源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年5月3-5日 会津丸山岳 最終日

 最終日は4時起床。ちょうど近くに張られたテントのパーティが出発していく。遅くなると帰途の渋滞に巻き込まれるので、昨日の疲れが抜けていないが、5:15に出発。窓明山への登り返しで、一昨日一緒だった御夫婦に追いつく。お二人は高幽山までで引き返したとのこと。
窓明への登り返し
 丸山岳に別れを告げて、窓明山を後にする。
丸山とお別れ
 気持ちの良いブナ林を下り、家向山に登り返し。
ブナ林を下る
 巽沢山からの下りで一旦コースを外してしまうが、少し登り返して軌道修正。疲れた足に堪える急坂を下って、9:20に駐車場に戻ってきた。片付けの後、9:40に現地を出て、途中で道の駅たじまに少し寄り道し、そのまま帰途に。さすがに渋滞もほぼなく、14時には自宅に到着できました。ずっと晴天の三日間だったので、顔が真っ赤になりました。
スポンサーサイト

2017年5月3-5日 会津丸山岳 二日目

 予定通り3時に起きて、出発は4:15。ヘッドランプを点けて歩き始めます。1754mピークへは痩せたスノーリッジになっています。
いきなりリッジ
 これから進むコースのはるか先に丸山岳。
遠いな
 一旦1470mの鞍部に下って、高幽山への登り返し。
高幽山へ向かう
 6:50に着いた高幽山から、次のピークの梵天岳を望む。目指す丸山岳はまだその先。
梵天岳
 梵天岳を8:20に通過し、1723mピークで休憩。このコースはコの字型に山並みが続いているので、ゴールは目の前にあってもなかなか近づきません。尾瀬の山々が見事に並ぶ姿を眺めながら、ようやく頂上台地に。
尾瀬の山並み
 あとひと踏ん張りで頂上です。
山頂に向けて
 10:15にようやく念願の丸山岳の頂上へ。山名標も何もないのでGPSで位置確認、間違いありません。
丸山岳頂上
 西には、これまた雪のある時しか登れない毛猛の山々が広がっている。
毛猛山
 往路に6時間もかかったので、帰りを急ぎましょう。途中1723mピークのところでスキーのペアと遭遇。気温の上昇とともに雪はグズグズになってきた。暑くて水分補給をしたいが水が少なくなってきて、こまめに水筒に雪を投入。14時に高幽山まで戻ってきたが、まだ坪入山までは距離がある。
IMGP0116.jpg
 何とか1470m鞍部までは下ってきたものの、最後の登り返しはヨレヨレ状態で、結局テントに戻ったのは17時過ぎ。13時間行動になってしまいました。やはり会津の秘峰と呼ばれるだけのことはあります。
 ビールで祝杯をあげ、食事をしたら、焚き火はなしで就寝(19:30)。本当に疲れました。

2017年5月3-5日 会津丸山岳 初日

 今年のGWは田中さんと会津の秘峰・丸山岳に登ってきました。登山道がなく沢登りか、雪のある時期にしか行けない山で、しかも山塊の一番奥に位置しているため日数もかかる、大変な山です。3年前に一度計画していたのですが、その時はちょうど父の死と重なり、中止にしました。今回は好天に恵まれ、素晴らしい山行になりました。
 2日の夜、田中さんを拾って東北道を那須塩原ICへ。20:40に番屋の道の駅についてテント泊。周りにも結構テントが張られていますが、多分尾瀬に入る方々でしょう。
 3日は5時に起きて小豆温泉の駐車場に移動。7時前に歩き始めます。保太橋のところの登り口が分かりにくい。いきなりの急登で直ぐに汗だくに。足元にはイワウチワの花が沢山咲いていて、心を癒されます。
イワウチワ
 巽沢山の手前から雪が出始め、雪のブナ林の中を家向山に向かって登っていきます。
家向山への登り
 家向山の頂上はコースから北東にそれた場所にあるが、折角なので寄り道(9:45)。
家向山にて
 窓明山に向けて黙々と雪の斜面を登ります。あの雪庇の向こうが頂上。
窓明山直下
 窓明山には12:20の到着。越後駒ヶ岳や平ヶ岳が見え、北を向くとこれから進むコースが一望できます。
越後駒
 まずは最初のピーク坪入山へ向かいます。
坪入山に向かう
 時刻は15:00を過ぎ、さらに先に進むかどうか迷いましたが、明日頑張ることにして、坪入山の山頂でテントを設営。簡単なテーブルも作りました。
整備も終わった
 つまみは行者ニンニク入りのジンギスカン。食事はスープカレー。重い食料を持ってくれた田中さんに感謝です。
今日のつまみ
 さらに雪の上で焚き火まで楽しんで、19時に就寝しました。
焚き火まで
 明日は長丁場なので、3時には起きないといけません。

2017年3月18日 枯木山

 この連休は一泊で日光方面に出かける計画で、土曜日の朝4時に自宅を出発。東北道から日光の土沢ICで高速を降りて、湯西川の現地に7時過ぎに到着。準備を整えて7:30に歩き始める。雪に覆われた林道木ノ沢線を右から沢が入ってくるところで尾根に取り付く。雪が潜るので早々にスノーシューを装着。木金に降ったと思われる雪が積もっており、ひたすらラッセル。
ひたすらラッセル
 1220点に上がると、1692mピークが見えるが、結構遠い。
遠いな
 1467m三角点(雪の中で不明)まで上がってくると、女峰山から男体山が見えます。
男体山
 その先は小さいながら雪庇が出ている。
雪庇の脇を
 振り返ると、明日登る予定の高原山が霞んでいる。
高原山
 時刻は既に11:30なのに、まだ1692mピークの手前。
1692m点
 12時過ぎにようやく1692mピークに到着。ここで初めて枯木山の頂上が見えたが、まだ距離があります。
ようやく見えた
 一旦下って登り返し、大きな雪庇の左端から頂上の一角へ。
雪庇の左を
 北側に見えるのは大嵐山。頂上までわずかな距離なのになかなか近づかない。
大嵐山
 喘ぎながら何とか13時に頂上に到着。ラッセルのおかげで5時間半もかかりました。
枯木山頂上2
 北東に見えるのは荒海山かな。いい感じですね。
荒海山いいな
 あまりノンビリもしていられないので、一服だけして下山。自分のトレースもあり、さすがに下りは早いものの、疲れから頻繁に休憩しつつ、16時前に林道に降り立つ。林道も休み休み歩いて、車に戻ってきたのは16:15。ほぼ9時間の行動でした。
 本来の計画では、高原山登山口まで移動してテントを張るつもりでしたが、たっぷり雪山を堪能できたので、帰宅することに。湯西川の道の駅で鹿肉コロッケを食べてから、帰途に着き、20時過ぎに自宅に戻りました。

2017年1月14-15日 鳳凰三山地蔵岳(敗退)

 今シーズン最大の寒波が日本列島を覆う中、影響が少ないのではと目論んで鳳凰三山に出かけてきましたが、見事に敗退です。
 朝6時前に荻窪を出発して、韮崎ICからR20に入り、小武川沿いの道を御座石鉱泉へ。あまり評判の良くない女主人に声を掛けられて(鳳凰小屋の天場代860円を払って行けと言われましたが、どこで泊まるかわからないので、丁重にお断り)、登山名簿に名前を書いて8:30に出発。
 順調に1時間ほどで石空沢への分岐に着いて休憩。ここから急登が続き、ずっと雪雲に覆われている中を進みます。

 12時過ぎに祠のある旭岳に到着。樹林帯ながら風も強く、このまま進んでも大変なので、少し戻って12:30にテントを設営。
旭岳
 雪を溶かして水を作ったりしながら14時頃から飲み始め、18時過ぎには就寝。ものすごく寒く、風の音が激しく、トイレに立つのも気合が必要でした。多分-20℃ぐらいになっていたのかな。
 2日目は4:20に起きて、6時過ぎにテントを撤収し、ヘッドランプの要らなくなる6:30頃に出発。上はまだ荒れているようなので、そのまま下山。朝日で染まった感じが綺麗です。
20186朝焼け
 驚いたことに下山途中に二人の単独行者とスレ違いました。お二人とも日帰りだそうです。2時間ほどかけて下ってきた時には、燕頭山も見え始めたので、軽い荷物で日曜日の日帰りが正解だったのかもしれません。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード