源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年6月26日 奥多摩・峰谷川 雨降谷 長久保沢

 今シーズン初めての沢登りに行ってきました。奥多摩の峰谷にある雨降谷・長久保沢です。大滝が大迫力。
 5時前に自宅を出て6:45頃雲風呂に到着。沢靴を履いて7時前に出発。下の二段滝は登れないのが分かっているので、作業道をつたって伐採地の堰堤まで進み、そこから入渓。平凡な流れを進むとゴルジュになってくる。左から右からと少し登ってみるが、シーズン初めで踏ん切りがつかない。結局戻って右から高巻く。降り口にはトラロープがあった。
最初の5m滝
 しばしで右から棚沢を迎える。
棚沢
 快適に登れる滝をいくつか越えると、大迫力で20m大滝が登場。
雨降大滝
 左の枝沢を10mほど上がり、左壁のルンゼ状を木の根も使いながら登る。途中で足場が崩壊したが、事なきをえる。右にトラバースして高巻き完了。折角買った8mmロープは結局使わずじまいだ。大滝上の2つの滝も登れないので右から巻く。
大滝上の二段
 大平沢との二俣で休憩。この辺りからワサビ田跡が現れる。すぐの三段滝の途中で、下を見下ろして撮影してみた。
見下ろして撮ってみた
 しばらくはこういうトイ状の滝が続く。
こういうのが続く
 苔むした岩に咲く花を発見。こういうのがいいんですよね。
苔の中に生える花
 最後に多段18mを越えると完全に水が無くなるので、左の斜面に上がる。ここから縦走路に出るまでがきつかった。でも何とか頑張って、榧ノ木山(1,485m)まで上がって休憩。3時間40分ほどかかった計算。周りにはまだツツジが残っていた。
榧ノ木山
 道標のところまで戻り、ここからノボリ尾根を下る。赤テープも豊富で傾斜はあるが順調に下れる。最後の最後で民家の辺りで行き詰まるが、強引にネットを越えて車道に下る。ちょうど5時間で車に戻ってきた。下山途中でトンビの羽を拾い帽子に差して帰ってきたが、帰り支度をしているときに忘れてしまいました(写真も撮らなかったので残念)。
スポンサーサイト

2011年6月25日 8mmロープ

 久々にフレンドに寄ってBeal(ベアール)の8mmX30mのロープを買いました。今までは一人で沢に行くときは9mmX45mを使っていましたが、懸垂下降にしか使わないので軽量化を図ってみました。店長によると値段が下がったとのことで、確かに昔のカタログを見ると8,085円になっており、2,000円以上安くなっている。
Beal 8mm Rope
 明日はこれを持って峰谷川・雨降谷にでも行こうかと思っている。

2011年6月25日 ワイン2本

 午前中は天気がよかったけれども午後には雨が降るとの天気予報のため、本日は荻窪でお買い物。サガミでアリナミンEXプラスを購入。最近肩こりがひどく手がしびれる感じがするので、火曜日には整形外科に行ったがあまり有効な治療をしてもらえなかったので、とりあえずアリナミンを試してみることにした。
 その後、10%引きをしていたのでKALDIでワインを購入。最近スペインで評価が上がっているというCastano(カスターニョ)の赤と、ついでにRedwoodのシャルドネ。
カスターニョ

2011年6月23日 Doomsday Prophecy

 Ben Hopeシリーズの3作目です。前作で妻Leighを目の前で殺された傷心のBenは、Oxfordに復学して神学を再開しようとするが、恩師Tom Bradburyからギリシャで消息不明になっている娘Zoeを探してほしいと依頼され、事態は急展開。舞台は米国ジョージア、そしてイェルサレムへと展開。Benはハルマゲドンを防げるのか。
Doomsday Prophecy

2011年6月19日 天理岳~両神山(天武将尾根)

 2時半に起きて気象をチェック。ウーム、梅雨前線が少し上に上がっているようだ。山開き前の富士山に行くつもりだったが予定を変更して、少しでも北に位置する両神山にする。
 自宅を3:20に出発して日向大谷の駐車場に6時過ぎに到着。約5ヵ月ぶり。旅人はどうも一つのところに行くと続け様に通う習癖があるようだ。サンドウィッチを食べて準備完了、6:20に出発。本日は先ず楢尾沢峠まで行って、そこから天理岳に登り、さらに両神山を目指すコース。
駐車場の登山図
 駐車場から両神山荘に上がり、峠に向かう道に入ると、直ぐに両神神社里宮。
両神神社里宮
 峠の手前が道が荒れて少し分かりづらいが、何とか30分ほどで辿りつく。ここからは廃道になっている天武将尾根のコースを天理岳に向かう。ルートは比較的魅了だが、濡れた岩場が続く。唯一の鎖場を越えると、そこは天理岳の頂上。旅人の出身地と同じ名前の山なのでそのうち登らなきゃと思っていた山です。
天理岳頂上
 頂上から先に進むと黄色テープの向こうに祠があるので寄り道。
奥の祠
 この先で、すうじいさんも間違えたらしいので気を付けていたけど、少し道を外した。コンパスで方向を確認して事なきをえる。ここは尾根沿いに行くのは間違いで、意識的に西に進まないとだめ。霧雨で視界がないコースを進み、時折現れる岩場をこなしていく(下の写真のところはちょっと緊張した)。
ちょっと緊張した
 濡れそぼった道を歩むので、全身びしょびしょ。ふと見ると石楠花が咲き残っていた。
石楠花が残っていた
 前東岳から稜線を辿って両神の頂上に11時に到着。こんな天気なのに人が多い。
両神山頂
 鎖場を越えたところで最後の食事。ここからは一気に下山。七滝コースにするのはやめて清滝小屋経由で下る。冬場の落ち葉の道とはまるで異なる緑の豊かな森。滑らないように気を付けて駈け下る。ここまでくると駐車場までは後数分。
ここまでくると駐車場は近い
 駐車場には13時過ぎに戻ってくる。

2011年6月18日 Sapana

 恵比寿で歯の治療をして、渋谷までぶらりと歩き。途中でネパール・インド料理のサパナでランチ。

 さらに渋谷で上州屋に寄り道したけど、師匠の教えがないとさっぱり訳が分からない。田中さんの右腕が治ったらイワナを釣りに行きたいんだけど。

2011年6月16日 Fever Dream

 Preston & Childの"Fever Dream"を読了。FBI特別捜査官Pendergastのシリーズものです。今回は、12年前にザンビアでライオンに襲われて死亡した妻の死は、事故ではなく殺人であることを発見したPendergastがその謎を追うというストーリーです。
Fever Dream

2011年6月5日 高尾山北尾根~小仏城山北東尾根

 火曜日に腰をひねって本調子ではなく、また昨日歯の手術をしたばかりなので、軽く高尾を歩いてきました。本当なら昨日の好天に富士山に行きたかったところですが。
 4:40に自宅を出て1時間ほどで日影橋の駐車スペースに到着。すぐ先の踏み跡から北尾根に取り付く。途中林道を越える辺りがちょっと面倒。動物観察用のカメラのある場所まで辿りつけば踏み跡もはっきりしてくる。
動物観察
 4号路に出合って頂上に。ちょうど1時間ほど。7時前なのに結構人がいる。
高尾山三角点
 トレランに追い抜かれつつも30分強で小仏城山に到着。さすがにこの時間だと誰もいない。
城山茶屋
 北東尾根に入り、いつものように気持ちの良いナラの林を抜けて、駐車場所に戻ってくる。ちょうど2.5時間。少し物足りないが、午後の天気も悪そうなので、今日のところは良しとしよう。
ナラの林

2011年6月4日 The Mozart Conspiracy

 Scott Marianiの2作目"The Mozart Conspiracy"を読み終えました。Ben Hopeの友人Oliver Llewellynはウィーンの湖で水死。15年ぶりに再起したOliverの妹Leighとともに、Benはその死因を求めてヨーロッパを駆け巡る。鍵を握るのはモーッアルトの手紙。

 ここのところ山に出かけていないので、まるで本のブログになっています。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード