源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年9月25日 金峰山・金山沢イサゴ沢

 土曜の夕方から、田中さんと金峰山の沢に出かけてきました
 17時に荻窪を出発して、須玉のICを降り、途中のローソンでお弁当の買出し。いつも利用していたその先のファミマはなくなっていました。20時にみずがき湖ビジターセンターの駐車場に着いて、テント泊。
 日曜日は5時起き6時出発で、瑞牆山荘のところの広い駐車場に車を停めて、6:30に出発。一昨年に五里山に登った時の林道に入ります。最初の分岐で間違えて左に入ってしまい、滝を2つほど登ったところで、どうも様子が変だと気がついて、引き返す。どうやらショツボ沢という富士見平につめている沢だったようです。
ショツボ沢
 1時間のタイムロスで元に戻って林道を奥へ。途中足元には食べられそうなキノコ。田中さんによると、ハナイグチという種類らしい。
ハナイグチ
 堰堤を5-6個超えてようやく入渓。時間は9時です。最初のF1はロープなしで右から超える。
イサゴF1
 続いて難関のF2。田中さんリードで登るが、足元がつるつる。右隅のクラックにはハーケンが2本ほどあったが、田中さんはそれに気づかず、カムでランニングを取って登る。最後は倒木頼りです。
イサゴF2
 今回はシグマシューズだったが、時々滑って釜に腰まで浸かってしまいました。快適に滝を超えていくと、正面に尖った岩塔が見える。
石塔岩
 すぐに大日沢の出合。ここからは水流がグッと減る。
大日沢出合
 イルカ岩を過ぎ、ピラミッド岩へ。ここは右手から超える。
ピラミッド岩
 もう1つチョックストーン滝を超えると最後のナメ滝が100mほど続く。
最後のナメ
 振り返ると甲斐駒が見えます。手前の木の葉は少し色づき始めている。
甲斐駒が見えた
 水が無くなったところで左の森に入り、左へトラバース気味に木の間を進み、登山道へ(11:45)。大日岩のところで装備を外し、下山。途中の富士見平では富士山がかろうじて見えました。
富士見平から
 そのまま下って、駐車場には13:30に戻ってくる。ちょうど7時間の行程でした(間違えていなければ6時間)。帰りはいつも通り、談合坂から渋滞で、荻窪着は17:40になりました。
スポンサーサイト

2016年9月3日 大丹波川・曲ヶ谷沢

 木曜日に台風12号が発生して、いきなり週末の天気予報が悪くなり、尾瀬の北岐沢は中止にしました。初心者を連れての泊まりの沢登りだけに、リスクは取れません(これを書きながらの最新の予報では、どうも大丈夫だったような感じですけど)。代わりに今日は奥多摩でサクッと沢登り。大丹波川の曲ヶ谷沢です。
 自宅を5時過ぎに出て、へリポート手前の広いところに車を止め、7時過ぎに出発。いきなり林道が川状態になっていたので、早々に沢靴に履き替えます。この調子だと水量は相当多いようだ。登山道に入って一つ目の橋を渡ったところで幕営している人がいました。50分ほどで沢の出会いに到着。
曲ヶ谷沢出合
 いきなりいい感じで、登山道の橋の下を進んでいきます。
いきなりいい感じ
 ゴルジュっぽいところの連瀑を登っていきます。
いいね
 この5m滝は登れそうもないので、左から巻きました。
5m滝
チョックストーンで二条になった滝を右から超えて進むと、何やらすごい勢いで水を落とす二段滝が登場。水量が少なければ行けそうだけど、今日は無理。右から巻きましたが、途中にはハーケンがありました。
すごい勢い
 その上の滝は釜に浸かって超えていくと、やがて登山道が接近してくる。
登山道が接近
 適当に登山道を使いながら、この滝の先の標高900m辺りで遡行終了。
この先で終了
 時間はまだ9時過ぎだけど、この先はあまり面白くなさそうなので、一服してここから下山。車には1時間ほどで戻ってきました。曲ヶ谷沢は、ロープも不要で、登山道(荒れてますけど)が脇を通っているので、初心者を連れて行くのにちょうどいいかもしれません。ちなみに下山途中でルアー釣りの人とおしゃべりをしましたが、いつもの倍の水量らしいです。

2016年8月6-7日 奥秩父・大常木谷から竜喰谷 2日目

 今日は下山で竜喰谷を下降です。竜喰谷は2006年7月に登っていますが、綺麗な沢です。
 5時に起きて、なると巻きがたっぷり入ったラーメンで食事を済ませ、6:30に出発。大常木林道をシナノキノタルまで上がり、最初に出てくる沢を下降。下りてきたのは曲滝の真下でした。
曲り滝
 下駄小屋ノ滝は右岸から下降。2006年の時には左のカンテ状を登った記憶があります。
下駄小屋滝
 精錬場の滝は左岸から巻き。
精錬場滝
 最後の滝を右岸から巻くと、一之瀬川本流に出合う。
竜喰谷出合
 最後の渡渉で足を滑らせ、腰まで浸かってしまったが、何とか9:20には駐車場所へ帰着。
 丹波の道の駅もまだ空いておらず、途中の瑞穂でランチを食べて、13時前に荻窪に戻ってきました。

2016年8月6-7日 奥秩父・大常木谷から竜喰谷 1日目

 今週末は田中さんと多摩川の源流域にある大常木谷に出かけてきました。釣りをしながら一泊し、翌日は竜喰谷を下降する計画です。
 6時に荻窪を出発し、下山予定の竜喰谷下降点駐車スペースに8:30に到着。準備をして林道を20分ほど戻り、一ノ瀬川への下降点へ。明瞭な踏み跡を辿って沢に降りる。ここから20分ほど本流を下って、大常木谷出合に(9:30)。
大常木谷出合
 しばらくすると釜を持った滝が登場。倒木があるが、ここは右から巻き気味に上がる。
最初の釜のある滝
 さらに進むと五間ノ滝。念のためザイルを出して、釜を右から回り込み。水流脇を登る。
五間ノ滝
 その先も釜のある滝が続き、これは倒木を利用して進む。
倒木を渡る
 両岸の切り立ったゴルジュの向こうに、陽光を映した水しぶき。大滝の予感。
千苦ノ滝のしぶきが
 大迫力の千苦ノ滝です(10:35)。
千苦ノ滝
 左壁を登る人もいるようですが、我々は素直に右からの高巻き。高巻きも悪いです。
高巻き中
 この先で竿を出してしばし釣りタイム。一匹かかったが、バラしてしまい、結局釣果はなしです。そうこうしていると山女魚淵に到着(11:50)。
山女魚淵
 泳いで2本目のシュリンゲで一旦上がる。少し上がると左に3本目のシュリンゲが見えたので、上から行くか下から行くか、しばし逡巡。
逡巡
 結局下から微妙にへつって、3本目のシュリンゲをつかんで何とか突破。さらに早川淵を抜けていく。
早川淵
 その上には大きな釜の滝。
大きな淵
 この先にはいくつかテン場と焚き火跡が点在。多分、この辺りに泊まって釣っているんだろうな。やがて二段の不動滝。登れるようだが、右からあっさりと高巻き。
不動滝
 まだ続く滝場を進み、右から御岳沢を迎えてしばしで会所小屋跡(14:15)。
会所小屋跡
 テントを設営し、ジンギスカンでビールを飲みつつ、焚き火に取り掛かるが不発。まだまだ技術力が足りません。最後は冷麦でしめて終了です。
冷麦
 大常木谷は泳ぎ、へつり、登攀と各種要素がつまった良い沢です。

2016年7月23-24日 荒川から千曲川へ源流の旅・2日目

 源流巡りの旅二日目は、5時起床で6:20に出発。倒木混じりの穏やかな流れを進むと、威圧的な滝が現れる。逆くの字滝だ。これは右から高巻き。
逆くの字
 さらに小滝をいくつか超えると、7m滝が水量豊かに落ちている。左を巻いて通過。
7m滝
 しばらくすると甲武信らしいナメ滝が連続し始める。
IMGP9443.jpg
 続いて大きな階段状の不動ノ滝。左のコーナーを2/3ほど上がるも、最後の凹角を登りきれず、結局左から高巻きました。
不動ノ滝
 8時過ぎに三宝沢の出合いに到着。ここは一旦三宝沢を登って本流に復帰。
三宝沢
 ここからは苔むしたナメが続くが、倒木も一層ひどくなり、体力を消耗する。
苔のナメ
 印象的な滑床で一息つくも、倒木は続く。
滑床
 まだまだ滝場は続き、途中の小難しい滝は右から大きく高巻く。そうこうするうちに流れは小さくなり、荒川源流点の碑に9:30に到着。
荒川源流点
 靴を履き替えて甲武信小屋への道を登り、テント場を通り過ぎてそのまま甲武信の頂上へ。パンをかじって休憩した後、10:40に下山開始。下に見える千曲川源流を下ります。
千曲川源流を下る
 延々3時間歩いて、何とか13:40に駐車場に帰還。想定通り小仏の渋滞に巻き込まれ、18時に荻窪に戻ってくる。
 真ノ沢は沢のエッセンスがつまった素晴らしい沢でしたが、アプローチと下山で疲れました。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード