源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年1月30日 両神山・薄川滝ノ沢から辺見岳

 氷はほとんど登りませんでしたが、アイスから藪尾根につなぐという山行でした。ルート図はすうじいさんのサイトを参考にしました。
 朝4:15に自宅を出て青梅から名栗経由で秩父に入り、小鹿野から日向大谷に向かい、現地の第一駐車場には7:20ごろ到着。準備を整え、腰越滝入口という看板から沢に降りる。半分凍結した腰越滝を見物した後、滝ノ沢に入る。しばしは左岸の杣道をたどり、やがてゴルジュ入口に。中途半端な氷結で登れず、左手(右岸)から巻くが非常に悪い。
ゴルジュ
 皿の落ちている炭焼跡をすぎてゴーロ帯を抜けると、沢床が完全氷結してくる。アイゼンをつけて登っていくと、やがて玉簾滝が見えてくる。
玉簾滝が見えてくる
 玉簾滝の手前右岸枝ルンゼにも氷瀑が見える。近寄って3mほど登ってみる。
玉簾手前右岸のルンゼ
 引き返して玉簾滝を観察。
玉簾滝1
 30m少しだろうか。パーティなら登れそうだな。
玉簾滝2
 でも、一人なので左手の涸沢からルンゼに上がり高巻く。2段10mを越えて、次の2段8mは釜が凍っていないので、右から岩場を巻く。1010mの二俣で左に寄り道。
1010m二俣左の滝
 1020mの涸沢をつめて1180m峰西のコルに上がる。基本的に岩場は右から巻き気味に上がり辺見岳北峰に至る。木の間を抜けてきたので、引っかかってバイルのホルダーが壊れてしまった。両神方面を見ると先は長いぞ。
辺見岳北峰から両神山を見る
 辺見岳南峰からの下りは左の南面寄りを下りキワダ平へ。エビヅルの頭には天狗三兄弟。
エビヅルの頭
 索道跡を越え、岩場を登って三笠山を抜け、一位ガタワに13時前に到着。くたびれた。熊と思われる足跡の残る廃道を下っていくと、左手に洞窟氷瀑があった。
清滝小屋手前の洞窟ルンゼ
 しばしで清滝小屋に。
清滝小屋
 下る途中にもいくつか氷瀑を眺めながら進み、駐車場には14:30過ぎに戻ってくる。久々の歩きで結構バテましたが、氷と藪尾根で充実した1日でした。
スポンサーサイト

2011年1月29日 The Book of Fate

 ここのところずっと歯の治療をしていて今日も通院。帰りに西荻のベアーズ・トレックに寄ったらお休みでした。連休にしていたので、熊さん山スキーにでも出かけたんでしょう。
 Brad Meltzerの"The Book of Fate"を読み終えました。大統領スタッフのWes Hollowayという若者が主人公。大統領がDaytonaの自動車レース場に降り立ったとき、暗殺者Nicoが銃撃し、Ron Boyleが撃たれWesも頬に十字の傷を負う。そして8年後、元大統領に付き添ってクアラルンプールにいるWesの目の前に死んだはずのBoyleが姿を現す。各々がCIA、FBI、Secret Serviceに所属する3人(the Three)とは何?
The Book of Fate
 ついつい先が知りたくなる巧みなプロットです。
 明日は両神の沢に出かける予定です。田中さんとスケジュールが合わないので、一人。無理はしないようにしゆ。

2011年1月23日 西上州・狭岩峡

 三週間ぶりに出かけてきました。西上州のアイス・クライミングです。今年は寒気が続いているので、西上州も当たり年。
 5:30に平井さんと平井家に泊まっていた程原さんをPUして、所沢から関越に。下仁田で降りて、馬坂の集落の奥へ進み、現地には7:30過ぎに到着。今シーズン初の平井さんがリードで上がり、トップロープをかける。25mの滝はスケールがある。
狭岩峡
 各自3本ずつ登って11時に終了。昼食を食べて、碧岩の登山口に移動。20分少しで三段の滝に到着。こちらも氷の下に水が流れているが、登れる状態。ただし、登る気のない我々は装備を持って来ていません。手前の5mほどの小滝も練習によさそう。
三段の滝
 駐車場脇の水道の垂れた水が凍っていて見事な氷筍になっています。
駐車場の水道
 これだけ氷結しているのなら、行者還しの滝も凍っているだろうと踏んで見物に立ち寄り。跡倉から小沢岳に行く道に入る。木の間越しに見える滝はつながっている、以前来た時には氷の欠片もなかったのに。迫力があるが、氷は薄そうで、登るには死ぬ気でかかる必要がありそう。
行者還しの滝
 トレーニングと氷瀑見物に満足して、渋滞になる前に帰途につき、16時過ぎに帰宅しました。来週はどこに行こうかな。

2011年1月16日 ATC-Guide

 車検の終わった愛車を引き取りに出かけたついでに、西荻のベアーズ・トレックに寄り道してATC-Guideを購入。今シーズンの定価は3,045円で売値は通常は2,670円のものが1,900円と格安だったので、つい買ってしまいました。そんなには使わないんだけど。

2011年1月 Riptide

 Douglas Preston & Lincoln Childの"Riptude"を読み終えました。
 メイン州の沖合にあるRagged Islandに、イギリス人海賊Edward Ockhamが1695年に隠した財宝。1971年7月に兄Johnnyと二人で島に出かけたMalin Hatchは、トンネルの奥のブービートラップで兄を失う。それから25年、ボストンの病院の研究室で医師をしているMalinをNeidelman船長が訪ねてきて、宝探しは再開される。映画になってもおかしくないほどスリリングなストーリー。

2011年1月13日 NY4日目

 今日はNYでの最終日。16時過ぎにミーティングを終えて、ホテルに帰る前に少し散策。まずは綺麗になったというGrand Central Terminalに。確かに昔よりも明るい雰囲気。一人じゃなければOyster Barに寄り道したいところ。
Grand Central
 続いて20年前に住んでいたアパートを見に行く。場所は国連のすぐそばで、46丁目の1stと2ndの間。目の前にあった日本食の青木はなくなっていた。
昔住んでいたアパート
 そこから近くのスーパーで夕飯を買って帰る。ボストンのSamuel AdamsとシカゴのGoose Islandというビールに、シーフードサラダとカリフォルニア・ロール。ビールは1本$2.49なのでそれなりにいい値段だけれども、Budと違っておいしいよ。でもホテルで一人で食べるのはちょっと寂しいですね。
ちょっと寂しい夕食

2011年1月12日 NY3日目

 ブルックリン・ブリッジの袂にある超有名なRiver Cafeに行きました。夜景モードで撮影したものはすべてピンボケ。普通に撮ったのはこれですが、暗くてよく分からないですよね。

2011年1月10日 NY初日

 連休最終日からNYに出張してきました。今回の泊りはNY Palaceです。1997年に来た時に止まったことがありますが、ロケーション(Madison at 50th)も雰囲気もいいホテルです。中庭には年末に降った雪も残っていました(この後火曜日の夜からの雪でそれ以上に積もりましたが)。
NY Palace
 オフィスに顔を出す前に、近くにあるロックフェラーのアイス・スケート・リンクに寄り道。
ロックフェラーのスケートリンク
 仕事を終え、同僚と食事(同僚はインターコンチに宿泊していたので49thの伊勢で焼き鳥)を済ませた後戻った部屋からはロックフェラー・センターが間近に見えていました。
部屋から見るロックフェラーセンター

2011年1月9日 日本登山体系・南会津越後

 三連休の初日は歯の治療、二日目は車検の持ち込みで、山に行けません。荻窪の古本屋で見つけた日本登山体系の南会津・越後を1,575円で購入。明日からNYに出張で出かけます。
日本登山体系南会津越後

2011年1月2日 西上州・稲村山

 本日の第二幕、稲村山。10:45頃に出発して、30分で登頂。
稲村山頂上
 北西の浅間山は真っ白(雲との境が判別しづらいな)。
浅間山は真っ白
 昨年4月に登った山急山。
山急山だ
 12時には駐車場所を出発。15時前に帰宅。西上州は面白い。

2011年1月2日 霧積

 凍っていないかもと駄目元で出かけた霧積。温泉奥がかろうじて登れました。
2011年1月2日の霧積
 右の滝も真ん中を水が流れている。
右の滝は真ん中を水が流れる
 こちらはいいのだが、右の氷柱は登ったら折れそうです。
田中さんが登る
 旅人は3本ほど登って9:30には切り上げ。次の行動に移る。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード