源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年11月27日 PartII 鍬柄岳から大桁山

 本日の第2部は、鍬柄岳から大桁山。下仁田方向に戻って千平に向かうが、途中で道を何回か間違ってしまい、鍬柄岳登山口に着いたのは9:40。駐車場所から岩峰の鍬柄岳を仰ぎ見ることができる。
駐車場所から鍬柄岳
 少し登ると神社(石尊大権現)に。
石尊大権現
 大桁山へ向かう道の分岐のところでは、シニアの方々がロープ・ワークの練習をしている。登場直下は鎖場だが、慣れた人なら鎖なしでも大丈夫。
鎖場
 辿りついた頂上には祠。その後ろには大桁山が控えている。
鍬柄岳から大桁山
 南西には鹿岳(カナダケ)と四ツ又山。
鹿岳と四ツ又山
 東の下方に見えるのは波風山かな。標高は低いけど、ちょっと魅力的。
波風山
 鎖場を下って大桁山へ向かう。11:15に到着した頂上には、地元の方と思しき20人位の団体さんが昼ご飯の真っ最中。お願いだから道の真ん中にシートを広げないで。旅人もパンをかじりながら、周囲の風景を楽しむ。北の方向では、榛名山の左手に雪を被った谷川の峰々が見えた。
谷川方面は雪がついている
 駐車場所に戻ってきたのは12:10(2時間半の行程か)。時間も早いのでのんびりとR254で帰宅。自宅に着いたのは15:50でした。
スポンサーサイト

2011年11月27日 PartI 御堂山

 本日は西上州で2連チャン。最初は、じいとばあの岩峰が特徴的な御堂山。
 朝4:30に自宅を出て、下仁田ICから西牧関所跡へ。最終民家の先の堰堤の路肩に車を停めて、6:50に出発。林道は比較的まともなので、これなら奥まで入ってもよかったかな。林道終点からはしばし岩がごろごろした沢のようなところを進む。ちょっとした滝を右から回り込んでしばしで、じい岩とばあ岩が見えてくる。まずはじいとばあに寄り道。R254から見ても特徴的だが、近くで見ても変わっている。
じいとばあ
 右手には物語山から荒船山。物語山にはそのうちに行こう。
物語山
 分岐に戻って頂上を目指す。エアリアマップでは点線の道だが、テープも豊富で全く問題なし。辿りついた頂上からは、妙義山が真北に。木の間越しに浅間山も見える。
御堂山から妙義
 頂上を8:20に後にして、下りの途中で左手に次に行く大桁山と思しき山が見える。
御堂山の下りから大桁山
 途中で滝の上で4人パーティとすれ違った以外他に登山者はなし。9:10には駐車場所に戻ってくる。2時間20分なので、想定よりも40分早い。さあ、大桁山に移動だ。

2011年11月26日 The Hunger Games

 Suzanne Collinsの"The Hunger Games"を読み終えました。かつて北米と呼ばれていた地にある国Panem。Capitolという支配者の地と12の地区(かつての反乱は鎮圧され、見せしめのため第13区は抹殺された)から構成される。毎年12の地区から12歳-18歳の少年と少女が選ばれ、24人が死ぬまで闘うことになるHunger Game。第12区に住むKatnissは、妹のPrimの代わりに自ら死のゲームに参加する。
Hunger Games
 このThe Hunger Gameは三部作のようだ。残り2作も読まざるをえまい。

2011年11月19日 ユニクロのウォームドライ

 本日は近所の医院でインフルエンザの予防接種をしてもらって、その後ユニクロへ。山道具に分類していいのかどうか分かりませんが、ウォームドライ・ハーフジップというシャツを買ってきました(定価2,990円が本日は1,490円)。これから冬場のハイキングの時に着ようかと思っています。
ウォームドライHalfZip

2011年11月15日 The Covenant of Genesis

 Andy McDermottのNinaとChaseの伝説の遺跡を探すシリーズの第4作"The Covenant of Genesis"を読み終えました。いつものことながら、やや荒唐無稽な設定とストーリー展開ですが、楽しく読めます。
 人類の歴史の記述をはるか遡る時代の遺跡を求めて、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教が手を結んだCovenantと呼ばれる秘密組織に追われながら、インドネシアからオーストラリア、南極、そして最後はアフリカのスーダンへ。そこで発見したのは「エデンの園」。ただし、その文明を気づいたのは人類ではなく、Veteresという別の種族。エデンの園を追われたアダムとイブとは。
The Covenant of Genesis
 第5作の"The Pyramid of Doom"は、一番最初に読んでしまったので、次は"The Sacred Vault"ですね。

2011年11月13日毛無山から雨ヶ岳

 高橋君と秋晴れの一日、毛無山に登ってきました。
 土曜日の16時に荻窪を出発して18時に河口湖に。スーパーで夕飯の買い物をして、道の駅朝霧高原に19時過ぎに到着。今晩の夕飯はおでん。
夕飯はおでん
 5時前に起きて、昨晩のおでんの残りに吉田うどんを入れて朝食。5:40に出発してしばしで毛無山が見えてくる。
毛無山が見えてきた
 途中には三脚を据えて富士山を撮影する人もいた。
夜明け前の富士
 6:30には登山口の麓(地名です)に到着。今回は2008年のGWに下さんと来て登れなかった分のリベンジのようなもの。何組かを追い抜いて、不動の滝見晴台を通過。
不動の滝
 4合目先で休憩して、富士山展望台に。今回は富士山のオン・パレード。真向いだからしょうがないでしょう。
富士山展望台から
 稜線に出て露岩からは南アルプスが一望できる。今年のGWに登った笊ヶ岳とその向こうに聖岳もよく見える。
笊ヶ岳の向こうに聖岳
 毛無山頂上には9時ちょうどに到達。
毛無山頂上
 タカデッキは標識も何もなく、おかしいなと思いながら通過し、雨ヶ岳の頂上には10:20に着いてしまった。コースタイムは随分インフレ気味だし、笹も刈り払われていてノープロブレム。端足(はした)峠に向かう途中では本栖湖も見える。こちらは峠からの富士山。
端足峠から
 東海自然歩道を歩いて、道の駅には12:40には戻ってこれた。ちょうど7時間。振り返ると登ってきた山々が綺麗に見えている。
登ってきた山々
 帰り道は西湖から鳴沢村のところで渋滞に巻き込まれたが、中央道の渋滞はそれほどでもなく、16時に荻窪に帰着。

2011年11月5日 BD Glissade

 冬山に備えてグローブを買ってきました。Black DiamondのGlissadeですが、去年のモデルなので定価6,090円が4,980円でした。
BD Glissade
 明日は雨みたいなので、バイルでも研いでいよう。

2011年11月3日(Part2) 大屋山

 本日の後半は大屋山。山仲の最終民家のところまで車で移動。時間は12時。
山仲の最終民家
 民家の裏のような道を通って登って行く。まさに畑に向かう道だ。
 途中で蓼沼と明神宮に寄り道したが、特にどうということもない。50分ほどで頂上に。
大屋山頂上
 頂上から足を延ばして、展望の良い岩峰で景観を楽しむ。紅葉真っ盛りの山々。高岩、毛無岩、鹿岳、碧岩といった西上州の岩峰をすべて楽しむことができる。
毛無岩とイデミ
 お握りを食べてから、下山にかかり駐車場所には13:40到着。往復で1.5hなので、わざわざ登りにくるようなところではなく、ついでのプラス1にするのにちょうどよい感じ。

2011年11月3日(Part1) 九十九谷

 久々の岩登り、田中さんの提案で西上州黒滝山の九十九谷に行ってきました。あまり快適とは言えず、サバイバル・ゲームみたいな感じになってしまいました。
 朝5時に田中さんをPUして、一路下仁田へ。南牧村の六車で右折して上底瀬の駐車場に7時に到着。道祖神の脇から登山道を辿って、九十九谷に入る。次第に岩が現れてくる。これはまるで烏天狗のように見える。
まるで烏天狗
 さらに進むと目的の右俣が目に入ってくる。
右俣
 準備を整えて7:30に登攀開始。田中さんが右スラブにロープを伸ばす。
右スラブ
 旅人もフォローするが、苔むしたスラブに落ち葉が乗っかっていて、不安定このうえない。
右スラブをフォロー
 続く2p目も似たような感じで、田中さんも苦労している。途中でハーケンを打とうとしていて、滑落。旅人の横を通り越して20mほど落ちたが、じゃまだった落ち葉のおかげでけがもなく、ほっとする。ここでルート変更を決めて、一旦下降。改めて左スラブに入る。こちらは落ち葉も苔もなく、比較的快適。途中から強引に中央岩稜に移動。木の多い中を登って行くと、横断バンドに。技術的には難しくはないが、ピンがないので落ちたら大変なことになるため、ものすごく緊張した。
横断バンド2
 右スラブ上部をたどって、再び中央岩稜に戻る。雨がぱらつき始めて気が気じゃない。3段ほど岩を越え、最後は右に逃げて終了点の登山道に飛び出す(10:30)。途中でルート変更したせいもあるが、3時間もかかった。
終了点から
 下りの途中には九十九谷を眺めることができる、展望岩稜がある。
下りの途中で
 旅人は取付きにハーネスの袋を忘れたみたいなので、15分ほどかけて回収に向かう。気温が高くて汗だくになって駐車場に戻る。さあ、後半の大屋山へ移動だ。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード