源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2008年1月30日

 先週末はガソリンを入れそびれていたので、近所のセルフで給油。満タンにしたら約48L、レギュラーが142円のところ、スタンプ割引で133円になりました(ラッキー)。
 ここのところ寒波が続いており、ようやく色んな場所が氷って登れるようになってきた。2月は毎週末アイス・クライミングの予定。
2/3 昇仙峡黒平
2/10-11 足尾松木渓谷 黒沢&ウメコバ沢
2/17 湯川または日向沢
2/24 中津川滑沢
 3月に入ったら今度は上越中心に雪稜かな。しかし、1月もすでに5日山に行っており、このペースで行ったら今年は年間50日を超えるかも。
スポンサーサイト

2008年1月26日 石老山

 相変わらず風邪は治っていないが、本日も出かけてきました。中央線沿線の石老山。
 電車を乗り継いで、相模湖に8:30に到着。駅から橋を渡って、まずは嵐山に。標高は低いのですが、いつも甲府方面からの帰りの中央道で見えて気になっていた山。富士山と大室山がバッチリ。
嵐山から

 ここは東海自然道になっており、ピクニックランドの駐車場の脇を下り、林道歩きを交えて石老山登山口へ。
ピクニックランドの脇を通り

 登り始めてしばらくで、顕鏡寺に。
顕教寺

 石老山の頂上には11:15過ぎに到着。結構雪が残っている。
石老山頂上

 石老山から見る大室山は結構美しい三角錐。
20080126152629.jpg

 頂上には団体さんがいて、後ろに付くと面倒なのでさっさと下り、箕石橋へ。R412に出る途中には渡し舟の看板があったが、残念ながら本日はお休み。仕方がないので、相模湖の駅まで歩き、13:03の電車に乗って帰る。
20080126152638.jpg

 帰り道にフレンドに寄り、マウンテン・ハードウェアのコーヒジョン・ジャケットを買った。先日の赤沢山で吹雪かれたときは、フードのないソフトシェルジャケット(同じマウンテン・ハードウェアのシンクロ)で結構厳しかったため、上に羽織れるように薄手のジャケットにした。

2008年1月25日 もったいない

今日はちょっと早めに会社を出て西荻に寄り道。三ツ矢酒店で1本買って帰る。無濾過純米大吟醸「梵」(福井県鯖江市吉江町1-11 加藤吉平商店)。綺麗な黄金色(愛車のフォレスターのようだ)。しかし、風邪で鼻が詰まっていて今ひとつ香りが堪能できない。
20080126152434.jpg

2008年1月20日北高尾山稜

 金曜日の夕方から風邪っぽかったのですが、昨日はフレンドに遊びに行き、高尾山にでも行こうかなと話をしたら、大坪店長が北高尾に行ったらと薦めてくれました。フレンドからの帰り道、会社の同僚M岡さんとばったり出くわしました。
 という訳で、本日は北高尾山稜。20号から小仏方向に入り、日影を過ぎた先、中央線をくぐったところで右の道に入り、広いところに車を停める。7時に出発。この看板のところから右手に取り付き、300mの登り。


 着いたところは富士見台。今一だけれど、その名の通り富士山が見える。
20080120141224.jpg

 その後、30-50mのアップダウンを繰り返しながら、堂所山へ9:45着。途中からは八王子方向に東京の街並みが。圏央道も見えている。
20080120141233.jpg

 堂所山でコーヒーを沸かして休憩した後、景信山も休憩なしで通過。頂上は人が一杯。頂上からの下り、霜柱が解けてぐちゃぐちゃになった場所でスリップし、お尻が泥だらけになってしまった。駐車場所には11:30に戻り、帰宅途中で平井さんの家に寄って、夏用タイヤを回収。
 北高尾山稜はトレーニングにいいところでした。今年は長谷川恒夫カップにでも出てみようかな。

2008年1月14日

 今日は早々に起きていたのですが、天気もあまりよくなく冷え込みもきつそうだったので、出かけるのは止めました。今回の山行が登り足りなかったので、少しでも体を動かしておこうとジムで一泳ぎ。サウナで昔の会社の大先輩にばったり顔を合わせました。
 本日もいつもの三ツ矢酒店で日本酒を一本。島根の「李白」純米吟醸(李白酒造有限会社:島根県松江市石橋町335番地)。雄町と花酵母を使っているとのこと、確かに酵母が効いています。


明日はどうしようかな

上越から帰ってきて、洗濯も済まし、くつろいでいます。明日も天気が良さそうなので、近場にでも出かけようかな。

2008年1月12-13日 赤沢山

 元々は田中さんと甲斐駒戸台川本谷に行く計画でしたが、南のほうは雨の予報だったので、上越谷川方面に変更しました。
 金曜日の夜に土合駅で寝て、土曜日7:45分に出発。土合山の家の裏手の林道を辿って、堰堤のところから尾根に取り付く。最初は雪も少なく、谷川も若干見えていましたが、標高900m辺りから本格的なラッセルに。途中でワカンを着けて頂上には13時前に到着。5時間もかかり、しかも吹雪いているので、当初予定の白毛門への縦走は断念し、900m近辺の平坦地まで戻り、テントを設営。二人で宴会(今回は二泊分の酒とつまみを用意していたので、量はたっぷり)、食事をし、6時過ぎには寝てしまいました。
 翌朝6時前に起きて、7時過ぎにテントを撤収しましたが、一晩のうちに30cm近く雪が積もっており、昨日のトレースはきれいに消えていました。目出帽をつけていなかったので、凍傷になるかと心配しましたが、短時間だったので大丈夫。8時過ぎには土合駅に戻りましたが、愛車は雪まみれ。9時過ぎには土合を後にし、時間も早かったので下道を渋川伊香保まで走りましたが、土合と湯檜曽の間ではしばしばブリザードで、緊張しました。
 テントの中では、休みはもう1日あるので、今晩から再度アイスにでも行こうかと言う話もしていましたが、装備が雪でビショビショになったので、結局断念しました。上越の雪とワカンを初めて体験し、貴重な経験でした。
<登りでラッセルする田中さん>


<赤沢山頂上>
20080113140438.jpg

<テント撤収直後>雪でよく見えない。
20080113140446.jpg

2008年1月6日

 今週末は山に行きませんでした。昨年末に発表された新型フォレスターの購入手続きで時間を取られました。外観は現行モデルのほうがすきなのですが、多少高くなった地上高と広がった車内が気に入って買い替えを決めました。現在のフォレスターもまだ3年弱しか乗っていないので、家族からはブーイングを浴びていますが、年に1万km弱乗っている現状からすると、後2年乗るよりも今買い換えたほうがいいかなという気になりました。今回もナビは無し。
ニュー・フォレスター

 また本日は仕事始めのフレンドにも顔を出してきました。店長の大坪さんは年末は黒戸尾根に行ったそうです。オスプレーのクランポン・バッグをオーダーし、お年賀の品をいただいて帰りました。

2008年1月3日 九鬼山

 予定通り2008年の初歩きに出かけてきました。猿橋から神楽山、御前山、馬立山、九鬼山、大桑山を回り、高畑山から鳥沢に下山しました。12月には高畑山から倉岳山方向に上野原まで歩いているので、大月までの中央線南に見える山は、石老山を除いてほぼ登ったことになります。
<御前山より、これから向かう九鬼山方向>


<九鬼山からの富士山>
20080103162610.jpg

<高指山でお昼ご飯>
20080103162619.jpg

<南アルプス白根三山も綺麗に見える(はずなのですが、上手く写っていない)>
20080103162629.jpg

<氷のリボン(あるいはシュークリーム)>こんなものがどうやってできたんだろう?
20080103162637.jpg

 猿橋6:58-7:36神楽山-7:52御前山8:02-8:30馬立山-8:56札金峠9:02-9:42九鬼山9:50-10:52高指山11:19-12:35高畑山12:41-13:47鳥沢
快晴の中、約7時間富士山を眺めながら気持ちの良い山行でした。

2008年1月2日

年末年始の休みで体重増え気味、明日はどこかに歩きに行こう。

2007年12月31日

 年末年始は完全な冬型気圧配置で山は荒れそうだったので、久々に実家でお正月を迎えました。北風が冷たい中、法隆寺に行ってきました。


 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード