源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年2月26日 両神山金山沢左俣(八丁沢)

 昨日の雨のため、高橋君、Σさんとのヤチキ沢は中止にしましたが、買った靴を履きたくて両神山の八丁沢に出かけてきました。往復の車の運転に6時間、行動時間2.5時間、一体何しに行ったのやら。
 朝4時に自宅を出て中津峡に向かう。路面が凍結していそうなので慎重に進む。雨のせいで、出合の氷壁も少し崩壊したのかな。
出合の氷壁
 日窒の工場先からはアイスバーンになっているので、さらに慎重に。辿りついた落合橋の駐車場は貸切(そryそうだろ)。
落合橋駐車場
 沢に入ってすぐにアイゼンをつけるが、調整が合わずにしょっちゅう外れる。何回か再調整してF1に。途中でアイゼンが外れると怖いので左の緩いところを登る。
F1(10m)
 6mぐらいのF2は簡単。
F2_20120226160809.jpg
 F3もそれほど傾斜はないが慎重に越える。
F3(10m)
 しばらく進んで、もう滝もなさそうなので赤岩岳が見え始める標高1,500m辺りで引き返すことにする。
ここで引き返す
 F3とF1を懸垂で下り、駐車場には10時過ぎに戻ってきた。行動時間2.5時間、短かすぎ。でも本日一番の緊張はここからの林道の下り。何とかロー・ギアでしのぎ、帰途に就く。相原橋の近くの氷柱は登れそう。
相原橋近くの氷柱
 時間も早かったので、自宅には13:30には戻ってこれた。エネルギー消費不足のためジムでさらに一汗流すことにしました。まあ、とりあえず靴の試し履きができてよしとしよう。
スポンサーサイト

2012年2月25日 Nepal Evo

 事前にAmazon経由(gearX.com)で購入した登山靴とノミック用のアイス・ピックを、出張のついでにピックアップ。冬山用の登山靴はLa SportivaのNepal Evo GTX($509.95)。
Nepal Evo
 アイス・ピックは2つで$99.90。残念ながら今シーズンはもう使う機会はないかも。
Ice Pick
 買った時の適用為替レートが79.72だったので、手数料込で総額4万9千円ちょっと。この靴は日本だと定価が6万9千円ぐらいに設定してあり、かつAmazonでも日本にshippingできないようになっており、スポルティバはかなりあくどい商売をしていると思う。ただし、スポルティバに限らず欧州製の登山用品は一般的にかなり割高の価格設定だけど(1ユーロ=150円ぐらいのときのままじゃないかな)。

2012年2月22日 NYの3日目

 本日はデリで買った食事とワインで夕食を済ませる。一人だと食事がつまらないんですよね。
南ア・ワイン

2012年2月21日 NYの2日目 オイスター・バー

 昼間の仕事を終えた後、Grand CentralにあるOyster Barで元同僚と夕食。4人でワインを2本飲んで$270とお手頃。
オイスター

2012年2月20日 NYの1日目

 NYに到着してホテル(Inter Continental)にチェックインした後、寝ないように街をぶらついて、山で使うコーヒー・バッグを探したらほとんどのスーパーで置いていない。どうやら液体パックに取って代わられているようだ。何とかCVS PharmacyでFlogersのものを発見して購入(19パック入りで$8.49)。
コーヒーバッグ
 近くのデリで買ってきたビールを飲んでさっさと寝てしまうことにする。
ビール2本

2012年2月12日 湯川

 5-6年ぶりに湯川に行ってきました。先週は玉簾で根性なしだったので、今回は気合を入れて頑張ったため、腕がパンパンです。
 土曜の20時前に荻窪集合で南清里の道の駅で幕営。翌朝は6:30に現地到着。アプローチの林道は悪い(帰り道のつるつるのアイスバーンはAWDの愛車でも横滑り)。一番乗りでいつもの乱菊の氷柱にトップロープをかける。
乱菊の氷柱
 後から来たパーティは三々五々で人数が増え、全部で10人以上いた。立川と杉並の山岳会の合同ということだった。先週の都内では雨だった気候のせいか発達は今一つで、対岸のミクロワトソンも水流が見える。
ミクロワトソン
 気合を入れて、下部のハング状のところも登ってみる。
登る1
 この先で力尽きて、バイルを残置してぶら下がってしまった。何とか1本のバイルで数歩上がって回収し、事なきをえる。
登る2
 12時前に終了し、渋滞のない中央道を走り(こんなの久々)14:40には荻窪に戻ってきた。来週は月曜日から出張なので、アイスはお休みかな。

2012年2月11日 The Jefferson Key

 Steve BerryのCotton Moloneシリーズの"The Jefferson Key"を読み終えました。1835年に暗殺されかかったJackson大統領が隠した議会の議事録を巡って、ストーリーは展開。現在のニューヨークで海賊の子孫が謀ったDaniels大統領の暗殺をCottonが救う。そこから隠された議事録探しが始まるが、見つけ出すためにはThomas Jeffersonの考案した暗号を解かなければならない。
Jefferson Key

2012年2月5日 両神山滝ノ沢玉簾滝

 田中さんと二人で両神の玉簾滝に行ってきました。去年もこの時期滝ノ沢は遡行したのですが、今年は冷え込みがよく、しっかり凍っていました。でも結果は残念。
 4:40に田中さんをPUして7:00に日向大谷の駐車場に到着。用意を整えて7:20に出発。まずは腰越滝を見学。去年よりははるかに凍っている。 
腰越滝
 下ノ滝を越えて間ノ滝のゴルジュ手前でアイゼンを装着。去年は悪い高巻きを強いられたが、今年は沢通しに通過。
ゴルジュを登れる
 炭焼跡の手前で休憩して玉簾前には9時ごろ到着。まずは宿題の右岸ルンゼを登る。
右岸ルンゼ
 50m2本で懸垂したらロープが回収できず、田中さんが再登して事なきを得る。腰の悪い田中さんに登らせてしまった。玉簾は昨年以上にしっかり凍っている。旅人は眺めれば十分だったのだが、田中さんは登りたいといってリードしてしまった。
玉簾2012
 旅人もフォローするが2/3登ったところで力尽き、ローワーダウンしてもらった。あと3m登れば傾斜が緩むのは分かっていたが、気力がなかった。去年はなかったような気がするが、滝の左には20m弱の氷柱もある。
玉簾左の氷柱
 13時過ぎに下山を開始して下りのゴルジュは右岸の作業道を辿った。14時には駐車場に戻ってくる。
 さすがに早朝のようなわけにはいかず、飯能から所沢で渋滞のため、家に戻ったのは18時過ぎ。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード