源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年1月25日 足尾アイス・ハイク(大岩沢から備前楯山)

 天気もよく、会心のアイス&ハイクでした。
 朝5:00に田中さんをピックアップして、関越本庄児玉から足尾に向かい、7:20に現地到着。間藤の町から橋を渡って集会所の先に駐車。堰堤を最初の3つは右から越え、次の3つは左から越えてF1下に。
大岩沢F1
 F1は容易だが、次のF2は結構立っている。落ち口は氷が乏しい。
F2を抜ける
 容易な小滝を2つほど越えて、駐車場所からも見えていたF3に到着。田中さんがスクリュー2本でリード。50mほぼ一杯。
F3の田中さん
 F3上も枝沢に氷がかかっているが、まっしぐらにルンゼを詰め、稜線に10:40に抜ける。
詰めのルンゼ
 天気がよく、男体山を始めとして周囲がよく見える。西にはこれから向かう備前楯山。
これから向かう備前楯山
 鹿の足跡に沿って備前楯山を目指すと、頂上手前から長靴っぽい足跡が出てくる。何かと思ったら二人組みのハンターでした。スコープ付きのライフルを持っていて、200m先の獲物を狙うのだと言ってました。撃たれなくてよかった。
備前楯山頂上
 頂上でハンターと別れ、舟石を経由して凍結した林道を下り、駐車場所には13:20に戻ってくる。片付けをして、時間も早いのでR17で帰京。先週の八ヶ岳に続き、今週も快適なアイスでした。
スポンサーサイト

2009年1月24日 杉並アニメーション・ミュージアム

 お昼前に荻窪に出て、散発をした後に青梅街道を歩いて「荻窪アニメーション・ミュージアム」を覗いた。荻窪警察署の交差点を入ったところにある杉並会館の3階にあります。受付の女性によれば3年前にオープンしたそうだ。
杉並アニメーションミュージアム
 会館の壁にはそれらしい雰囲気のレリーフ。館内は写真撮影禁止だったが、赤塚不二夫の記念展もやっていた。アニメのDVDの閲覧コーナーもあり、使えそう。30分ばかり、上映されていた「サイボーグ009」を観てから西荻に足を延ばす。
IMGP0391.jpg
 善福寺川の橋のところにあるインド料理屋で遅いお昼を食べた後に帰宅。明日は田中さんと足尾の方にアイス・ハイクに出かけます。

2009年1月18日 八ヶ岳峰の松目沢

 田中さんと峰の松目に行ってきました。
 土曜の夜に出発して、小淵沢の道の駅で幕営。翌朝は4:30起床の5:30出発で美濃戸口に移動。6:20に出発して林道を歩き、峰の松目の入口には8時ごろに到着。残されたトレースを辿ってF1下に到着。
F1が見えてきた
 ここで装備を着けて、クライミング開始。F1はノー・ロープで越え、F2へ。ロープを出して越えるが、抜け口は氷が乏しい。
F2.jpg
 小さい氷をいくつか越えて、やや大きめの滝に。ここもノー・ロープで越えると、上に氷柱が見えてくる。
F6.jpg
 氷柱手前の滝も立っているが、短いのでそのまま抜けてF8へ。
F7.jpg
 4mほどだが下部が垂直。田中さんが苦労しながらスクリュー1本で抜ける。旅人も落ちそうになりながら、スクリューを回収。その後もロープが横に引っ張られるので、落ちるわけにいかない。登り終わった時には腕がパンパン。振り返ると赤岳と阿弥陀岳が見える。二人とも疲れてきたので、次の滝は右から巻いて、F10で終了。沢の下降に入る。後から来ていたパーティは、田中さんの知り合いの久野ガイドでした。 
F8.jpg
F8上から赤岳と阿弥陀岳
 とっとこ歩いて駐車場には14:00に戻ってきた。片付けをして帰宅の途につき、小淵沢IC手前の7/11で久々にアメリカンドッグを食べて高速に。荻窪には16:30頃に到着しました。田中さんの希望でフレンドによってから帰宅。
 峰の松目期待以上にいい沢でした。

2009年1月12日 霧積アイス

 三連休でしたが、田中さんは北海道にアイスクライミングに行ってしまっており、残されたメンバーで最終日に霧積に出かけました。
 日曜日の夜に妙義の道の駅で幕営し、翌朝移動で横川から霧積への道に入る。路面はバッチリ凍結していて気を使うが、ダムサイトなどは登れる状況ではなく、温泉奥の氷が唯一登れる。平井さんがリードでトップロープをかけ、その後各々5-6回登る。
本日の温泉奥の氷
 これは真ん中の部分を登る旅人。
登る
 今回は駐車場から5分なので、昼ご飯にいつものパンではなく「おでん」を作ってみた(コンロで暖めるだけですが)。体が温まってヒット作。問題はアイゼンが何度か外れたこと。ボリエールのアイスマスターとBDのアイゼンは相性があまりよくないのかな。今度フレンドで相談してみよう。

2009年1月8日 EPIガスコンロ

 正月に強打したお尻がまだ痛いので、夕方に整形外科で診察してもらいました。レントゲンを取ったところ、骨折の様子も無く一安心。ただ場所が場所なので治療の術も無く、単に経過観察ということで、要は自然に痛みが引くのを待つしかない。
 その後、フレンドに寄ってお願いしておいたEPIのガスコンロを受け取る。現在使っているのも同じEPIのものですが、大学時代に同級生の小野君から譲り受けたもので、コンパクトな点はいいのですが、大きいコッヘルを乗せると不安定。今後のことを考えて分離型を導入しました。左側の収納袋はサービスしてもらいました。
EPIガスコンロ

2009年1月4日 日本登山体系

 今日は天気がよければ高川山にでも行こうかと思っていたのですが、2日に強打したお尻がまだ痛いので中止にし、西荻をぶらつきました。古本屋が開いていたので入ったら、「日本登山体系・東京近郊の山」がありました。日本登山体系は旅人が大学3年生の頃に出版されたもので、旅人も「剣岳・黒部・立山」と「南アルプス」の2巻を持っていますが、これはもっていませんでした。最近では一番役に立ちそうなので購入。
日本登山体系
 帰りに神明通りを歩いているとミニバスが通り過ぎました。そういえば最近、「すぎ丸」が西荻と久我山の間を運行するようになったんだった。すぐに近くのバス停をチェック。
すぎ丸
 明日からいよいよ仕事始めです。仕事ではくれぐれも「滑落」しないようにしないと。

木曾の酒・七笑

 元旦に塩尻ICを降りてしばらくのところにある酒屋で木曾の酒「七笑・純米吟醸」(七笑酒造株式会社:木曽郡木曽町福島5135)を購入。テントの中の新年会で飲む。
七笑
 詳しい情報は瓶のほうに記載されていて不明だが、精米歩合55%、日本酒度+3だったような気がする。

2009年1月1-2日 中ア・正沢川・悪沢

 2009年最初の山は、昨年暮れに雨で登れなかった正沢川・悪沢。年末の冷え込みで氷結はバッチリでしたが、途中で事件が発生。
 元旦の朝8:00に荻窪を出発し、塩尻ICからR19を木曾に向かい、雪の無いスキー場には11:30に到着。準備をして12:00にルート偵察に出かける。途中の別荘地には、今回もカモシカがいました。
別荘地のカモシカ
 林道の終点から杉林の中にトレースをつけ、正沢川本流に出会うところまで行く。本流も氷結しており、氷を使って上流に行けることを確認して引き返す。
氷った正沢川本流
 スキー場には14:00過ぎに戻り、テントを設営して14:30から田中さんと二人の新年会。19:00には就寝。
 2日は4:00に起きて5:40にヘッドランプを点けて出発。正沢川には7:00に到着。本流を遡り、水晶沢の次の悪沢に入渓。
水晶沢
 CS滝は氷の付きが今一だったので、右岸側から高巻く。やがて二俣に。
二俣
 二俣を左に入り、10m程の滑滝。(下の写真の旅人が立っている滝)を登り終え、次の滝に見とれていたときに事件発生。アイゼンが滑り、滑滝を5-6m滑落してしまった。背中から落ちてお尻を強打、一瞬息ができなかったが、すぐに上体を起こせたので骨折はしていない。荒く息を整え、この後はひたすらビビリ・モード
二俣上の滑滝
 二股上の滝は結構しょっぱかった(田中さんリード)。
二俣上の滝
 しばしゴルジュの中を行く。
大滝手前
 やがて、大滝が氷の殿堂となって現れる。
大滝
 左側の氷柱は避けて、右の滝を登る(田中さんリード)。上段を登る頃には脹脛が痛かった。
大滝上段
 この後もラッセルの途中にいくつか滝が続き、結構飽きさせない。最後はヨレヨレになりつつ13:30に福島Bコースの登山道に飛び出す。登山道に出たときには、思わず「出たぞー」と叫んでしまった。その後は順調に下り15:10にスキー場に戻ってくる。
 15:30にはスキー場を発ち、権兵衛トンネルから伊那に抜け、中央道を帰るも、大月から先が渋滞で八王子まで3時間以上の表示を見たため、途中勝沼で降りて青梅街道を延々と帰り、荻窪には20:40到着。お尻は痛いし、何よりも疲れた。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード