源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年4月28-29日 大菩薩山嶺 2日目大峠から楢ノ木尾根

 朝は4時に起きて、カップヌードルとコーヒーで朝食を済ませて5時過ぎに出発。見えているのは昨晩テントを張った休憩舎。登り始めてすぐにしっかりした水場があった。ここだったのね。
大峠
 しばらくすると南面が開けて富士山が見えるようになってくる。西には黒岳。
雁ヶ腹摺への途中から黒岳
 6時には雁ヶ腹摺山に到着。誰もいない頂上で、昔の五百円札に描かれた富士山を独り占め。
雁ヶ腹摺山からの富士山
 元の計画では姥子山を往復する予定だったが、昨日の10時間行動で疲れているのであっさりカット。そのまま楢ノ木尾根に入る。小1時間で大樺ノ頭に。
大樺ノ頭
 下る途中からはカットした姥子山が見えたが、なかなかよさげな山だ。また今度改めて来よう。
姥子山と富士山
 楢ノ木尾根もやはり1600mの前後はクマザサに覆われて歩きづらい。それでも道ははっきりしている。泣坂ノ頭への登り返しが結構つらい。それでも何とか9:30に大峰に到着。
大峰
 東峰で休憩した後、北尾根からの下降に移る。結構な傾斜だ。右への尾根を分けてしばしで防火帯になるが、相変わらず急傾斜。
防火帯
 途中のツツジを愛でつつ、さらに発見したワラビを採取して、最後は小金沢公園の脇に出てくる。時間は10:40、5.5時間の歩行。
ツツジ
 この時間なら道も混んでおらず、14時には帰宅できました。当初予定とは違って結構きつい山行でしたが、かねての宿題を達成できて満足。ただし、GW後半の天気が今一つみたいなので、前半で雪のあるところに行った方がよかったかな。
スポンサーサイト

2012年4月28-29日 大菩薩山嶺 1日目長峰から大峠

 GW連休の前半は、テントを持って大菩薩山嶺の長峰から楢ノ木尾根を周回してきました。天気にも恵まれ充実した山行でした。
 出発点の小金沢公園には7:30に到着。意外なことに車が1台停まっている、釣り師かな。準備を整えて7:45に出発。
小金沢公園
 8時に長峰にとりつく。登り始めてしばしで土室川側に伸びる道に入る。多分、地図の黒破線の道だろう。緩やかに登って、標識のあるところから稜線に上がる。尾根上には祠があった。
上がった所の祠
 ここからもしっかりした道をカネツケノ頭を目指す。途中で枝払いの作業をする人たちに出合って本日1回目のビックリ。カネツケノ頭まで2時間休みなしに歩いたが、おそらくこれが本日の失敗のもと。やはり1時間に1回くらいは休憩しないと、後が持たない。何の標識もない白草ノ頭に寄り道。
白草ノ頭からの雁ヶ腹摺山
 前方から熊鈴が聞こえてきて、単独行者と遭遇。向こうも驚いていたが、こちらもビックリ。やはり物好きはいるんだと、本日2発目のビックリでした。
 1500mを超える辺りから熊笹が増え始める。何故か道がトラバースになり、しばしで水場があったので水筒に補給。全然登らないのでおかしいなと思い、上を目指して笹の藪コギに突入。
1500m近辺
 何とか本来のルートに合流。ここで1時間も費やしてしまった。1700m辺りで休憩して、14時過ぎに牛ノ寝通りに出合う。目論見では4時間で登るつもりが、実際には6時間もかかってしまった。
やっと牛ノ寝通りと合流
 石丸峠に出てようやく西側の光景も眺められるようになった。峠にいた単独行者は松姫峠から三頭山に行くとのこと。ふーん、そういうコースもありなんだ。
石丸峠
 峠の先に上がって南を見ると、小金沢山から黒岳への山波が続く。まだまだ先は長いぞ。
先は長い
 といことで、耐え切れず麦の水とお握りでエネルギーを補給。
エネルギー補給
 狼平は何度来てもいいところだな。
狼平
 小金沢山には15:30に到着。大峠までまだこれから3時間、疲れたな。
小金沢山頂上
 次の牛奥ノ雁ヶ腹摺山でようやく富士山が見えた。うっすらとして、デジカメでは写りが悪い。
牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの富士山
 賽の河原に下って行く途中から三頭山が東に見える。
向こうには三頭山
 賽の河原で休憩して最後の登りに取り掛かるが、ここで本日3度目のビックリ。何と登山道の真ん中に鹿の死骸。さすがに角を獲る勇気はない。
びっくり
 川胡桃沢ノ頭を17時過ぎに通過。陽が長くてよかった。
川胡桃沢ノ頭からの富士山
 黒岳頂上到着は17時。三度目の頂上だが、何だか前回よりは開けた感じがする。
三度目の黒岳
 休憩もそこそこに下山に移り、へろへろになりながら18:20には大峠に到着。何とかヘッデンのお世話にならなくてすんだ。暗くなる前に水を確保したいのだが水場の場所が分からない。適当に沢の水をくんで、休憩舎の中にテントを張り、本日の行動は終了。いやいや10時間を超える行動は久々で、夕食もそこそこに20時に就寝しました。

ノースフェイスのシャツ

 藤野からの帰りに西荻で下車してベアーズトレックに寄り道。GW用の食料を買うつもりだったが、ノースフェイスのシャツが特価で安かったのでつい買ってしまいました。
ノースフェイスのシャツ

2012年4月22日 藤野界隈の低山

 今日は午後から雨の確率が高いので、さくっと午前中で藤野界隈の低山を徘徊してきました。
 5:38発の中央線で藤野に向かい、6:48に到着。甲州街道に出るといきなり不思議な店が目に飛び込んでくる。どうも薬局のようだけど、何なんだろうこのシーゲル堂って。
駅前のシーゲル堂
 弁天橋に向かう途中からは山腹にラブレターのオブジェが見える。いつも中央道で帰りに見えているアレだ。
ラブレター
 弁天橋を渡ってまずは一本松山をめざす。標高327mの頂上から西に上野原の御前山が見える。結構尖がってますね。
一本松山からの御前山
 車道に戻ってシュタイナー学園の脇を通るが、椿の赤が鮮やか。
シュタイナー学園の椿
 今度は高倉山の中腹に目が現れた。藤野ってどういうところなんだろう。
こっちは目
 葛原神社の先で右の道を上がっていくと、途中に芝桜が咲いていた。ちょうどラジオでも秩父の羊山公園の芝桜見物で道路の渋滞の話をしている。
芝桜
 山道に入って稜線に上がり、まずは右に踏み跡を追って1つ目の金剛山へ
1つ目の金剛山
 戻って2つ目の金剛山へ。
2つ目の金剛山
 天神峠を経て高倉山へ。頂上から下ると相模湖の末端に秋山川が流れ込む橋に出た。
秋山川橋
 ここから車道に出るまでの登りが結構きつい。脇には水量の少ない滝が見えるが、結構のっぺりで難しそう。車道を横断して、何となく仕事道みたいなものに入る。適当に登って行くと次第に踏み跡がはっきりしてきて、本日3つ目の金剛山に到着。
3つ目の金剛山
 休憩の後、日連・峰、八坂山へと進む。登ってきた高倉山方向が見えるが、その後ろの道志の山は雲がかかっている。
八坂山から振り返る
 何だか雨がぱらついてきたみたいだったので、下山に移る。途中でご夫婦のハイカー(山菜取りかな)とすれ違ってビックリ。下りてきたところには、湧水の蛇口があったので、喉を潤す。日連橋から振り返ると金剛山と八坂山が見える。
金剛山と八坂山
 駅には11時に戻ってきたので、ちょうど4時間程の低山徘徊でした。

2012年4月15日 ヨモギ尾根から雲取山

 本日はヨモギ尾根から雲取山に登り三条の湯経由で戻ってきましたが、久々の8時間行動で疲れました。
 自宅を4時に出て青梅街道を奥多摩を目指す。途中の桜は青梅のあたりで満開、奥多摩湖はまだこれからの雰囲気。お祭の先で後山林道に入り、片倉谷のゲートに6時に到着。準備を整えて6:15に出発。30分で塩沢橋に到着したが、林道途中の滝が気にかかる。冬は氷るのかな。
塩沢橋
 塩沢の林道を進んで、崩壊地のすぐ先から山道に入る。
ここから取り付く
 しばらく歩いていると足元に不思議なものが。グミのようなキノコなのだが、食べられるのかな。
グミのようなキノコ
 尾根の末端を北に緩やかに登って行くと、霧を抜けて青空が見えてきた。
青空が出てきた
 三条の湯への道と思われる分岐を分けて奥後山に進む。ここまで所々道が崩れているが、概ねシッカリしたコース。この辺りはブナ林の平坦地で思わずテントを張りたくなるよ。
気持ちの良いブナ林
 奥後山の三角点を見つけられないまま石尾根が近づく。昨日の雨は1500mから上では雪だったようだ。振り返ると富士山がクッキリ。
富士山だよその1
 そのうち、奥多摩小屋の水場に至る。
奥多摩小屋の水場
 これなら塩沢を沢登りしても、問題なく下降ルートに使えるな。奥多摩小屋には10時に到着。4時間もかかったよ。富士山の手前の山は雁ヶ腹摺山かな、GW前半に行くつもりなんだけど。
富士山だよその2
 こちらはGW後半に計画している南アの景色。
飛龍の向こうに南ア
 ここからは他の登山者といっしょ。小雲取の登りは雪だらけ。
小雲取への登り
 そろそろ疲れてきたけど、何とか頂上も近づいた。
頂上まで後少し
 頂上には10:50に到着。片倉谷から4.5hかかった計算だ。こちらは鷹ノ巣山方向の眺め。先ほどからややヘリがうるさい。頂上でパンとオレンジを食べて下山に移る。
鷹ノ巣山
 雪で滑りやすい道を三条ダルミまで進み、水無尾根を下る。三条の湯には12:30に到着。
やっと三条の湯
 ここから先がまだ長い。延々と林道を歩いて14:00過ぎに駐車場所に戻ってくる。久々の8時間行動は疲れますね。しかも吉野街道も青梅街道もやや混んでいて、帰宅には3時間近くかかってしまいました。

2012年第1四半期山行記録

 今シーズンは冷え込みが強くアイスの好環境でしたが、12月は風邪をひいたり、2月は出張が入ったため、あまりめぼしいところに行けませんでした。
1月2日 霧積(アイス):平井さん
1月3日 高尾山
1月8日 八ヶ岳広河原見晴らしルンゼ(アイス):Shuklaさん
1月22日 狭岩峡(アイス):平井さん、程原さん
1月29日 東沢乙女の滝(アイス):高橋くん、Σさん、うめちゃん
2月5日 両神山・玉簾滝(アイス):田中さん
2月12日 湯川(アイス):平井さん、程原さん
2月26日 両神山・八丁沢(アイス)
3月11日 御前山(クロノ尾山中尾根~湯久保尾根)
3月18-19日 天女山から権現岳:高橋くん
3月25日 ミツバ岳~権現山~屏風岩山
 日数は合計で12日、うちアイスは7回でした。NYで買った登山靴はデビューしましたが、ノミックのアイスピックは使う機会がなく来シーズンのお楽しみ。
 GWは白峰南嶺の笹山に行こうかと計画しています。また今年こそ5月の富士山を実現したいな。

2012年4月8日 稲包山

 絶好の春山日和で充実した登山でしたが、最後に味噌が付きました。
 朝4時に自宅を出てR254で東松山まで。途中でガソリンを補給。月夜野で高速を降りてR17を赤谷湖に向かい、途中で法師温泉への道に入る。なんだかうっすらと雪が載っている。スキー場の先で林道に入るが、終点手前2kmで除雪路が終わってしまった。靴を履き替えて6:50に出発。ほぼどんづまりが登山口。木に小さな標識がありました。
登山口
 しばらく沢沿いを進み、途中から尾根に上がるが、つぼ足のラッセルで歩が進まない。きついよ。
送電塔の台地に最後の登り
 膝ラッセルも交えながら何とか送電塔手前の台地に辿りつく。
自分のトレース
 送電塔の先に見えてきた稲包山は美しいピラミッド。
おーピラミッド
 稜線に出て休み休みでようやく頂上へ。4時間ちょっとかかってしまった。
稲包頂上
 三国峠に続く稜線には立派な雪庇が発達している。
立派な雪庇
 北には平標と仙ノ倉。
頂上からの平標と仙ノ倉
 やや東には谷川岳だ。
頂上からの谷川
 西の白砂山方向もまだまだ雪がたっぷり。景色を堪能したら下山に移る。いつもながら下りは早いな。駐車場所には12:45に戻ってきた。朝は積もっていた道路の雪も無くなって快調に飛ばしていたらネズミ取りに引っかかってしまった。春の交通安全週間だったのね。

2012年4月1日 牛飼尾根から三頭山-奈良倉山

 昨日の風は強烈でした。今日は天気はいいけれども、冬型の気圧配置。先週確認したGPSの威力をかさにきて、今週も道なきルートを辿りました。
 朝4時に自宅を出てR20上野原から小菅方向に進み、長作のゲートボール場の駐車場に6時に到着。準備を整えて6:10には出発です。駐車場の脇に見える立派な堰堤の左から強引に尾根に取り付きました。
駐車場脇の堰堤から
 今日は黄色のビニテープを持ってきているので、要所でセットしながら登っていきます。
牛飼尾根から大沢山
 比較的はっきりした尾根なので登りは何の問題もない。2時間ちょっとで登山道に出合う。少し登ったところで本日初っ端の富士山とご対面。
本日初っ端の富士
 こちらはこの後に登る予定の奈良倉山方向の眺め。
奈良倉山方向
 2.5hで頂上に到着、さすがに貸切です。
三頭山は貸切
 神楽入ノ峰を越えて鶴峠に向かう。途中でフキノトウを発見して、ゲット。
フキノトウをゲット
 鶴峠でしばし休憩。最近こういうところはサイクリストがやたら多い。
鶴峠
 行動時間が5時間を超えてちょっときついが、途中で先ほど登った牛飼尾根がよく見える。 
登ってきた牛飼尾根がよく見える
 奈良倉山頂上には11:30に到着。西の展望所で富士山を眺めながら、お湯を沸かして昼食。
奈良倉山頂上
 下りは東尾根に取る。廃道のようだが、先週確認したGPSの威力を頼りに駐車場に近い方向に進む。しばしで十文字峠に。
十文字峠
 この後、1,100m近辺で道が定かでなくなるが、GPSを頼りに何回か軌道修正をして下ると、最後はこんな休憩所のようなところに出た。
最後はここに
 13時に帰途につき、途中で平井さんのところによって山岳保険のお金を支払って16時過ぎに帰宅。しばらくGPSを活かした山行が続くかも。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード