源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年3月5日 寒いNY

 日曜日朝の羽田発のANA便でNYに到着。体を動かそうと思ってセントラル・パークまで出かけました。五番街を歩いてトランプ・タワーの前へ。2ヵ月前は警備が物々しかったらしいですが、主がホワイトハウスに移った今は普通の状態に見えました。このビルの一角にあるティファニーはきっと大きな被害だったんでしょうね。

 セントラル・パークの東南角にある動物園を通り過ぎて、64丁目辺りまで歩きましたが、あまりにも寒く(氷点下10°近かったはずです)、そそくさとホテルに引き返しました。
IMGP9979.jpg
スポンサーサイト

2016年11月26日 大和國長谷寺

 この週末は金曜日に休みを取って、実家に帰っていました。金曜は田んぼで荒れ放題に伸びたセイダカアワダチ草を刈ったり、刈った草を燃やしたりで過ごし、土曜日は合流した妻と長谷寺へ。
 長谷寺は牡丹が有名なお寺ですが、それは季節外れ、この時期は紅葉ですね。やや遅かったようですが、まずまずの色彩です。修理中で仁王門は囲いに覆われていましたが、それに続く回廊は見事。
長谷寺0
 法話会場と書かれた先に進んで、本堂を見上げるといい感じです。
長谷寺1
 宝物殿に寄ってから本堂へ。十一面観音は大きくて威厳がありますね。その後は外に回って舞台です。紅葉の向こうには五重塔。
長谷寺2
 大黒堂から五重塔を回って、1時間半ほどの参拝を終えました。
長谷寺3
 帰りは三輪でお土産を買ってから、ランチにお好み焼きを食べて帰宅。

2016年4月24日 春日大社

 親父の3回忌で土曜日から実家に帰っていましたが、法事前に時間があったので式年造替中の春日大社に。この時にしか本殿に入れない貴重な機会です。ちょうど山藤の花が満開です。
春日大社本殿
 回廊には多くの燈籠がぶら下がっています。
回廊
 歴史上の人物によって寄進されたものも多く、こちらは直江兼続と宇喜多秀家のもの。
直江兼続寄進の灯篭
 一番良かったのは藤浪之屋に再現された万燈籠で、暗室に灯篭の明かりが幻想的です。写真は手ぶれしてますが。
幻想的
 春日大社に続いて新薬師寺へ。こちらは十二神将が有名なのですが、残念ながら写真撮影が禁止されています。
新薬師寺

2016年2月27日 当麻寺

 屯鶴峯から当麻寺に移動。門前の駐車場に車を停めて山内に。
仁王門
 地元なのに、旅人はこれが初めての当麻寺です。有名な曼荼羅は本堂のご本尊。例のごとく、堂内は撮影禁止なので、残念ながら写真を撮れませんでした。曼荼羅もよかったですが、それを取り巻く須弥壇も螺鈿の装飾が施されていて立派です。
当麻寺本堂
 東塔と西塔が残存していますが、それは元の本堂であるところの金堂をはさんでいるとのこと。そして金堂の裏にあるのが日本最古の石灯籠。
日本最古の石灯籠
 小一時間ほどで参詣を終え、近くの道の駅に足を伸ばしてみます。二上山が指呼の間に見えていますが、この角度では双耳峰ではありません。
道の駅から二上山
 職場のお土産に奈良漬せんべいなるものを買って帰途に就きました。

2015年10月5日 NY

 月曜日にNYに入りました。先週までは国連関係の行事で混んでいたようですが、今週は比較的空いているようです。6月は一杯で泊まれませんでしたが、今回はPalaceがとれました。
Palace 2015
 久々に上の方の階(36階でした)で、ロックフェラーが目の前に見える部屋でした。
View from the room
 今回は水曜日には帰途に就いたので、他に写真はありません。ランチに同僚が連れて行ってくれた、Grand Centralの中にあるMichael Jordanのレストランの写真も撮り損ねました。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード