。体力と天気が持てばいいですね。
 続いて越百山~南駒ヶ岳(摺鉢窪避難小屋)~空木岳。さらには大平宿から安平路山。場合によっては南木曽も加えていいけど、多分無理だろうな。
 ブログを見て御同行願える方は書き込みしてください。

George R. R. Martin

 餓鬼から帰ってきて、朝から足が痛いです。久々の「本」のカテゴリーでエントリー。George R. R. Martinの5部作、"A Song of Ice and Fire"の2冊目までを読み終えました。1冊が800~1,000ページあるので、会社の帰りの電車で読んでいるだけだと、1冊に1月かかります。
 第1部は"A Game of Thrones"。登場人物が多すぎて名前が覚えられません。想像もつかないDirewolfが、Starksに付いて回るのですが、最後まで鍵を握るのでしょうか。
A Game of Thrones
 第2部は"A Clash of Kings"。Robert王の死とともに、7 kingdomsは戦いの渦の中に。
A Clash of Kings
 オリジナルはHBOで放映されたみたいなのですが、結構骨のある作品だったんでしょうね。それにしてもDragonが登場するとは。

2012年7月14-15日 餓鬼岳 (2)

 夜中は風があり、フライシートがバタバタしていた。今日は唐沢岳を5時間で往復して下山する計画なので、3時に起きて食事を済ませるが、雨音がしているのでしばらく待機。ヘッドランプが要らなくなる4:30になっても、周りは雲に覆われている。これでは唐沢を往復しても何の眺めも得られないので、そのまま下山することに変更。
 午前5時、誰もいない餓鬼岳の山頂に。全く何も見えない。
餓鬼岳頂上
 餓鬼岳小屋の赤いトタン屋根も雨に濡れそぼっている。
餓鬼岳小屋
 テントを撤収して5:30に下山開始。昨日はあれだけ苦労して登ったのに、下りは早い。見下ろす大凪山の向こうは一面の雲。
どんより
 途中で鹿島槍が見えた(昨日の双耳峰もひょとして、鹿島槍だったのかな)。大凪山まで1.5時間。
鹿島槍
 時折強く降る雨の中を、足元に気を使いながら登山口へ。駐車場所には9:40頃戻ってきた。濡れた衣類をすべて着替えて帰途に就くが、時間が早いので一般道を選択。R19からR20で笹一を目指すと、茅野のところではバイパスのトンネルができていた。笹一で日本酒を買って、大月から高速に乗ると上野原辺りから断続的に渋滞。首都高も調布までつながっているみたいなので、八王子で下りて17時に帰宅。疲れました。
 雨のせいで唐沢岳は宿題に残ってしまった。そのうち燕岳から餓鬼岳のコースで再挑戦するかな。

2012年7月14-15日 餓鬼岳 (1)

 連休前半の2日間で餓鬼岳と唐沢岳を目指しました。でも、天気が悪くて唐沢岳は断念し、餓鬼のみで終わってしまいました。
 朝の4時に自宅を出発し、7:40に白沢登山口近くの駐車場所に到着。準備を整えて8時に出発。のんびり歩いて14時頃には着くかな。
駐車地
 沢沿いの道は木の桟道が滑って危ない。先行していた3人パーティの1人が沢に落ちたとか言って戻っていった。旅人も滑って落ちそうになった。やがて魚止滝。
魚止滝
 その上の三段の滝。白沢の名前の通り、花崗岩の美しい沢だ。
魚止滝の上の三段滝
 2時間ほどで最終水場に到着。ここで水を追加補給するが、全部で4リットルも担ぐとさすがに重い。
最終水場
 久々の重荷がこたえて、途中のガレ場辺りからバテ始める。あまり追い抜かれることのない旅人だが、ここで単独行者に先を譲る。足まで攣り始めたので、休み休みで何とか大凪山に。時間は12時。水分とエネルギー不足が原因と思われるので、ここでお握りと魔法の水を補給。
大凪山にて
 少し雲が取れてきて、爺ヶ岳と思しき双耳峰が見えた。
爺ヶ岳
 コメツガの樹林帯の中は、足元がグチャグチャ。途中で中房から来たという日帰りの人とすれ違う。百曲りの入口で2人パーティを追い抜く。百曲りは気持ちの良い樺林を九十九折れで登って行く。
樺林
 ようやく上に小屋が見えた。
小屋が見えた
 もうへとへと。でも、あと10分。
あと10分
 15時に、やっと小屋に辿りついた。当初の腹積もりでは、13時過ぎに着いたら剣吊を往復するつもりだったが、とんでもない7時間もかかってしまった。小屋で幕営の手続きをしてビールを購入(幕営500円、ビール600円)。テント場に向かう途中で、正面に剣吊が望める。
剣吊
 テント場は狭く、5-6張りがせいぜいだろう。お隣は単独行者のツエルト。
テント場
 ビールを飲みつつ、雲湧く有明山を眺めるが、いい山だな。
有明山
 こちらは裏銀座の山々。残念ながら、槍ヶ岳方向は雲の中。
裏銀座の山々
 焼酎をちびちびやりながら、文庫本で笹本稜平の「未踏峰」を読んで時間を過ごし、牛玉丼とハンバーグの夕飯を済ませて18時過ぎには寝てしまう。

2012年7月8日 三頭山

 当初の予定では、土曜の夕方出発して野反湖の白砂山に行くつもりでしたが、朝方にかけて大雨の模様なので中止。かと言って2週続けて山を歩かないと足がなまるので、雨の中を三頭山に出かけてきました。
 いつもと違ってノンビリと6時前に自宅を出発。都民の森の駐車場には7:40到着。こんな日なのに既に3-4台車が停まっている。雨具をつけて鞘口峠へ。今日はいつもと反対方向から登ってみる。
鞘口峠
 NHKラジオの日曜討論で小沢さんがしゃべり始めた頃に東峰の展望所に到着。旅人には、いまだに小沢さんがメディアで取り扱われる理由がよく分からない。渡辺恒三さんの言っていることが至極まともだと思うのだが。
 一服した後移動した西峰にも誰もいないし、さっさと下山にかかる。少し物足りないので大澤山方向に足を延ばす。下の写真は途中の避難小屋だが、立派で綺麗。奥多摩の避難小屋は基本的によく整備されていて、谷川のブリキのカマボコ型とは違う。まあ確かにこんなのが豪雪地帯にあったら、すぐ潰れますよね。
三頭山避難小屋
 西原峠方向に進んで、途中から三頭ノ大滝方向に下るが、適当に歩いてたら途中で細い木の根っこで滑り、2mほど滑落。一瞬5年前のヨコスズ尾根での転倒・骨折が頭をよぎったが、何の怪我も無くてよかった。
 さすがに大滝まで来るとシルバー・ハイカーが一杯だ。大滝は技術的には簡単そうだけど、高さがあるから登るならザイルが欲しいな。
三頭大滝
 ウッドチップの敷き詰められた道を歩いて、駐車場には10:25に戻ってきた。3時間弱では全然足りないが、まあいいか。しゃくなのは、この日記をupしている17時現在が快晴なことかな。
 来週の連休は泊りで出かけたいので、晴れてくれればいいのにな。 

2012年第2四半期山行記録

 今日は3時に起きたんですが、何故か眠くてもう一度寝てしまいました。元の計画では秩父の谷津川本谷に行くつもりだったんですが。でも、昼前から雨が降ってきたし、行かなくて正解だったかも。
 この四半期は、GWに穂高に行けなかったのが残念ですが、ようやく長年の宿題だった残雪の富士山に登れたのでまずまずの成果です。
4月1日 牛飼尾根から三頭山・奈良倉山
4月8日 稲包山(雪山)
4月15日 ヨモギ尾根から雲取山
4月22日 藤野界隈低山徘徊
4月28-29日 大菩薩山嶺 長峰-楢ノ木尾根
5月5日 天狗岩から烏帽子岳
5月13日 西岳新道-尾ノ内渓谷道
5月20日 世附川流域・沖ビリ沢-樅ノ木沢
6月10日 富士山
6月17日 奥多摩・峰谷川茂窪谷
6月24日 笛吹川・赤ノ浦川滝ノ沢
 合計で12日、まずまずの成果です。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード