源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2007年12月22日 本日の酒

御坂からの帰り、西荻の三ツ矢酒店に寄道し、出羽桜を仕込む。
20071222170711.jpg

スポンサーサイト

2007年12月22日 御坂黒岳・釈迦ヶ岳

 本当なら昨夕から八ヶ岳の阿弥陀岳広河原沢に行く予定だったのですが、天気予報が急速に悪化していたので、中止にしました。代わりに、早朝発で御坂方面に。以前から、中央道の帰りに気になっていた釈迦ヶ岳に行くことにしました。
 一宮御坂ICを6:30頃下りて、鳥坂トンネル越えで上芦川の大石峠登山口の駐車場へ。7時に出発して8時過ぎに大石峠に上がったものの、目の前にあるはずの富士山はまったく見えず。
<大石峠>


 不逢山、中藤山、新道峠、破風山、すずらん峠を経て黒岳には9:45着。頂上には少し雪があり、霧氷も見られた。
20071222170628.jpg

 どんべえ峠、府駒山と順調に辿り、釈迦ヶ岳には11:10に到着。ここまでの行程で出会ったのはアベックのトレイルランナーのみ。
<府駒山近辺からの釈迦ヶ岳>
20071222170639.jpg

 釈迦ヶ岳の頂上でお湯を沸かしてカップうどんで昼食。ラジオを聞いてのんびりしていたら、10人強のツアー・ハイクの集団が上がってきた。
<頂上のお地蔵さん>
20071222170658.jpg

 11:30には出発し、12:20に駐車場に戻りました。コースタイム8時間20分のところを5時間強で歩き、余裕で下道を帰京しました。

2007年12月16日 倉岳山

 早起きして予定通り体力トレーニング。6:30に鳥沢駅に降り立ち、6:45に出発。寒いぞ、道が凍っている。
<鳥沢から右に高畑山、左に倉岳山>
高畑山と倉岳山

 猟銃を担いだおじさんとすれ違った。コワ。お地蔵さんのところで穴路峠への道と別れ、高畑山へ向かい、8:20頂上着。ここから縦走開始。天神山、穴路峠を経て倉岳山には9:12着。
<倉岳山からの富士>
倉岳山からの富士

 2週間前に行った今倉山・御正体山の向こうに富士が綺麗に見える。御正体で晴れていれば、もっと大きく見えていたはずなのに残念。
 立野峠、細野山、鳥屋山、舟山を経て寺下峠に10:40着。さらに岩の露出した急な尾根を登って矢平山を11:20に通過し、綺麗な林道の通る大地峠を経て高柄山には12:25に到着。残すはあと2時間(の見込み)。ここからは急下降が続くが、順調にこなし、新矢野根峠には13時過ぎに到着。立派な休憩所がある。メイプルポイントゴルフクラブを避けて登山道は御前山まで続くが、最後に200m近い登り返しでキツイ。御前山で最後のお握りを食べて13:45に下山開始。やたらにトラロープが張り巡らされた急な下降。お墓に飛び出し、舗装路を歩いて、ようやく上野原駅に14:20に到達。7.5時間の体力トレーニングでしたが、上野原の駅の階段を上がる頃には太ももが攣りそうになっていました。

2007年12月15日

 本日はまず荻窪に出かけ、フレンドで雪山用グローブ(BD glacier)を購入。今使っているパタゴニアのグローブがぼろぼろになっており、今シーズン限りと思い更新。
 その後東京スバルに行って、フォレスターの新モデルを見学しました。正式発売は12月25日なのですが、見本車が入っていました。現行モデルよりもかなり大きくなっている感じです。買い替えを勧められていますが、今の車がもうすぐ3年になるので、どうしようか迷っています。

 その後西荻ベアーズトレックに行って掘り出し物がないかチェックした後(MHのシンクロジャケットが残っているかと思ったのですが、ありませんでした。ペッツルのヘルメットがよさげでしたが)、いつものように三ツ矢酒店で1本仕込む。夏場ずうっと買っていた濁り酒で気に入っていた吉田蔵の大吟醸。(石川県白山市安吉町41 (株)吉田酒造店:手取川の酒蔵です。)
吉田蔵

 明日は早起きして8時間ぐらい歩いてこよう。来週末は上の権現沢にでも行こうかな。

2007年12月11日 ある夜

 本日は予定通り「登茂恵」に行きました。本日3人で飲んだのはこれです。
(株)尾沢酒造場 (長野県信州新町大字新町168 tel:026-262-2001)
登茂恵 003

豊島屋酒造(株) (東京都東村山市久米川町3-14-10 tel:042-391-0601)
登茂恵 004

田村酒造
登茂恵 005

田村酒造に関してはまた後日
<おまけ:帰り道で発見したChristmas>
登茂恵 009

2007年12月10日

 知り合いの「王子」の助けを得て、ようやくフレームの修正に成功。左側コラムが上に移動しました。これでスッキリ。
 本日の日経新聞夕刊の「あすへの話題」で建築家・藤森照信さんが世界一太い木と題してメキシコの「トゥーレの樹」というのを紹介している。周囲が58メートルというので、どういうものか気になりネットで検索したら、本当にデカイ。この後で高さ110メートルという樹も検索してみよう。
 明日は虎ノ門にある「登茂恵」に行く予定。カメラを持っていこう。

2007年12月9日 春日ルンゼ

今シーズンのアイス登り初めに、平井さんと春日ルンゼに行ってきました。

 土曜の夜8時半に平井さんをピックアップして、所沢ICから関越に乗り、10時過ぎに下仁田ICへ(料金は半額の1,400円)。R254で内山トンネルを通って佐久の道の駅に11時に到着。先日のお土産でいただいたボージョレを飲んで就寝。
 5時に起きて、6時半過ぎには春日ルンゼ前に到着。おそらく木曜か金曜日に降った雪で林道は覆われている。7時前には平井さんのリードでクライミング開始。1時間ほど貸切状態でF1を登った頃、他パーティが続々とやってくる。
<すごい数>



 今年仕込んだDMMレベルは振りやすいんだけれども、今一びしりときまらない。BDのバイパーのほうが腕は疲れるがきまる。今シーズンはどちらを使うか悩むところです。
 最後にF2から左岸支流の氷を登ったが、結構硬くて垂直部で両足が外れてずり落ちてしまいました。
 11時には切り上げ、帰路に着きましたが、昨シーズンの尾白川林道での凍結路面90度スピンの悪夢が蘇り、ノロノロで下りました。時間も早いので、のんびりR254を藤岡まで行って関越に乗り、自宅には4時半に戻りました。

2007年12月6日

今日は朝から熱っぽかったので、仕事を休みました。こんなことなら、前もって休んでT中さんの誘いに乗って上の権現沢に氷登りに行けばよかった。
先ほど調子がよくなってきたので、近所に買い物に出たら、西友の近所に新規開店した99ショップに、オスマン・サンコンさんがいた。誰も関心を示していなかったのがちょっと寂しい(僕も最初誰だかわからなかったんですが)。

2007年12月2日 御正体山

 カテゴリは一応ピークハントにしてありますが、藪バりの要素3分の1。
 朝5時に自宅を出て、中央高速で都留まで走り、下山口の三輪神社の林道を少し入ったところに車を停める。そこから500Mほど車道を歩いて苗代沢の入り口へ。路面がうっすら凍結しているぞ。沢には直接入れないので左手の仕事道を辿って沢に出る。概ね、鹿の踏み跡があるのでそれに従ってさかのぼる。途中で水が枯れて枯棚が現れはじめるが、ほどなく林道が見えてくる。


 最後は林道から二十六夜山への登山道が分岐する辺りに飛び出る。
20071202172925.jpg

 天気予報は良いはずだったのに、御正体は雲がかかっており、赤岩の辺りで今回唯一富士の姿が見えた。
20071202172940.jpg

 本日の行程:
三輪神社6:30-8:25二十六夜山-9:10赤岩-9:45今倉山-12:10御正体山-13:40三輪神社

2007年12月1日

 いつものように、土曜日に用事を済ませて、明日は早朝から出かける予定。
 まずはフレンドに顔を出して、おしゃべり。話によればMountain Hardwearの日本での取り扱いがロストアローからColumbiaに変わるとのこと。とりあえず、お気に入りのシンクロ・ジャケットの在庫状況を聞いてもらうことにした。
 その後、西荻に足を延ばして、これまたいつもの三ツ矢酒店で一本仕込む。「尾瀬の雪どけ」純米吟醸(龍神酒造:群馬県館林市本町7-13)。正直、源流旅人の好みではない。
20071201142136.jpg


 明日は都留まで行って、二十六夜山から御正体山までU字型に歩こうと考えています。

2007年11月30日

今日を過ぎれば今年も残すところ1ヵ月。

朝の通勤途中で見かけた花。桜のように見えるのだが。



職場の近くの丸ビルのクリスマスツリー。NYのロックフェラーセンターのツリーが懐かしい。
20071201142112.jpg


久々に大学時代の山仲間のM本と八重洲の蕎麦屋で飲み、その帰り道で紅葉が綺麗だったので思わず撮影。
20071201142126.jpg

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード