源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年4月29日 大菩薩牛ノ寝通り

 26日の日曜日は天気を読み違えて出かけ損なったが、今日はちゃんと早起きして大菩薩の東に伸びる「牛ノ寝通り」を辿って榧ノ尾山まで登ってきました。
 いつものように青梅街道で奥多摩湖に向かい、途中で橋を渡って小菅を目指す。小菅村では八重桜がまだ咲いている上に、目刺し状態の鯉幟が川を横断している。R139の九十九折れを上がって松姫峠の駐車場には6:30過ぎに到着。全部で10台ぐらいは停められそうだ。駐車場からは楢ノ木尾根の向こうに富士山がそびえている。楢ノ木尾根もそのうち登りたい(日の長い時期に、宝鐘寺辺りに車を停めて、楢ノ木尾根をほぼ末端から登って雁ヶ腹摺山に行き、登り尾根から宮地山を経て下山するというロング・ルートを想定している)。
松姫峠駐車場
 牛ノ寝の登り口はトイレの右手。6:50出発でまずは鶴寝山を目指す。植林の杉ではなく広葉樹林が広がる気持ちいいコースだ。頂上からは、これまた見事な富士山が拝める。
鶴寝山からの富士
 ほぼ水平に走る「日向みち」に入り、次のピーク大マテイ山を目指す。途中のブナの巨木が素晴らしい。
ブナの巨木2
 明るく開けた大ダワからは、北に飛龍山と雲取山が見渡せる。ちなみに雲取から飛龍へのコースは、旅人が大学1年生のGWに初めて登った関東の山だが、既に30年前のことになる。途中の狩場山は気付かぬうちに通り過ぎ、一気に榧ノ尾山に到着(9:00過ぎ)。2時間少しで来てしまったので、頑張って石丸峠まで行こうかと考えもしたが、天気の良い本日は遅くなると道路が混みそうなので、予定通り下山にかかる。
榧ノ尾山
 5月下旬にM上さんと土室川に入る計画を立てているので、沢に下るルートをチェックしながら下山。どうも1352mピークから伸びる曲り尾根がよさそうだ。登りに行きそびれた狩場山に寄って、松姫峠には11時過ぎに戻ってくる。行動時間4時間だと少し物足りないが、まーヨシとしよう。
スポンサーサイト

2009年4月19日 奥多摩・後山川片倉谷

 暖かい日が続いているので、今年初めての沢登りに出かけてきました。奥多摩の後山川片倉谷というマイナーな場所です。
 鴨沢の駐車場に車を停めて6:20に出発。青梅街道を歩いて、「お祭」から後山林道に入る。通行止めのゲートがあるところが片倉谷の入渓点。手前には結構な台数の車が停まっているが、三条の湯に行く人のもののようだ(釣り師には会わなかったので)。渓流シューズに履き替えて7:30に遡行開始。途中のゴーロ帯は右岸(左手)の仕事道を使って時間短縮。仕事道が沢を横切る地点からしばしで10mほどの高さのF1に。一旦取り付いて途中まで登ったが、そこから先は水を被ることに必定で、3級程度の岩登りに見えるのだが、安全を期して右から高巻く。シーズン初めはどうも自信が持てない。
片倉谷F1
 そこから先は3mぐらいの滝が次々と登場して楽しい。
右の窪から
 下の写真の滝は正面を突破したが、やっぱり足場に自信が持てず結構緊張した。
正面突破
 さすがにこの滝は登れず、左から巻く。
これは登れないので左から
 二俣を右に入ってすぐに大滝に。左手の泥の斜面から熊笹を辿って落ち口に上がる。
巻き途中から大滝
 大滝の上で水が減ったので靴を履き替え、最後のガレ場を上がると登山道の橋の所に10:50に到着。そこから鴨沢まで登山道を下り、駐車場に12:20に戻ってくる。約6時間の山行でした。この時間ならば青梅街道もそれほど混んではおらず、今月引越しをした東京スバル杉並店に寄り道した後帰宅。
 来週末はどこに行こうかな。GWに備えて長い歩きにするか、もう一回沢登りを楽しむか、それとも足尾の植林ボランティアにでも行くかな。

2009年4月12日 丹沢・大山

 東京に住んで30年になりますが、初めて江戸庶民の信仰対象大山に登りました。
 6:51の急行に乗るために、6:40に新宿駅でT石さん、T橋くんと待ち合わせ。急遽、K藤さんの奥さんも参加。8:00過ぎに秦野駅に到着。混んでいるヤビツ峠行きのバスを避けて、8:25の蓑毛行きに乗る。8:45頃に歩き始め、適当に何回かの休憩を入れて、頂上には10:50頃に到着。家族連れも含めて頂上は賑やか。
阿夫利神社奥の院
 今日はコンロを持っていったので、お湯を沸かしてコーヒーを飲みながらお昼をとる。ノンビリした後、下山は予定変更で阿夫利神社下社方向に向かう。神社内にある名水で喉を潤す。
神社内の名水
 ケーブルカーは使わずに女坂を下ったが、名前のイメージと違って結構急な石段が連続する。途中の大山寺は、時々テレビでも取り上げられている「かわらけ投げ」にK藤夫人が挑戦したものの、結構難しそうでした。
大山寺のかわらけ投げ
 途中でとうふと焼きネギ味噌を買ったために、バス停に着いたときには14:02のバスが目の前から出て行ってしまいました。

2009年4月11日 クライミング・シューズ購入

 ここのところ岩登りを全然やっていないので、今年は少しやってみようかと思っています。今までは平井さんからもらったボリエールのものを使っていましたが、本番用のクライミング・シューズを買いました。型が古いものなので、フレンドで3,800円で売っていました(元の値段は9,800円のようです)。
Climbing Shoes
 明日は大学時代の先輩及び会社の同僚と丹沢の大山に行く予定です。

2009年第1四半期の山行記録

1月1-2日 中ア・正沢川悪沢(アイス)
1月12日 霧積(アイス)
1月18日 八ヶ岳・峰の松目沢(アイス)
1月25日 足尾・大岩沢から備前楯山(アイス)
2月8日 南ア前衛・濁川日向沢(アイス)
2月15日 セーメーバン
2月22日 西上州・桧沢岳北西尾根
3月7-8日 上越・タカマタギ(雪稜)
3月15日 笹子雁ヶ腹摺山
3月21日 西上州・小沢岳西尾根
3月22日 高尾山北尾根
以上13日でした。暖冬のせいでアイスは前半で終わってしまい、雪山もタカマタギだけと、やや不完全燃焼のシーズンでした。正月のスリップで強打したお尻の状況は、いまだに完全ではありません。
 GWは今のところ、北ア五竜岳方面に出かける予定です。

2009年4月5日 桜を求めて+α

 先週央の天気予報では雨のはずが薄曇なので、桜を求めて自転車で走ってきました。まずは井の頭通りに面した都立西高へ。いつも通り正門のところはきれいに咲いている。
西高
 続いて久我山の駅の方に向かい、途中の区立西宮中学の桜を眺めて、神田川に。これまた例年のことながら、川の上を桜花が覆い、見事な眺め。旅人は目黒川に行ったことが無いけれども(志摩子さん、いつか花見を企画して!)、都内でも上位に入る部類ではないかと思う。
神田川
 さらに立教女学院の前を通って井の頭公園へ。ここの桜は今ひとつだったけれども、人手の多さはナンバー1。日本語ではない人たちも含めてお花見最高潮。人が多すぎて自転車では走れないので、早々に退散し北上。東京女子大のところから善福寺公園へ。こちらもお花見の宴会が至るところで繰り広げられているが、井の頭公園よりは遥かにいい感じ。
善福寺公園
 次に西荻の駅の方向に走り、時々立ち寄る「花鳥風月」という古本屋で昔の日本登山体系槍ヶ岳・穂高を1,900円で購入。初版が1980年(当時の定価2,500円なので決して安くない)なので詳しいルート情報は期待できないのですが(というよりそんな場所の残置ピトン類はもうボロボロのはず)、有明山だとか赤沢岳だとかメジャーなガイド本には出ていない場所のチェックに使う予定。
日本登山体系槍穂
 さらに途中のスーパーで鯛のお頭を買って(これを書いている途中で煮付けになりつつあります)、荻窪のフレンドに。奥さんから、今年版の西上州エアリアマップがかなり情報量upの話を聞き一緒に見たが、ちょっと文字が多すぎ。また、今年は外岩をほどほどにやってみようかと思って、店長にクライミング・シューズの相談をしたりした後、図書館に寄り道して帰宅。

2009年4月4日 上州武尊・獅子ヶ鼻山

 朝4:40分に自宅を出発し、関越を沼田ICで下りて玉原スキーパークに6:35に到着(参考情報:ここの駐車場はスキー・シーズンの週末は1日1,000円取りますが、来週月曜日からは無料)。準備をしてペンション・ビレッジの道を通って途中から人気の無いゲレンデに出る。元々の計画では右手の尾根から登ることにしていたのだが、リフトも動いていないのでゲレンデの端っこを辿り、鹿俣山(カノマタヤマ)目指して登る。
人のいないゲレンデを登る
 最終リフトのところでジャパニーズ・スノーシュー(カンジキとも言う)を着けて尾根に上がり、8時過ぎに鹿俣山に到着。頂上で一服した後、先を目指すが結構雪庇が発達している。
鹿俣山方向を振り返ると雪庇
 狐か狸かの足跡があり、雪庇に近づきすぎないように参考にして進む。
狸それとも狐
 途中には平坦地があり、テントサイトに最適(実はスノー・ショベルを使いたくてこの場所に狙いをつけていたのです)。そこを越えるといよいよ獅子ヶ鼻への登り。下の写真、中央の獅子ヶ鼻の右に剣が峰、左に沖武尊。
獅子ヶ鼻
 途中雪庇を避けて樹林の中を進みつつ、頂上には9:43到着。雪が細くついていて、頂上は狭い。
頂上は細い
 余裕があれば剣が峰まで足を延ばそうかと企んでいたが、先を見るとスパッと切れ落ちており、ロープが欲しいところ。下り切った所もナイフリッジになっているし、時間がかかりそうなのであっさり断念。
ここから先は切れ落ちている
 来た道を戻ると、スキーヤーが登ってくる。鹿俣山辺りではさらにスノーシューの4-5人に遭遇。トレースのある雪庇の切れ目から登りとは違う林間コースで下山し、駐車場には11:30に戻ってくる。5時間弱の山行でしたが、夏道のないこの時期しか登れないところだったので満足。昔家族と一緒に玉原のペンションに泊まったことがありますが、冬場に開いているのならばブナの森のツアーもいいなと思います。
 帰りは沼田からR17で渋川伊香保まで行き、途中で永井食堂の「日本一のモツ煮込み」を買おうと思ったのだが、駐車場が一杯だったのでまっすぐ帰ってきた。

2009年4月1日 OB&OGの集い

 かつてオランダ系の生保グループで一緒に働いていた仲間と、フォンクさんを囲むと称して7年ぶりぐらいで集まりました。雷雨の夜にもかかわらず、16人が参加して盛会でした。
最初は整然と
 一部の人を除いて皆あまり変化も無く、時の経過を忘れさせる一時でした。
かなり変化した人
 いつものように、最後は全員出来上がっていました。
最後はこんな感じ
 幹事の田村くん、設定ご苦労様でした。
 安部くん、15日は高校の同級生との集まりが入っていました。T-Wallは別の日にしませんか。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード