源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年10月24-25日 四阿山

 下さん親子とキャンプ&ハイキングで百名山の四阿山に行ってきました。
 土曜日13時前に荻窪を出発するも、天気があまり良くない。上信越道の上田ICで降りて真田の西友で食料の買出し。菅平のファミリーキャンプ場にテントを設営(3人で4,200円)。明日登る四阿山には雲がかかっている。
キャンプ場から四阿山
 16時から早速宴会に突入。まずはビールを飲んだ後、焼き鳥とイカ明太で下さん持参の八海山をいただく。
八海山
 その後は焼酎を飲みながら、初の試みのモツ鍋をつまむ。このために旅人は99ショップでまな板を買い(実は田中さんに教えてもらった)、キャベツとニラ、豆腐を裁断。最後はキャンプ場でもらったレタスと鍋用ラーメンを投入し、全員満腹になり18:30頃には寝てしまう。写真左端には再生なったガス・ランタンも写っている。
モツ鍋
 日曜日は5時前に起き、食事の後Chaiを飲んで出発。スパイスの効いたChaiは体が温まっていい具合、久々のヒット作。牛が草を食む菅平牧場の駐車場を6:40に出発。
菅平牧場
 1900mより上は雲の中で、展望がいいはずの根子岳の頂上からも何も見えない。早々に四阿山を目指すが、途中獣の臭いがプンプンする場所がありやや緊張(きっと熊だ)。時折訪れる晴れ間に急いで写真撮影。
青空がのぞく
 熊笹についた水滴に濡れながら、何とか頂上に9:30に到着。頂上の所では氷が転がっており、やたら寒い。
四阿山頂上
 眺めも無いので長いは無用と下山に移るが、吹きさらしのところは寒くてしょうがない。途中、ツアーの団体とすれ違ったりしながら、駐車場には11:15に戻ってきた。さすが百名山だけあってバスが3台ほど停まっていた。今回は紅葉には一週間遅かったようだ。
紅葉も終わり
 真田温泉ふれあいの湯(500円也)で一汗流して、渋滞する前に帰途につき、15:30頃には自宅に戻る。
 今年はこれで百名山は5つ目(雨飾山、聖岳、光岳、笠ヶ岳、四阿山)だが、次はどこに行こうかな。
スポンサーサイト

2009年10月22日 CHAI

 本日は1日人間ドックで赤羽橋の東京都済生会中央病院に行ってました。帰り際に荻窪の輸入食品店Caldiに立ち寄ってインスタントのChaiを購入。スパイスの入ったインドのミルクティーです。

2009年10月18日 稲子岳南壁

 2日目日曜日は朝4時過ぎに起きて5:10に移動開始。清里の森の中は霧で前が良く見えなかったが、R141に出ると霧は取れ、東の空が色づいてくる。稲子湯先のゲートには6時前に到着。車が10台以上停まっている。
 木々の色づいた中を歩きやすい道を辿って、まずはみどり池を目指す。道は概ねトロッコ軌道に沿って続いている。
トロッコ軌道
 みどり池のしらびそ小屋には7:30に到着。なかなか感じの良さそうな小屋で、中では薪ストーブが燃えていた。
しらびそ小屋
 池の向こうには、これから向かう稲子の岩壁(見えている正面は東壁)が望める。
みどり池と稲子
 中山峠への最後の登りにかかる辺りの赤いビニールひもが張られた地点から、踏み跡を追うがすぐに消えてしまい、藪コギをしながら何とか壁の下に到着。本日は左カンテを登る予定なのだが、ルートが特定できない。あれでもないこれでもないと探し回ること小一時間、とりあえず少し登ってみようと簡単な草つきの岩場を登っていくが、それらしいルートを見つけられずそのまま頂上稜線に出てしまった。時間は11時だが、下って再調査すると遅くなるので、下山することに決定。地図には出ていない登山道を下っていくと、道のすぐ脇のところに、先ほどまで登っていた草付きが見える。どうやら岩壁の一番左端の辺りを登ってしまったようだ。登山道は岩壁基部の踏み跡の地点を通り、苔の生えた樹林帯を抜けてガレ場過ぎると、何のことは無い、赤ビニールテープの所に戻ってきた。ガレ場を下ではなく、上に行っていれば藪コギもせずにすんだのに。
 下山途中で振り返った南壁を見ても、いまだにルートの位置関係がよく分からない。
稲子南壁
 来年再挑戦することにして(ルートが分からないとまた敗退もありえるが)、快調に下山、13時には車に戻る。
 やや寒かったが快晴で最高の天気の中、ルートが分からないという残念な結果となりましたが、旅人は八ヶ岳のこの方面が初めてだったこともあり、歩くだけでも十分満足な山行でした。

2009年10月17日 乾徳山・旗立岩中央岩稜

 この土日は田中さんとマイナーな岩場でクライミングをしてきました。旅人は岩を登るのは2年ぶり、いわゆる本番ルートとなると20数年ぶりだったので、どうなることかとやや緊張していましたが、何とか無事に登れました。
 金曜日の夜にまきおかの道の駅で泊まって、土曜日の朝、大平牧場に移動。8:20に薄が広がる月見岩に到着。山の紅葉が美しいが天気は曇りで今ひとつ。9時頃旗立岩のクサリ場下に着き、そこから踏み跡を辿って岩場の基部を目指す。適当に右にトラバースをしていくがガスの中で岩場の全貌が分からない。
 様子を見るためにガレルンゼの左側の藪のあるリッジに取り付いてみるが、どうやらルンゼの向こう側が目指す中央岩稜のようだ。
左岩稜2
 ルンゼを横切って登攀開始。田中さんが時間をかけて慎重に登る。フェースのトラバース後のリッジは傾斜も強く、旅人は焦り気味にA0しまくりで抜ける。
中央岩稜1P目上部
 2P目は緩いフェースを登り、最後の3P目はリッジから5mほどのフェースで終了。終了点のビレー・ポイントは整備されていたので、ガイド山行も入っているのかもしれない。
中央岩稜最後のフェース
 終了点から5-6m先の登山道まで移動して、この後どうするかを協議。予定では頂上岩稜をもう1本登る計画だったが、午後には雨が降りそうだったので時間は11:40と早いが下山を決定。頂上直下のクサリ場まで行って、次回の下見をした上で来た道を下る。大平荘には13時過ぎに戻ってきた。
 日曜日は八ヶ岳の稲子岳の予定なので、今晩は美しの森の市営駐車場で泊まるつもりだが、あまり早く行ってもしょうがないので、R140からR20、さらにR141と一般道を走る。途中、韮崎のオギノで夕飯の買い物をしたり、清里の道の駅に立ち寄ったりして16:30に目的地に到着。天気の所為もあるのだろうけれども、清里も人が少ない。

EPIガスランタン

 早稲田に出かける前に、ガスランタンの修理を依頼するつもりでフレンドに寄り道。奥さんに火が点かないと話をしたら、マントルがないとだめでしょと笑われてしまった。このランタンはもらい物で、使い方を知らず、恥ずかしい思いをした。早速マントルを購入。
EPIランタン

2009年10月12日 早稲田で

 早稲田大学の2号館の中にある会津八一記念博物館で、甲冑師・明珍宗恭氏の資料寄贈を記念した「サムライの美学」展が開かれているのを見学に早稲田に行きました。
サムライの美学
 館内での撮影は禁止されていたので写真はありません。教室1つ分ぐらいの展示室に、復元大鎧などが展示されています。下着から旗指物までの装着の仕方が記された資料もあり、それなりに面白かったです。
 見終わった後、早稲田から高田馬場まで歩いて、途中西早稲田辺りのMini Indiaという店でサグ・チキンを食べました。
Mini India
 久々にカモシカを覗いてから帰宅。

満寿泉

 富山の駅で買った満寿泉の吟醸酒。
満寿泉

2009年10月10-11日 富山の旅(2日目)

 富山の旅2日目は昨日同様「鱒の寿司」の朝食からスタート。昨日は山の旅だったが、2日目は海の旅。
 先ずは新湊の富山新港へ。越の潟と堀岡を結ぶ渡し舟に乗る。建設中の橋の向こうに帆船海王丸が見える。
渡し舟
 雲がかかっているため分かりづらいが、船の上からは剣岳の大窓・小窓が見える。
大窓小窓が見えた
 新湊からブリで有名な氷見漁港に移動する途中、雨晴海岸に寄るが、剣・立山は雲ではっきり見えない。今回の旅の目的の一つが、この場所からの山並みを眺めることだっただけに残念。
雨晴海岸
 氷見漁港にはフィッシャーマンズ・ワーフがあり、観光客でにぎわっている。白えびの唐揚げと鯖の棒寿司を購入。脇にはキャラクターの「ひみぼうずくん」がいる。
ひみぼうずくん
 魚市場食堂「海寶」は休みの日は10時から営業しているので立ち寄るが、10:30で既に行列。20分ほど待って「かぶす汁定食」(1,100円)をいただく。カニまで入った魚が一杯のかぶす汁に、お刺身がついていて満足。
氷見魚市場食堂
 藤子不二雄A氏の出身地の氷見は町中にハットリくんなどが描かれている。氷見を後に、能登半島を横断して羽咋の千里浜(ちりはま)へ。テレビ等でもよく見る海岸の砂浜を車が走るなぎさドライブウェイ。
千里浜なぎさドライブウェイ
 能登道路を北上して、能登島を通って和倉温泉へ。加賀屋の前にある涌浦之湯壷でお湯が出ていたが、塩分を含んだ熱いお湯でした。
 富山に戻り、富山港の岩瀬に。北前船の回船問屋が並ぶ街で、ここに「満寿泉」の枡田酒造店があるが、残念ながら店は閉まっていた。
枡田酒造
 岩瀬から富山ライトレールというおしゃれな電車に乗って富山駅に戻り、今回の旅の締めくくりとして富山B級グルメ「富山ブラック」を大喜で食す。本当に真っ黒だ。おかずになる中華そばとして考えられたということなのでライスと一緒に食べてみる(ラーメン700円、ライス150円)。ストレートの太麺にこってりチャーシューがやたらと辛いスープにどっぷり入っており、ラーメンだけで食べると結構きつい。
富山ブラック
 最後に駅の土産物屋で「満寿泉」を買って、富山を後にする。見て食べて、大満足の2日間でした。

2009年10月10-11日 富山の旅(1日目)

 山にばかり出かけていて、この数年まともに観光旅行はしたことがありませんでしたが、この連休は富山に行ってきました。富山の支店長を務める同期が前々から遊びにおいでと言ってくれていたので、もう一人の同期と2日間楽しんできました。
 金曜日の業後に上越新幹線で越後湯沢まで行き、特急はくたかで22時前には富山駅に降り立つ。ほくほく線のおかげで約3時間半で行けるので便利。
 富山の旅1日目は高山方面に出かける。早起きをして、8時過ぎには最初の目的地白川郷に到着。東海北陸自動車道が名古屋までつながっているので、そちら方面からの車も多い。
白川郷
 早速町中を散策。何軒か合掌造りの中を見せてくれるところがあり、その中の神田家に入る。ビデオの解説(NHKの番組)を見て、合掌造りに活かされた先人の知恵にひとしきり感心。かつて養蚕に使われていた2・3階には昔の様々な道具類も展示されている。
神田家囲炉裏
 その後は、土産店でにごり酒(夜に三人で飲んでしまいました)を買ったり、飛騨牛コロッケを食べたり。
飛騨牛コロッケ
 天生峠方向に少し行ったところに絶好の展望台があり、合掌造りの町並みが一望に見下ろせる。
展望台から2
 再び高速に乗って、次は高山へ。屋台で有名な高山祭が開催されており、駐車場はどこも満車。何とか駅の西側の市営駐車場に入ることができた。からくり奉納は13時からなので、まずは腹ごしらえ。高山ラーメンの人気店桔梗屋の行列に並ぶ。旅人は待つのが嫌いなので、普段は行列を見たらすぐ別のところに行ってしまいますが、今回は辛抱して待つことに。
中華そば桔梗屋
 そして出てきたのがこれ。昔ながらの中華そば(600円)で、さっぱりしていてとても美味しい。
高山ラーメン
 食後は、古い町並みぶらついて、屋台の並べられた桜山八幡宮前にやってくるが、すごい人出だ。
すごい人出
 屋台は全部で11台あり、その中の布袋台がからくりを奉納する。からくり奉納を見るために30分前から境内に入ったが、既に大混雑。人と人との隙間から覗き見るような状況だったが、約20分間のからくりには感動。しばらくお囃子が耳について離れない。
からくり奉納
 当初の計画では平湯温泉(先日の笠ヶ岳登山の際に、温泉に入らなかったので寄るつもりだった)に行くことにしていたが、からくり見物で疲れたので、まっすぐ神岡経由で富山に戻ることに変更。途中「楽今日館」というところで温泉に入り、おわら風の盆で有名な八尾の町を少し見て1日目は終了。

2009年10月4日 中野坂上

 今日は天気が良さそうだったので奥多摩の沢に行くつもりにしていましたが、朝目覚ましを止めてしまい、出かけ損ねました。
 昼前に自転車で荻窪に出かけてフレンドでおしゃべりをした後、そのまま青梅街道を中野坂上の方向まで走り、ハナマサに寄り道。
肉のハナマサ
 青梅街道をはさんだすぐ向かいにあるカレーハウス(名前は失念)でランチ。サグ・マッシュルームをいただきました。
中野坂上
 中野新橋から神田川に出て、善福寺川に入り、五日市街道を通って帰宅。山に行くのとは比較にならないが、まずまずの運動になりました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード