源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2010年10月26日 アマノのドライフーズ

 インフルエンザの予防接種をしてもらった後、神保町のICI石井スポーツに寄り道。一度使ってみようと思っていたアマノフーズのドライフーズのカレーを2種類購入。他にも何種類かあったが、発売当初のこの2種類にしてみた。
フリーズドライ
 買い物をしている脇では、TVの取材らしきものをやっていました。聞こえてくる話から想像するに、今年は熊の出没が例年になく多く被害も多発しているので、熊避けの鈴が売れている様子を紹介していたようです。
スポンサーサイト

沼津 魚河岸丸天

 今日は御殿場のアウトレットに妻と出かけてきました。というよりも、アウトレットを出汁にして妻を連れ出し、以前テレビ番組で見て気になっていた沼津の魚河岸丸天の丼を食べに行ってきたという方が正確かも。
 沼津ICで高速を降りて、R414経由で沼津港へ。近くの有料駐車場に車を停めてお店に向かう。
丸天
 月曜日の朝10:30なので、お客さんは我々以外にもう一組だけ。
丸天の店内
 さっそく、「海鮮かきあげ丼」(945円)と「魚河岸丸天丼」(1,575円)を注文する。それほど待たずに、ドドーンと登場。この10cm砲弾のような巨大なかきあげの製法は特許を取っているらしい。一方の丸天丼は、生の桜えびやシラスも加わった豪勢な海鮮丼。魚のあらが入った味噌汁もおいしい。
海鮮かきあげ丼と丸天丼
 妻と分けあって、最後は満腹になりながら何とか完食。正直、かきあげ丼を一人で食べるのは結構きついです。後ろの席の若者は、食べきれずに持ち帰りにしていました。食後に腹ごなしに町を散策すると、どこもかしこも干物ばかり。写真はきんきの開きですが、大きなアジの開きがおいしそうだったのでアジの方を購入。
きんきの開き
 沼津を出てR246を御殿場に向かう。この道はつい1週間前にも走ったばっかり。御殿場ICの先で県道に入ってアウトレットへ。さすがに平日で空いていました。

2010年10月24日 御座山

 ユニクロで買ったダウン・ジャケットを着込んで寝たが、それでも朝方は寒く、4時には起きだしてお湯を沸かす。グダグダとコーヒーを飲んだりしつつ朝食を済ませ、5:30には撤収して駐車場に移動。5:55に出発だ。
駐車場を出発
 白岩からのルートと合流した先で黄葉の先に御座山が見えてくる。
黄葉の奥に御座山
 途中には見晴台という場所もあり、休憩してもよかったのだが、風が寒かったので、一気に前衛峰まで上がる。
前衛峰から頂上を見上げる
 ここから60-70m下って、最後の登り200mで頂上に(8:20)。眺めはいいのだが、風が強くてゆっくりしていられない。頂上は岩場になっているので、風が強いと転びそうなくらい。
 これは昨日登った天狗山と男山。背後は南アルプス。
天狗山と男山
 同じく四方原山。奥に見えるのは浅間山。
御座山からの四方原山
 そしてこちらは西上州の山々。来月にいくつか登る予定。
御座山から見る西上州の山々
 山頂そばの避難小屋で風を避けて休憩した後、下山にかかり、駐車場には10:20に戻ってきた。
 予定通り、ぶどう峠(漢字だと武道と書くみたいだ)を超えて上野村に入り、いつものR299へ。志賀坂峠から秩父、青梅を通って約4時間で帰宅。途中遅いお昼を食べたので、家に着いたのは15:00。充実した二日間でした。

2010年10月23日(2) 四方原山

 本日の第2弾は四方原山。馬越峠から南相木村に下り、さらに北相木村に向かう。白岩集落で左の林道に入る。この看板があるところが登山口だったのだが、車からでは見えずさらに進んで東山林道を奥へ。
登山道入り口
 どこまで入れるか不安だったので、ちょっとした広場で車を停め、林道を歩いて行く(11:30)。15分ほど歩いたら道の真ん中に大きな岩が転がっていたので、歩きに変えて正解だった。とは言え、一体どこを歩いているのか分からず、とりあえず1時間だけ歩いてみようと進む。林道からは朝とは違った角度の御座山が見える。
四方山への林道から見る御座山
 時々四方原山という矢印が出てくるのでどんどん進み、主稜線まで100m弱に近づいたところから赤テープに導かれて山道に入る。上がったところは頂上から西に500mほどのところだった。頂上はだだっ広く、しばらく探し回ってようやく1等三角点の山頂に(12:40)。
四方山山頂
 木に覆われて何も見えないので、さっさと頂上を後にして、来た道を戻る。車には13:30に帰ってきた。まだ時間は早いが、本日幕営予定の長者の森に向かう。もう季節もピークを過ぎたので人が少ない。14:30にはテントを設営し終わり、ビールとワインを飲みながら本を読んで時間をつぶす。時間がありすぎて、18時には寝てしまった。

2010年10月23日(1) 天狗山&男山

 この土日で佐久の山をまとめて登ってきました。天狗山、男山、四方原(よもっぱら)山、そして御座(おぐら)山の4つです。
 土曜日の朝3:30に自宅を出発し、八王子から中央高速に上がって須玉ICまで。須玉に来るのも1年ぶりかな。R141を野辺山で曲がって川上村に入る。正面にはこれから登る天狗山、西には朝焼けの八ヶ岳。
右が天狗山
役場の手目で南相木村に抜ける県道に入り、馬越峠に到着。準備を整えて6:45に歩き始める。登り始めてすぐに御座山が見えてくる。天狗山の頂上には7:20に到着。飛ばしすぎかな。
 頂上からの展望は良好。これは御座山。
天狗山からの御座山
 こっちは金峰山方向。男山の向こうには八ヶ岳がそびえる。
天狗山からの金峰方向
 頂上からは岩壁の間を縫った絶妙のルート取りがされた登山道を進む。
天狗山頂上岩壁
 男山への道は結構やせた岩稜が出てきて楽しい。南側にゴルフ場が広がるのが玉に瑕かな。
途中からの男山
 男山到着は8:40。1時間強で来てしまった。頂上は360度の展望だ。眼前には八ヶ岳。その右には後立山の山々。
男山からの八ヶ岳
 南には南アルプス北部。そして瑞牆山の右手に富士山。
男山からの富士山
 天候に恵まれて絶好の登山。いつまでも頂上にいたいところだが、本日ははしごでもう一つ四方原山に行かなければならない。名残は惜しいが山頂を後にして来た道を峠まで戻る。時間は10:30で予定よりもかなり早い。

The Last Child

 John Hartの"The Last Child"を先週に読み終えました。1年前に誘拐された双子の妹の行方を追って、13歳の少年Johnnyが主人公の物語。いつも読んでいるアクションものと違って、本格的なミステリーです。
Last Child

天竺やのお弁当

 買い物を終えて、帰り道に天竺やで緑パニール弁当(620円)を買ってきました。ほうれん草とチーズのカレーです。
緑パニール弁当
 ちなみにホームページもあるようです(http://tenziku.parks.officelive.com)。

2010年10月20日 変わったcafe

 ユニクロの後、スーパー・バリューに行くために高井戸の路地を歩いていて発見しました。休日にしかオープンしない店のようです。場所は高井戸東小学校の近く。
休日や

ユニクロのダウンジャケット

 冬山で使うことを想定して、ユニクロのプレミアムダウン・ウルトラライト・ジャケットを買ってきました。5,990円という価格は、フレンドで売っている山用のものの半分から1/3の値段です。
プレミアムダウンウルトラライトジャケット

2010年10月19日 R1の旅2回目

 当初の予定では御在所と鎌ヶ岳を登ってから、東京に戻るつもりでしたが、出発が8時と遅れたため、山はやめて2度目の国道1号線の旅に出ました。今回は四日市の手前でR23に入ろうと試みたのですが、早く曲がりすぎて鈴鹿サーキットの方向に行ってしまい、遠回り。
 R23の途中でガソリンを入れた直後に達成した愛車フォレスターの最高燃費(17.3km/l)。
最高燃費
 13時に潮見坂の道の駅でシラス丼680円を食す。
シラス丼
 17時過ぎに御殿場ICから高速に上がって順調に戻ってきたかと思ったら、最後の最後で環八高井戸陸橋で渋滞。今回は曇りだったので、富士山は拝めませんでした。

2010年10月18日 大峰山

 天気の良い中を百名山の大峰山に行ってきました。大峰といえば、おそらく山上ヶ岳が本筋なのでしょうが、そちらは女人禁制のため、通常は近畿の最高峰である八経ヶ岳(八剣山)をもって大峰山としているようです。
 朝の5時に出発し、八木のあたりで少し迷いながらもR169に入り、さらに下市からR309を進む。洞川への道を分けるところからいきなり細くなり、まるで林道。川迫ダムのあたりで、朝日を浴びる山が見えたので撮影(方向的にはおそらく弥山)。
陽が昇り始めた
 7時前に行者還トンネル手前の駐車場所に到着。7:10に出発して標高1500mの主稜線までの急登を約40分でこなす。石休ノ宿跡から山上ヶ岳が見える。右手の大普賢岳が鋸歯状で登高欲をそそる。そのうち登りたいものだ。
石休からの山上ヶ岳方面
 1600mの弁天の森を超えると、黄葉の向こうに弥山と八経ヶ岳が望める。
弁天の森の先から見た弥山
 400mの登りを終えて、弥山小屋に9:13に到着し、そのまま頂上に向かう。立ち枯れの木の向こうに八経ヶ岳。
弥山からの八剣山
 弥山小屋前のベンチでおにぎりを食べた後、八経ヶ岳に向かう。
弥山小屋
 途中には、オオヤマレンゲの保護のため鹿除けネットが張られていた。頂上でセルフ撮影。笑ったつもりなのに怖い顔で写ってしまった。
近畿の最高峰
 北には弥山。
八経ヶ岳からの弥山
 こちらは奥駈道南部のやま。
八経ヶ岳以南の山
 頂上を10時に出発し、黄葉と山の眺めを楽しみながら下山し、駐車場には11:45に戻ってきた。天気も良くて最高の一日でした。

2010年10月16日 刈谷PA

 TV東京の番組でやっていたので確認のため寄り道しましたが、本当に観覧車がありました。
刈谷PA

2010年10月16日 恵那山

 百名山の恵那山に登ってきました。
 朝の3:30に自宅を出て、中津川IC経由でR363に入り、川上(カオレと読むらしい)から黒井沢林道をたどってゲートのある駐車場に7時過ぎに到着。新潟からのパーティがテントを撤収している。準備を整えて7:20に出発。
黒井沢駐車場
 林道を進むとそのうち登山道になり、避難小屋のあるところから本格的な登りになる。周りの木々が色づき始める頃、野熊の池の避難小屋に到着(8:40)。寝られるのは5-6人程と小さいが、綺麗な避難小屋で、ここだけに泊りに来てもよいような気もする。
野熊の池避難小屋
 すぐ先の野熊の池。
野熊の池
 この先からカラマツと熊笹の森に変わり、そこを抜けると視界が広がり、恵那山の頂上が望めるようになる。
恵那山の頂上が見えた
 東には南アルプス、北には中央アルプスの峰々がくっきりと見えている。そのうち空木から越百も歩かなくちゃ。
空木方面が見える
 黒井沢ルートは山腹を巻くような形で頂上避難小屋に続く。途中には水場もあった。避難小屋まで来ると急に人も増える。頂上には10:15着、3時間かかった計算だ。
恵那山頂上
 頂上は眺望もないので、オレンジを食べてすぐに下山。下りに気が付いたが、野熊の池のお地蔵さんは結構面白い意匠になっている。
野熊の池のお地蔵さん
 下りは2時間で12:40に駐車場に戻ってくる。京都・宮津から来たという方にいわしの竹輪をいただく(おいしかったな)。

The Book of Lies

 3連休なのに前半の天気が悪く泊りの山には行けません。今日は一日雨。本でも読むしかない。Brad Meltzerの"The Book of Lies"を読み終えました。聖書の中で人類最初の殺人とされるCainによるAbel殺し。その時神からCainに与えられたモノ。それを求めて、CalとLloydの親子がフロリダからオハイオへと謎解きに進む。鍵を握るのはスーパーマンの生みの親Jerry Siegelの残したコミック・ブック。
 面白くてスーッと読んでしまいます。
The Book of Lies

2010年10月3日(2) 大持沢

 いなりずしを食べてから、林道を進んで上の橋から仕事道を使って堰堤を巻き、大持沢に入渓(9:30)。雰囲気は小持沢とほぼ一緒。結構釜が発達している。この滝は左手の苔の生えたカンテ状を登る。
苔のカンテを登る
 こいつは釜の中の木を利用して濡れるのを回避。
釜に浸かった木から
 ゴルジュの中に3段の滝がかかる。2段目までは左手を登るが、最後の大岩の下の滝はシャワー必至。諦めて左手から巻くがザレていてちょっと危険。 
大岩の下の滝
 二俣を左に入りしばしで水消え。ひいこら登っていると、左手に再び滝が現れる。登れそうにないので、正面の悪いザレ斜面から巻き上がる。
最後の滝
 沢に戻って最後は右手の杉の植林に入る。適当に道を探して11:35に登山道に飛び出すと、そこは大持山の100m程手前の場所だった。
大持山まで100m程の所に出てくる
 滑りやすい妻坂峠までの道を渓流シューズで下り、一ノ鳥居には12:40に戻ってくる。

2010年10月3日(1) 小持沢

 午後には雨が降るかもしれないので、午前中に沢登りに行ってきました。奥武蔵の小持沢と大持沢のはしごです。
 朝5時前に自宅を出て、生川の一ノ鳥居に7時前に到着。駐車場が広くなっていた。林道を歩いて橋のところで準備をし、まずは小持沢へ入渓(7:15)。しばらくで巨岩帯になる。この滝は右から巻くが、大雲取沢の小魚留滝の巻きと同じような嫌な感じ。
巨岩の間から滝
 斜めの10m滝も右から巻く。
10m斜瀑
 連爆帯も濡れるのが嫌なので右手から巻く。
連瀑
 やがて二俣に(すぐ手前に右から枝沢が入っているので三俣状)。沢床の低い左に入って、なおも滝が続く。
滝は続く
 そのうち水が消えたところで仕事道を発見。腐った桟道やトラロープがある道を辿って、持山寺跡に(8:55)。
持山寺跡
 養魚場のところから林道に入って、大持沢に9:15頃戻ってくる。

2010月10月2日 肩もみ

 今日はいい天気だったので山に行けばよかったかなと少し後悔。でも眠くて二度寝してしまったし。荻窪で散髪した後、すし屋の源さんでランチサービスのにぎり寿司と生ビールを食べて、さらに高井戸のオリンピックへ。
 最近肩こりがひどいので、肩もみ器を購入。
Shoulbar Roller
 ついでにブルー・チーズも買った。ワインでも飲もうっと。
ブルーチーズ
 明日は午後から雨みたいなので、午前中に沢に出かけよう。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード