源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年2月22日 西上州桧沢岳北西尾根

 朝4:50に田中さんをピックアップして所沢から下仁田に向かう。南牧に入ると現地の気温は-5度。磐戸の南牧活性化センターに車を停めて6:30に出発。椚橋を渡った先で作業道に入る。適当なところから杉林を喘ぎつつ尾根に上がると、快適な歩きやすいコースに変わる。
尾根に出た
 石の祠のところでしばし休憩し、911mピークへ向かう途中でようやく桧沢岳頂上が姿を現す。この辺りから金曜日に降ったと思われる雪が邪魔になり始める。ちょっとしたピークからは東に小沢岳西尾根がよく見える、今度行ってみよう。
小沢岳西尾根
 この辺りから右に左に岩を避けながら、所々出てくる赤テープを確認しつつ進むが、頂上の2つ手前のピークからの下りでいよいよ懸垂下降することに。距離は15mちょっとの感じなのでロープは40mあれば大丈夫そう。
懸垂下降の準備
 そこから先も雪のついた尾根筋を踏み跡頼りに辿って、頂上と思しき辺りで簡単な岩登りで(本当は一歩がちょっといやらしかった)尾根筋に戻り、人声のする方向に向かうと西峰に到着。男性一名女性二名のハイカーでした。ヘルメットだけを片付けてさっさと東峰に移動。10時過ぎだったので、約3.5hでの登頂。
桧沢岳頂上
 頂上では先週食べ損ねたグレープフルーツを田中さんと半分こ。北を見ると登ってきた北西尾根の上の部分が見える。木が生えていなければ奥穂ジャンダルムのようにも見えるというのは言い過ぎでしょうか。
頂上から登ってきた北西尾根の上部
 西峰とのコルまで戻って下山し、桧沢集落を抜けて車道を歩き、途中でウルトラ・サイダーを飲んで活性化センターには11:50に戻ってくる。行動時間5時間20分で少し物足りないような気もするが、明日から欧州出張なのでさっさと帰途に。
ウルトラ・サイダー
 いつもの志賀坂峠越えで秩父から飯能・所沢を経由して16:00に帰宅。
スポンサーサイト

2002年2月21日 墨迺江(すみのえ)石巻の酒

 明日は出張前なのに田中さんと西上州・桧沢岳北西尾根に出かけます。
 本日の日本酒は「墨迺江・しぼりたて純米吟醸」(墨迺江酒造株式会社、宮城県石巻市千石町8-43)。カレーが食べたくなったので西荻のタパコ・バンチャガルでランチを食べて、帰りがけに三ツ矢酒店で買って帰りました。生酒なので飲む際にはグラスで少し時間を置いてからの方がよいです。
墨迺江

2009年2月15日 セーメーバン

 昨日は初夏の陽気だったが、今日も比較的暖かい。朝5:11の電車で荻窪を出発し、猿橋には6:34に到着。バスが出る営業所までは500mほど歩かなければならないので、小走りにR20を始発バスを目指す。6:45発竹ノ向行きバスの乗客は旅人一人だけでした。奈良子入口で下車して7:00過ぎに歩き始める。右へ行けば、先日三上さんと話をしていた松姫峠だが、今日は左に。
奈良子入口
 本当は林沢戸入口で左に入るのだが、同じような雰囲気の林入口で曲がってしまい、少しタイムロス。でも何とか7:30前には宝鐘寺薬師堂に到着。お堂の裏から山道に入る。
宝鐘寺薬師堂
 宮路(地)山には9:00に登りつく。駅からのダッシュでちょっと疲れたが、ここまでは順調。ただし、気温の上昇で杉花粉が多く、一日中鼻水が止まらない。宮路山で最初のお握りを頬張って出発。大垈山手前で雁ヶ腹摺山から楢ノ木尾根が魅力的に見える。夏の日の長い頃に是非、周回してみたい。
大垈山手前から雁ヶ腹摺山
 10:00に到着した大垈山から、三つ峠の向こうに富士山が見えるが、早くも霞んでいる(この後セーメーバンを過ぎる頃にはもう富士山は見えませんでした)。
大垈山からの富士山
 大垈山から約30分でセーメーバンに到着。陰陽師の安倍清明に由来する名前だとかいうことだが、何の感動もない山頂でした。
セーメーバン頂上
 サクラ沢峠で2つ目のお握りを食べ、高ノ丸からトズラ峠を越えて笹平手前の送電塔のところで休憩。西に見える花咲山が鋭角で格好いい。三角点のある笹平から一投足で稚児落しに。すごい岩壁だ。
稚児落し
 しばしで天神山を越え、やっと最後のピーク岩殿山が姿を現す。兜岩・鎧岩の岩場を越えていよいよ岩殿山の登りにかかる。かなりバテてきたが、一頑張りで頂上に(13:15)。
岩殿山
 頂上で最後のお握りを消費してベンチでまったりとする。最後はコンクリートの階段を降りて丸山公園へ。白旗史朗の写真を見てもよかったが、何だかそんな気にはなれずに大月駅に向かい、14:00過ぎに駅に到着。7時間強の行動時間で久々に歩いた気分。来週は天気がよければ、田中さんと西上州の藪バリに出かける予定。本来ならこの時期はアイス・クライミングの最盛期なのに、今年の暖かさでは無理ですね。

2009年2月11日 奥の松

 今日は天気もあまりよくなさそうだったので山に行くには中止にしました。高井戸経由で荻窪までぶらりとしたのですが、途中のお宅に見事な梅の木を発見。写真を撮っていたら、歩いていたお婆さんに声をかけられ、「この樹は私が生まれる前からあったのよ」と教えられました。お婆さんは80近い様子だったのでびっくり。
紅梅白梅
 お腹がすいたので、フレンドの近くの「ゆず」という定食屋さんでカキフライ&肉豆腐(980円也)を食べる。前々から前を通るたびに阿藤海の写真が気になっていた店です。大きなカキフライが大変おいしかった。
ゆず
 フレンドでおしゃべりをしてオーバー・ミトンを購入後、途中で日本酒を買って帰宅。「奥の松純米吟醸」、福島は二本松の酒です。
奥の松

2009年2月8日 濁川(神宮川)日向沢大滑滝

 前夜は竹宇駒ケ岳神社手前の駐車場で幕営。濁川の林道終点ゲートには6:45頃到着し、7:00に出発。後から来た松本ナンバーの男女ペアが先行する。大堰堤を越えた先で日向沢が左手から流れ込んでくる。
左から日向沢が合流
 さらに堰堤を2つ越えて、日向沢左岸の尾根に入る。しばらく行ってから沢に降り、装備を装着。大滑滝を目指して岩のごろごろ転がった沢を詰めていくが、時折強風が吹いて花崗岩の砂利が飛んでくる。
強風に舞い上がる砂
 大滑滝は100mほどの立派なナメ。先行パーティが登るのをしばし待って、我々も登攀開始。傾斜はないが、落ちたら大事故になる。
大滑滝
 先行パーティは3ピッチで登ったが、我々は先ず旅人が20mほどザイルを引っ張り、先行パーティの1ピッチ目終了点に移動。残る2ピッチを田中さんがリード。結構氷は硬かった。
2ピッチ目の田中さん
 これを登り終えると早くも氷がなくなり、先行パーティは左岸の尾根を登っていったが、我々は右にそのままトラバースを続け、沢を何本も越えて出合いに戻る尾根に出て、下山。駐車場所のゲートには13:00前に戻ってくる。

2009年2月7日 辛口パワー・ラーメン

 釈迦堂PAで夕食。基本系は坦坦麺の中にいろいろな具材が入っている。700円也。
辛口パワーラーメン

2009年2月1日 上州滝巡り

 来週の田中さんとの上州アイスクライミングの下見のつもりで滝巡りをしてきました。結果は???
 朝5時に自宅を出て、関越から藤岡で下りる。R17からR18を左折してすぐにR406に入り、中之条方面に向かう。倉渕中学のところで橋を渡り、まっすぐ突き進むとやがて倉渕せせらぎ公園の先で林道に。時々車を降りて落石をどかして進む。相間川の支流の滝は普通に水が流れている。そのうち対岸に天衣の滝と思われる氷が現れるが、全然つながっていない。
天衣の滝
 その先の林道脇の氷柱は約10mで、唯一登れそう。とは言っても抜け口は氷が無く、トップロープだな。
氷柱
 林道終点の十丈の滝入口まで歩いて引き返す。地蔵峠を越えて松井田に出、杉ノ木峠から下仁田へ。
<榛名山>
榛名山
<妙義山>
妙義山
 南牧に向かう途中の跡倉から湯の沢渓谷を目指す。辿り着いた行者返しの滝は一片の氷もない(写真中央の黒っぽい岩の部分)。たまたま2年前に滝を登ったと言う人とおしゃべりをしたが、狭岩の不動の滝も登れる状況ではなかったとのこと。昨日の雨で氷が流されたみたいだ。
行者返しの滝
 さらに南牧から湯の沢トンネルを抜けて上野村に入り、R299の途中の志賀坂峠手前の九十の滝を目指す。こちらも氷は残っているが、普通に水が流れている。木曜日にフレンドで、先週末登った人がいると聞いていたのだがガッカリ。
九十の滝
 仕方が無いので、走りなれた道をR299から秩父を通って、青梅経由で帰宅の途につく。途中ちょうどお昼時だったので、以前から気になっていたインド料理屋「ミナール」でランチ。
インド料理ミナール
 ランチバイキングが1,200円だった。
ミナールの入口
 自宅には14時過ぎに帰ってきた。何だか冬晴れのドライブになってしまったが、この分では来週に予定している立岩1ルンゼも絶望的。足尾か八ヶ岳に行くしかなさそう。

2009年1月31日 昼から宴会

 会社の関係の人たちと昼から宴会。本来であれば、王子が築地で仕入れた魚をさばいてくれる予定だったのですが、王子の都合がつかなくなり単なる宴会になりました。
久保田千寿

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード