源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年3月25日 ミツバ岳-権現山-屏風岩山

 ちょっと寒くて少し時期が早かったようですが、三椏(ミツマタ)の花を求めて、西丹沢のミツバ岳から権現山、屏風岩山を歩いてきました。三椏は教科書でコウゾ、ミツマタと記されている和紙の原料のあのミツマタです。
 自宅を4:15に出発し、快調にR246を進んで丹沢湖の焼津ボート乗り場の駐車場に2時間で到着。途中、道の駅山北でトイレによったのに2時間で着くとは新発見。これだと奥多摩の丹波に行くのと変わらない。
ボート乗り場駐車場
 ラジオ体操を聞きながら世附に向かって歩き、滝壺橋の登山口には7:00に到着。
ミツバ岳登山口
 比較的はっきりした道をマスク着用で登って、ミツマタの群落する頂上に7:55に到着。
ミツバ岳の三椏
 花は拡大するとこんな感じ。
三椏拡大
 雲がかかっていなければ、ミツマタに富士の絶好の構図なのにな。
雲がなければな
 音楽の泉を聞きながら権現山に向かう(45分で到着)。権現の下りで檜洞丸から蛭ヶ岳が見えてくる。
権現山の下りから蛭ケ岳方向
 本日唯一の登山者とすれ違って30分ほどで着いた二本杉峠には何やら埴輪風のものがある。何だろう。
二本杉峠の埴輪風
 峠から先はしばらくあまり道がよくない。ロープの付いた急登をこなし、再びミツマタを眺め、毛出峠で東に90度曲がる。
二本杉峠先の急登
 マスクのひもが切れ、この後は大変。くしゃみを連発しながら屏風岩山に到着(10:25)。
屏風岩山頂上
 あまり眺めもよくないので、そのまま東峰に移動。富士山が見えているのだが、相変わらずこの角度では雲がじゃまだ。
屏風岩山東峰からの富士山
 今回初めてSONYのカーナビのGPSを使ってみたが、道のないルートでもこれなら全く安心なことが確認できた。課題はバッテリーの持続時間だろうな(10時間ぐらいしかもたない)。
初めて使った
 ここからはナビを片手に南にルートをとるが、比較的はっきりした道だ。大滝沢に下る道との分岐さえ間違えなければナビなしでも大丈夫じゃないかな。
はっきりした道
 標高900mから先には再びミツマタの群生。
900m下の群落
 途中では越えてきた権現山も見える。
権現山
 尾根が東に折れるところから鹿柵が登場。とりあえず穴を抜けて、その先の脚立で向こう側へ。
鹿柵
 さらに2回脚立で柵を行ったり来たりして、467mの岳山を越え、最後はバンガローの裏に出てきた。この調子なら笹子沢を登っても余裕で下りてこれるんじゃないかな。ラジオなどをザックにしまって駐車場まで戻ってきたのは12:15、約6時間の行程でした。時間も早いし、帰路もR246を使いましたが、渋沢から伊勢原の辺りはどうして渋滞するのだろう。帰りは3時間もかかってしまった。
スポンサーサイト

The Hunger Games: Mockingjay

 The Hunger Games3部作の第3部。とうとうCapitolに対する反乱の戦いが起こる。Katnissは反乱軍のシンボルに。
Hunger Games_Mockingjay

2012年3月20日 黒じょか

 昨日の権現岳でスパッツが壊れたので、修理してもらおうと思ってフレンドに出かけたが、予想通りお休みでした。そのまま好天の下、西荻まで歩いてお買い物。まずはダイソーでタワシを購入。これは登山靴の汚れ落としに使うもの。続いてベアーズトレックでガス・カートリッジを2個購入。さらに近所の器屋さんを覗いて、黒じょかと思われるものを発見してお買い上げ。前から買おうと思っていたので、ちょうどよかった。これで芋焼酎のお湯割りがおいしくいただける。

くろじょか

黒じょかでおいしい芋焼酎の飲み方

1.水と焼酎を好みの濃度であらかじめ割っておいたものを注ぎます。
  一晩おくと焼酎と水がよくなじんで、よりまろやかな焼酎になります。
  水はもちろん、良質のものを。ミネラルウォーターをおすすめします。
  鹿児島では、焼酎6に水4くらいの割合が一般的とされていますが、
  最近では半々くらいの割合もポピュラーになっています。

2.弱火にかけます
  ガスコンロの場合はできる限り弱火で。できれば、電気コンロを準備します。
  いろりや火鉢があれば最高です。

3.じょかの表面を触って、温かくなってきたころが飲みごろです。
  表面が飲みごろの温度になると、中は熱すぎる状態になっています。
  暖めすぎないことがコツです。

4.猪口、ぐい呑みにそそいでじっくり楽しみます。
  使った黒じょかは洗う必要はありません。
  焼酎の味のしみこんだ黒じょかほど、まろやかで上品な甘味を楽しめます。

2012年3月18-19日 権現岳

 高橋君と二人で権現岳に宴会山行に行ってきました。結構ハードでしたが。
 そもそもは土曜日から三日間で鋸岳~甲斐駒の予定で月曜日にお休みをとったのに、土曜日の天気が悪く、権現岳に変更。日曜日の6:15に荻窪を出発して長坂ICから天女山入口に8:30頃到着。
登山口
 天気は相変わらずよくなく、天女山から見上げる三ツ頭もどんよりしている。今日は三ツ頭を越えた先までなので、のんびり休みながら登って行く。
天女山からの三ツ頭
 途中で下ってくる人は、三ツ頭の先でラッセルが大変だったので引き返したとのこと。我々は14時過ぎにテントを設営し、宴会に突入。
三ツ頭先のテント場
 夜中は風と雪が結構激しくどうなることかと思ったが、とりあえず6:40に空身で出発。頂上はガスのなか。
頂上はガスの中
 途中のピークのトラバースが少し嫌らしいぐらいで、40分で頂上に。何も見えませんが。
権現岳頂上
 下山途中でようやく先の視界が開き始める。何か冬山っぽいぞ。
冬山ぽいぞ
 徐々に南の方向の雲が取れ、甲斐駒が見えてくる。手前の樹木についたエビの尻尾がこれまたいいですね。
甲斐駒が見えてくる
 テン場に戻って撤収。8時前に下山に移る。この頃から自分たちの周りも晴れてくる。
三ツ頭への登り返し
 振り返ると権現の頂上。それにしても風が強い。
ようやく頂上が見えてきた
 三ツ頭からは正面に富士山も姿を現す。
富士山が正面
 登りはきつかったけど、いつものように下りはあっという間。それにしてもいい天気になったな。
いい天気
 駐車場所には10:30頃に到着。時間も早いので、R141からR20で笹子酒蔵に寄り道して(純米酒を飲みながら更新しています)、大月から高速に入り14時に荻窪到着。平日の高速は空いていていいですね。

2012年3月11日 クロノ尾山中尾根から御前山

 先週は気力が無くて出かけなかったので、体がなまっている。来週の鋸岳に備えて足慣らしのために御前山に登ってきました。昨日降ったと思われる雪は想定以上でした。
 自宅を4:40に出発して6:10頃現地に到着。季節外れで人気のないウッディ神戸の裏手から中尾根に取り付く。
ウッディ神戸
 登り始めは体が重い。標高800mぐらいから雪が現れる。途中でスパッツをつけたが、持ってきてよかった。2時間ほどでクロノ尾山に到着。
クロノ尾山
 ここからの縦走路もトレースはなく、時折ふくらはぎまでのラッセル。これは完全な雪山だ。軽登山靴じゃつらいな。
完全雪山
 その分途中の樹氷が美しい。
樹氷
 貸切の頂上。
御前山頂上
 避難小屋の辺りまで戻って湯久保尾根に入るが、雪でルートがよく分からない。途中何回かルートを外すも、登りなおしてコースを見つけて何とか下ってくる。900m位まで下ってようやく向こうが見えた。浅間尾根も雪を被っている。
浅間尾根も雪
 廃屋と思われる民家の辺りで、神戸・作業道という方向に進み、杉林の中を迷いながらも何とか集落に辿りつく。
廃屋かな
 駐車場所には12:20に戻って来れたので、都合6時間ほどのちょうどいい1日でした。想定以上の雪には閉口しましたが、その分花粉が飛んでなかったのでよかったかも。

2012年3月10日 ロスト・アロー春夏カタログ

 先週フレンドでもらってきました。
ロストアロー2012春夏

The Hunger Games: Catching Fire

Suzanne CollinsのThe Hunger Gamesの第2部Catching Fireを読了。生き残ったKatnissとPeetaだが、彼らの存在がCapitolに対する民衆の反逆の芽を育んでいく。そして25年に一度のQuarter Quellに、かつてのGameの勝者が送り込まれ、KatnissとPeetaも再び戦いの場に。
Hunger Games_Catching Fire

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード