源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年6月28日 西丹沢・世附川水ノ木沢

 山伏峠から甲相国境尾根を越えて、西丹沢の世附川水ノ木沢に行ってきました。
 土曜日の20時に我が家にやってきた高橋君を乗せて出発。南大沢・橋本経由で道志に入り、山伏峠を抜けた直ぐの旧道のゲートに22:45到着。軽く宴会をやって24時過ぎに就寝する。5時に起きる予定だったのだが、車でやってきた若者5人組が4時頃からうるさくて4:30に起きる。滅茶眠い。それでも5:30には旧トンネル脇から出発。
山伏峠旧トンネル
 元ホテルのところから山伏峠に上がる。大棚ノ頭の分岐を左に折れ、2つ目の送電塔の先にある水ノ木分岐で登山道から外れて西丸方向に入る。鞍部から沖ビサ沢を下る計画だったが、破線の登山道が比較的はっきりしていたのでそのまま下降。金山沢の林道を下って菰釣橋から水ノ木沢の林道に入り、林道が大きくUターンするところから入渓。山伏峠からちょうど2時間。
 左岸から滝が流れる箇所を過ぎると3m、2mの滝が現れ、快適に越していく。股下まで浸かってちょっとした釜から樋状ゴルジュを抜ける。
ゴルジュ突破
 次の4m滝は水流右手から行けそうな感じもしたが、左手から小さく巻く。
4m滝は左から小さく巻く
 梅ノ木沢を右に分けてしばしで2段10m滝に。遠目は難しそうだが、よく見ると階段状。
2段10mの上段
 綺麗なナメをすぎ、いくつかナメ滝を越えたところで、5人ぐらいの先行パーティに追い付く。そこからしばらくで水が減ってきたので、登山靴に換装したのだがこれが大失敗。少し湿った涸棚が連続し、渓流シューズでないと恐い。かと言って、ミッドウェイの帝国海軍ではないが、再度換装するのも面倒。結局途中からクライムダウンした上で、右岸から鹿道を使って巻く。
最後の涸滝
 この巻きの途中から太腿膝上の筋肉が悲鳴をあげ始める。最後は菰釣山のすぐ西側の登山道に飛び出す。見える富士山はまだ結構雪が残っている。
菰釣山からの富士山
 頂上には10:10に到着。行動食のパンを食べて下山に移るが、膝上の筋肉が言うことをきかない。この辺りの山域はブナ林が続きとても気分がよい場所なのだが、登山道が稜線を忠実に辿っているので上り下りが続いて苦しい。途中から雨がぱらつき始める中、騙し騙しゆっくりと歩いて、それでも駐車場所には12:40頃に戻ってくる。
スポンサーサイト

2009年6月20日 熱海・岩戸山

 昨晩は職場旅行で熱海の後楽園ホテルに宿泊。二日酔いの状況で熱海駅から9:15の箱根行きのバスに乗り十国峠登り口で下車。上まで歩いて一汗流すつもりだったのだが、道が無いと言われたのでケーブルカーに乗る。
ケーブルカー
 十国峠からは富士山が正面に見える。下の写真は少し歩いたところから、ケーブルカーの駅を振り返ったもの。
ケーブル駅の向こうに富士山
 穏やかな道を日金山東光寺を経て岩戸山へ。頂上では途中で追いついた横浜から来たと言うご夫婦としばしおしゃべりしながら、昨日の残り物の乾き物を食べる。
岩戸山
 下山途中からは先ほどまで宿泊していた後楽園ホテルが見えた。
後楽園ホテル
 最後は急な車道を下って来宮神社に出、熱海駅まで戻ってきた。所用2時間。12:31のこだまで帰途につく。
来宮神社
 明日はどこに行こうかな。世附川の水ノ木沢か峰谷川の雨降谷が候補。

2009年6月14日 喜正吟醸酒

 五日市の城山の麓にある喜正の吟醸酒。となりのコロナはおまけです。
喜正

2009年6月14日 日の出山北尾根から金比羅尾根

 出張があったため2週間山に行けず、体がなまっていました。天気予報は曇り後雨とのことだったので、午前中に下りてこれる所ということで日の出山北尾根を選択。カテゴリーは藪山にしてありますが、北尾根自体は標識が無いだけで立派な登山道でした。
 7時前に御嶽駅に到着。多摩川沿いの御嶽渓谷遊歩道に下りて上流を目指すが、ヤマメか鮎を狙う釣り師がわんさかといる。
御岳渓谷
 橋を渡ってケーブルカーの駅に向かう道に入り、光仙橋のところで右手の急な階段から尾根に取り付く。最初の急な登りが終わると御嶽山が見えてくる。更に登って振り返ると惣岳山が見える。足元には奇妙な植物が。これは何だろう?
これは何だろう
 日の出山頂上には9時前に到着。日の出山は今回が3回目なのだが、金比羅尾根への進行はいつも迷ってしまう。今日もつるつる温泉への道を進んでしまい、途中で引き返した。金比羅尾根は平坦な歩きやすい道で、トレランの人が一杯だ。途中で見つけた木いちごを数個口にしてみるが、甘酸っぱくて味はまずまず。
木いちご
 前回は登らなかった麻生山の頂上に寄り道し、琴平神社から薬師堂に下る。武蔵五日市駅には12:10に到着。駅に併設された土産物店で喜正の吟醸酒「しろやま桜」を買って帰途に着く。歩行時間は5時間だったが、なまった体には結構いい運動になりました。

インド帰りで日本酒が

 インドから帰ってきて日本酒が飲みたくなったので買ってきました。「吟醸清酒 四海王吟」(愛知県豊橋市中浜町214番地 福井酒造株式会社)。豊橋の酒ですが、杜氏は上越市吉川の田中榮治。いい味している。
吟醸清酒四海王吟

2009年6月第1週 インドからシンガポールの旅

 お腹を壊すことも無くインドへの旅から帰ってきました。
 5月31日のANA直行便で夜7時過ぎにムンバイ到着(それにしても飛行機はガラガラに空いていた。こんなので大丈夫なのかな)。ゴミゴミした街を抜けてTaji Lands Endにチェックイン。他に行くところも無いのでホテルでインド料理を食べて就寝。翌朝起きて部屋の外を見ると素晴らしい景色が広がっている。写真の橋の右手はアラビア海だ。
ホテルの部屋からの光景
 暑さに体がなじまない中初日のミーティングを終えてしばし観光。最初は昨年11月末に泊まる予定で、テロが発生したヒルトン・タワーズに。手前のオベロイはまだ修復が完了していない。
オベロイ・ホテル
 その後ムンバイの観光ポイントのインド門に。
インド門
 さらにテロとの戦闘の傷跡が生々しいタージ・マハール・ホテルに立ち寄る。
タージ・マハール・ホテル
 この日はインド料理とインド・ワインを堪能した後ホテルに戻る(田中さん写真無しでスミマセン)。火曜日から木曜日の昼までいくつかのインド企業の話を聞き終え(宿泊のホテルで2日半のロードショーがありました)、シンガポールに移動するまでの空き時間でホテルのプールに立ち寄る。
ホテルのプール
 金曜日の24:20の飛行機でシンガポールに移動。寝不足で眠い。でもラッフルズ・シティにあるスイスホテルの48階の部屋のベランダからの世界最大の観覧車(去年来たときタクシーの運転手がそのように言っていた)は見事。
シンガポールのスイスホテルから
 シャワーを浴びてゆるりとした後、午後のミーティングをこなす。夜はシンガポール支店の同僚と川沿いのパブのようなところでビールを飲んで旅程は終了。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード