源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年12月10日 退院

 一週間の入院生活が終わり、本日午前に退院しました。包帯をするわけでもなく、メディカルテープという肌色の絆創膏のようなものを貼って終わりです。

 振り返ってみて、一番つらかったのは手術が終わって部屋に戻ってからの3時間でした。手術自体は全身麻酔で、何も気がつかないうちに終了していました(手術自体は1.5時間で、麻酔の覚醒を含めて3時間)。動けないので尿道にチューブを入れられており、痛くてたまりませんでした。日曜日ぐらいまで小用を足すたびに痛みが走ります。
 入っていた病室は6人部屋で、カーテンで仕切られているので気楽なのですが、耳鼻科なので周りの方々は鼻関係の治療の方が多く、夜中のいびきがたまりませんでした。
 病室では、基本的にやることがなく、本を読んだり、テレビを見たりぐらい。このミネラルウォーターは東京医大の100周年を記念したもので、北ア常念岳の麓の安曇野の水だそうです。たまたま読み終わった本が、常念岳の一ノ沢での雪崩事故を扱ったドキュメンタリーで、何か奇遇なものを感じます。
DSC_0029.jpg
 昔の同僚の方々からはお見舞いの花をいただきました。手術当日の朝に届き、感動です。
DSC_0027.jpg
 病院食は大体1食が600kcalぐらいで、動かないので全く十分なエネルギー源ですが、やはり油気が少ないようです。鶏空が出た日はうれしくなりました。
DSC_0030.jpg
 月曜日にチューブが取れ、本当なら昨日退院してもよかったぐらいなので、外出許可をもらって3時間ほど新宿をぶらつきました。ユニクロでネックウォーマーを買い、西口のICIをひやかしたり。昼間に都庁を間近に見たのは初めてかもしれません。
DSC_0033.jpg
 さて、明日から職場復帰です。一方で、アイスクライミングの季節が到来しており、体調を見ながら早めに練習しないといけないし、忙しいぞ。

 
スポンサーサイト

2014年12月8日 ドレインチューブが取れた

 木曜日に腫瘍の切除手術をし、患部の体液排出のドレインチューブがついていましたが、先ほど取ってもらいました。早速シャワーを浴びてさっぱりし、こっそり外に出てカプチーノを飲んでいます。
ドレインチューブ
 すぐにでも退院したいのに、化膿がないことを確認するため、水曜日の退院になりました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード