源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2005年4月30日 白馬主稜

 GWに平井さん、程原さん、大宮さん、長濱さんと一緒に古典ルート白馬主稜を登りました。
 4月29日深夜に猿倉の駐車場に着いて仮眠後、白馬尻に向かうも雨のため撤退。一日中車の中で停滞となる。お昼は白馬の町に食べに出かけたが、スーパーでビールなどを買って戻ると、駐車場脇の雪の所においてあった平井さんのピッケルが無くなっている。途中ですれ違った車が怪しいと、中を覗くと後部座席に置いてある。登りに行っているような気配なので、翌日出発前にメモを残して出かける。
 30日は好天に恵まれ、眺めの良い中を気持ちよく登れた。
白馬尻から見上げる主稜1
 稜線上で幕営したパーティが先行する。
7峰近辺
 途中から暑くてシャツ1枚になって登る。
杓子岳を背に
 頂上はまだ先。
頂上を眺めて
 2峰の辺りから渋滞が始まり、頂上雪壁手前で30分以上待たされた。平井さんはストックだけでロープをつけずに登り、続いて旅人がロープを引っ張る。残る3人を頂上でビレイ。
最後の雪壁
 下山は大雪渓をあっという間に下ってしまうが、駐車場に戻ると件の車の主はまだ戻ってきていない。ガラスを割ってしまおうかという過激な意見も出たが、しょうがないので警察に連絡。その後の処理を白馬の警察署で済ませてから帰京。山自体は順調だったのに、とんだ結末でした。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード