源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2010年3月27日 The Alexander Cipher

 先般米国に出張したときNYのJFK空港で買った本です。今朝から読み始めました。
Alexander Cipher
 明日は早朝から出かけて、MSCCの方々と中ア・宝剣岳に出かける予定です。
スポンサーサイト

2010年3月22日 玉川上水

 連休最終日、山に出かける気分にならなくて、気持ちのいいお天気の下、タウン・トレッキングで玉川上水の緑道を歩いてきました。
 自宅から、都立西高の前を通ってまず久我山に。西高の桜も蕾が膨らみ、今週には開花しそうな雰囲気。人見街道を歩いて三鷹市との境の牟礼橋のところで玉川上水に入る。
牟礼橋
 この緑道は娘が小学生の頃には時々散歩に来ていたが、今回は何年振りだろう、本当に久々。春の桜の季節に歩くのは、舗装もしっかりして桜の多い神田川の方がいい。一方、昔の武蔵野の雑木林の雰囲気を留める玉川上水は新緑や紅葉の時期向きかな(だったら、何でこの時期に歩く?)。
玉川上水緑道
 好天の下、ウォーキングやジョギングの人が一杯だ。そのうち、井の頭恩賜公園の一角に辿り付く。向こうから、リーシュを着けていないシェパードを連れている親父が歩いてきて、「おはよ」と声をかけられたので返事をしたら、元世界チャンピオン輪島功一だ。国立方面で団子屋をしていると思っていたんだけど、自宅はこの辺りなのかな。
 三鷹の森ジブリ美術館も気になるがチケットも持っていないのでそのまま三鷹の駅を目指す。途中には山本有三記念館。これが「路傍の石」だ!素敵な洋館です。
路傍の石
 三鷹の駅を北側に抜け、成蹊通りから中道通り沿いに吉祥寺に向かう。山野楽器でギターを眺めたり、輸入食品雑貨のカーニバルでオリーブの瓶詰めを買った後、伊勢丹方向に。報道の通り閉店してましたが、サンロードの高級スーパー三浦屋も大型靴店に模様替えしていたのにはびっくり。
 最後は五日市街道を歩いて帰宅する。4時間ちょっとの歩行で、土曜日の子持山と時間的には大差がない。さて、買ってきたオリーブをつまみながらワインでも飲もう。

Ken Follett

 Ken Follettの"The Pillars of the Earth"と"World Without End"という連作。連作と言っても、前者が出たのが1989年で、続編は約20年ぶりというもの。内容はフランスと戦っている中世のイギリスのお話です。
Ken Follet
Ken Follettの作品に関して、旅人はこれまで第2次大戦のスパイものを読んでいたので、この2冊は新鮮でした。ちなみにこれまで読んだ彼の作品は、
"Eye of the Needle"
"The Key to Rebecca"
"The Man from St. Petersburg"
"On Wings of Eagles"
"Night Over Water"
"Jackdaws"
など(のはず)です。

2010年3月21日 Lost Arrow (spring 2010 version)

 昨晩から朝にかけての風雨は凄かったですね。布団の中で聞いていても、まるで台風のようでした。起き出してベランダに出たら、プランターが1つひっくり返っていました。ジャーマン・アイリスを植えてあったのですが、中身が土ごとなくなっていました。本当に乗鞍岳を中止にして良かった。あれほどの風だと間違いなくテントを飛ばされていたでしょう。
 と言うことで、昼前からは天候も回復してきたので、フレンドに出かけてロスト・アローの新しいカタログをもらってきました。店長も言っていましたが、ここのところのOspreyの新しいパックののローンチ・ペースはものすごいですね(モノは確かなのでいいのですが)。旅人もクライミング用にMutantがいいなと思いますが、現在使っているMountain Hardwearのパックと機能的にかぶっているのでしばし我慢。代わりに、通勤用のクーリエバッグでも買おうかな。
Lost Arrow spring 2010

2010年3月20日 上州・子持山

 リハビリ第2弾は泊まりで乗鞍岳に行く計画でしたが、日曜日は雨に違いないようなので中止にし、急遽日帰りで渋川の先にある子持山に行ってきました。
 朝5時に自宅を出て、7時前には現地に着くつもりだったのに、高坂SAの手前で事故渋滞につかまり結局到着は7:45。下山予定の5号橋の駐車場に車を停めて出発。10分ほど林道を上がって子持神社奥の院の先の登山道に入る。
子持神社奥社
 まずは頭上にそびえる屏風岩に上がる。久々の岩場でやや緊張気味
子持山屏風岩2
 尾根ルートの看板があり、地図には出ていないが面白そうなので、そちらを辿る。樹林帯ながら痩せた岩尾根で、適度な緊張感があって楽しい。
尾根ルート
 次第に獅子岩も近づいてくる。
尾根ルート途中からの獅子岩2
 最後は獅子岩の南面フェース下をトラバースして通常ルートに合流。
獅子岩南面フェース
 登り着いた獅子岩の頂上からは辿って来た尾根コースがよく分かる。
尾根ルートを振り返る
 北にはこれから登る子持山の頂上が見える。
獅子岩から子持山を見る
 遠く北東には武尊や、南には赤城・榛名も見えるがかなり霞がかかっている。獅子岩の下りは北面なので雪が少し残っているが、問題なく通過して(先週の学習でアイゼンを持ってきたが、無駄でした)子持山頂上には10:10頃到着。
子持山頂上
 これが見たくて来たんだが、北側の谷川岳は残念ながら霞んでいる。
子持山から望む谷川
 休憩の後、元来た道を戻って浅間(せんげん)方向の道に入る。途中の牛十二という場所にある祠は、ユニーク。まるで埴輪のようだ。
牛十二の祠
 浅間から5号橋に下り、駐車場には12:10に戻ってくる。もう少し時間がかかるかと思ったが、4h20mの山歩きでした。まあ、久々に登山靴を履いて歩き、来週の宝剣の準備としては丁度いい感じでした。
 時間も早いのでかねての宿題になっている永井食堂の日本一のモツ煮を買おうとR17まで出てきたものの、最後に右折と左折を間違えて行きそびれ。13時頃には高速に乗ったものの、練馬の辺りで事故渋滞中のため、所沢で下りて下道に入るが、最後の最後まで渋滞で、結局帰宅したのは16:40。運転に疲れました。

2010年3月19日 丸ビルの春

 夕方外出して、前の職場の近くにある丸ビルの前を通ったらチューリップが満開だった。いよいよ春ですね。
2010年春丸ビル

2010年3月14日 棒ノ嶺

 負傷から復帰のリハビリに名栗から棒ノ嶺に登ってきました。
 さわらびの湯の駐車場がまだ開いていなかったので、橋のそばの駐車場に車をとめて、6:50に出発。まずは名栗湖まで上がるが、奥の山は雪で白い。
名栗湖
 白谷沢沿いの道も沢の水量が多めで、飛び石の際に少し濡れる。
白谷沢ゴルジュ
 ゴルジュを抜けると道を雪が覆うようになってきた。上がった稜線は完全に雪道。
頂上手前
 休みなしで登って2時間、8:50に頂上に到着。花粉が飛んでいるのかくしゃみが止まらない。
棒ノ嶺頂上
 雪で滑って転ばないように慎重に下りたので、下りも1.5時間ほど要した。帰路途中の瑞穂町辺りのインド料理屋でお昼を食べて、13時前には帰宅しました。まだ曲げると多少痛いけれども、何とか歩けることも確認でき、後は長時間歩行の体力回復を待つのみ。来週はテントを持って乗鞍岳に行こうかと計画しています。

2010年3月13日 牛スジ大根

 このために買った圧力鍋で作りました。おいしいですよ。
牛すじ大根

2010年3月12日 David BaldacciのCamel Club

 David BaldacciのCamel Clubのシリーズです。元CIAの特殊諜報員であるOliver Stoneを核とした読み物。
Camel Club

2010年3月11日 Coffee Bag

 今回の出張でNY滞在中にスーパーに寄り道して購入。山で使うの便利なのですが、ティーバッグ・タイプのコーヒーは日本で手に入りにくいのです。
Coffee Bag

2010年3月4日 サンフランシスコ

 NYのホテルを朝6:30に出て、約6時間の飛行でお昼過ぎにサンフランシスコに到着(NYとの時差は3時間)。ユニオンスクエア近くのホテルにチェックイン。
Union Square
 当地でのミーティングは3時からなので、それまでの間に市内散策。チャイナタウンをぶらつく。
China Town
 ミーティングを終えた後、Wells Fargo History Museumに寄り道して、昔の駅馬車を見物。
Wells Fargo
 夕食はHouse of Prime Ribという店で、がっつりとお肉を食す。
 今回の出張は移動が多く、疲れました。

20010年3月3日 NY

 3月1日にワシントンDCでのミーティングを終えて、NYに移動。その夜は支店の人たちとギリシヤ料理を食べたが、さっぱりとした魚料理で美味しかった。3月2日はコネティカット方面に遠出して、ホテルに戻ったのは20時。そして本日はマンハッタンの中でのミーティング。
 西海岸には何回か出張していたが、NYに来るのは1997年11月以来なので、何と12年ぶり。9/11の映像をテレビで見たときには衝撃だったが、実際こうしてワールド・トレード・センターが消え去っている光景を目にすると、改めてショックを感じる。
Ground Zero
 Wall StreetからNew York Stock Exchange(NYSE)の前を歩いて、本日最後のミーティングに出かける。昔留学していたときにほぼ毎日通っていたので、この辺りの地理はおよそ分かるが、やはり12年の歳月は長いですね、かなり変化していました。
New York Stock Exchange

2010年2月28日 ワシントンDC

 出張初日はワシントンDCから。日曜日のお昼にホテルにチェックインして、そのまま地下鉄に乗ってスミソニアンに出かける。先ず目に飛び込んでくるのはワシントン記念塔のオベリスクと国会議事堂(Capitol Hill)。旅人は以前NYに住んでいたこともあるが、DCは今回が実は初めて。
Capitol Hill
 スミソニアンは色んな種類の博物館があるが、その中から航空宇宙博物館に入る。アポロ関係の展示に加えて、昔の戦闘機も展示されており、それがお目当て。
ゼロ戦1
 ゼロ戦を始めとして、スピットファイアーやメッサーシュミット、グラマンなどがあって楽しくなってくる。
スピットファイアー
 博物館から足を延ばして次はホワイトハウスへ。意外と小さい。
White House
 時差ぼけを避ける意味もあって結構歩き回ったが、まだ足指が完全でないのにいいのかな。ちなみに初日の夕食はホテルの前にあったタイ料理ですませました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード