源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年10月7-8日 鋸岳・二日日

 5時に起きるつもりだったのに、隣のテントの物音で4:40から朝食の準備。月明かりがまぶしい。ヘッドランプの要らなくなる5:45に出発して、熊ノ穴沢入口へ。
熊ノ穴沢入口
 最初は岩の転がる沢を上がり、道は途中から右の尾根に登っていく。途中2回休憩を入れ、いよいよ上部のガレ地帯へ。
熊ノ穴上部
 踏み跡もろくになく適当に登るが、中ノ川乗越に着く頃にはバテバテ。ここまで3.5時間かかりました。南には仙丈ヶ岳。
中ノ沢乗越
 これまたガレの斜面を登って第2高点に進む。10m登っては立ち止まる状態でキツイ。
第2高点へ
 振り返ると、稜線の延長線上に甲斐駒。
甲斐駒
 9:45に剣のある第2高点に到着。行く手には、すぐそこに第1高点が見え、何人かの登山者の姿も。
第2高点到着
 南東には北岳と間ノ岳の日本第2と第3の高峰が肩を並べている。
北岳と間ノ岳
 ここからは一旦左手の樹林の中を大ギャップの底まで下るのですが、ぬかるんでいて木の根で滑らないよう気を使いました。ここで足に違和感、痙りそうだ。株のバンドを伝って、ルンゼを登らなきゃいけないのに。
鹿ノ窓のルンゼ
 上から人が降りてくるので、隙を縫ってルンゼを横切り、草付き斜面へ。上の方に小さく鹿ノ窓が見えています。何年か前に設置された長い鎖を使って登っていくが、やはり途中で足が痙りました。
鹿ノ窓が見えた
 何とか登りきり、鹿ノ窓をくぐり抜けて進むと、第1高点が指呼の距離に。でもその前に小ギャップの鎖場を超えなければならない。下りの鎖場は途中まで草付きを辿り、最後5m程が濡れた岩だったので鎖を使う。登り返しの鎖はハングになっていて腕力勝負。左から回り込めば鎖なしでも登れるはずだけど、さすがにここで落ちたら大変。
第1高点へ
  頂上手前で休憩し、水分補給で足を休める。第1高点には11:15到着。雲も出てきたので休まずに下山に移る。
鋸岳山頂
 下る角兵衛沢も上部はガレの堆積。それでもこちらはトレースがあるのでかなり楽。岩小屋の辺りから樹林帯となり、テントに戻ってきたのは13:45。
あれを下る
 テントを撤収して14:25に下山開始。16時前には駐車場に戻ってきましたが、好天の連休に恒例の渋滞に巻き込まれ、自宅に着いたのは21:30でした。
スポンサーサイト

2017年10月7-8日 鋸岳・初日

 南ア北部の鋸岳に登ってきました。元々は北沢峠から入って甲斐駒を越えて縦走する計画だったのですが、土曜日の天気が悪く、初日はアプローチだけにして、二日目に熊ノ穴沢から角兵衛沢への周回に変更です。
 昼前まで雨が残っていそうなので、土曜日は7時に家を出て、9時に相模湖から中央道へ。途中双葉でご飯を食べて、茅野から高遠へ。戸台には予定通り12時前に到着。行く手の稜線には青空も広がってきました。

 ネットで調べたりすると、戸台川沿いの登山道は何回か渡渉が必要そうなので、今回はシグマシューズでのアプローチです。
IMGP0532.jpg
 角兵衛沢対岸には13:45の到着。
IMGP0536.jpg
 時間も早いのでそのまま先に進んで、熊ノ穴沢の入口を確認。あのガレの流れ出しがそのようだ。
IMGP0537.jpg
 シグマシューズなのでそのまま渡渉。
IMGP0538.jpg
 テント設営をして、右岸沿いに熊ノ穴沢の入口までアプローチを確認に出かけ、ついでに水も確保。
IMGP0540.jpg
 岩小屋まで上がるというパーティを見送って、15時過ぎには焚き火を起こして、ちびちびと飲み始める。ウィスキーを飲みすぎて、食事もそこそこに18時には寝てしまいました。

2017年5月14日 足尾・巣神山-小法師岳

 天気は今ひとつでしたが、田中さんと足尾の袈裟丸山近くの巣神山から小法師岳に出かけてきました。
 朝4時に田中さんをPUして東松山、熊谷経由で庚申川のダム駐車場に6:30に到着。準備を整えて、少し下ったお墓のところから登り始めます。最初は沢の右岸を辿り、途中から左岸側の作業道のような道に入り、そのうち沢から離れて尾根に出、1120m辺りで休憩。この辺りのミツバツツジはこれからのようです。
ミツバツツジ
 広い林道の跡のようなところを進み、スキー場の跡地を過ぎて、巣神山へ。
巣神山
 ここから先はダラダラと1426mピークへ。防火帯のような笹の道を進みます。
低い笹の道
 下ったところで2回目の休憩。既にズボンの下半分はびっしょり濡れています。1526mのピークで左に折れて、途中でワラビ採りをしながら小法師岳へ。ちょうど3時間かかりました。
小法師岳
 雨に濡れたアカヤシオが綺麗です。
赤ヤシオ
 下りは2時間で、11:40には駐車場に戻ってきました。帰途は本庄児玉から関越に乗って14:30に帰宅。

2017年4月30日 御荷鉾山

 快晴の中、ヤシオを期待して御荷鉾(みかぼ)山を歩いてきました。
 7:00のバスに間に合うように、余裕を持って3:30に自宅を出発。飯能経由で秩父へ。小鹿野、吉田から土坂峠を越えて万場へ(6:25到着)。ちょうど鯉のぼりのお祭りの最中らしい(写真は下山時に撮影)。
鯉のぼり
 20分ほどバスに乗って、宝久(ほっく)で下車。荒れた沢沿いの道を登って、山あいの宝久集落へ。
山あいの集落
 この後神社の先で一旦道を間違えるが、なんとか復帰して進んでいくと、林道に出る。登山道が不明なので、林道を西に進む。
林道を進む
 道が下り始めたので一旦休憩し、GPSで確認すると石神峠への道を通り過ぎているようだ。戻って道を探すも見当たらず、道の跡と思しきところを強引に上がって、石神峠付近の稜線に。
 二週間山に行っていなかったので、足が重い。道間違えもあって、東御荷鉾山には10:00に到着。頂上からは両神山から武甲山まで秩父の山並みが一望。
東御荷鉾
 一旦、投石峠に下って西御荷鉾山へ。
西御荷鉾が見えた
 頂上の一角には不動明王像がありました。
西御荷鉾の山頂
 北に目を向けると、榛名山の向こうに谷川岳。まだまだ雪がたっぷりあります。
谷川は雪たっぷり
 秋葉峠方向に下って、林道を少し歩いて桐ノ城山を目指す。頂上直下で30人弱の団体さんと遭遇。彼らが降りるのを待ってから頂上へ。ここで右の太ももが痙りそうになって慌てました。
桐ノ城山
 水分補給をして、若神子尾根を下る。結構急なところや、落ち葉で滑りやすい場所もあり、気を使います。途中にはツツジも少しありました。
ツツジ
 途中で団体さんを追い抜いて、若神子山の登り返しに喘ぎながら、なんとか下山。駐車場には13:30に戻ってこられたので、ちょうど6時間の山行でした。
 帰路はどうしようか迷ったけれども、秩父から青梅経由のルートを選択。懸念のとおり芝桜の季節で秩父市内が大渋滞。家に着いたのは18:00です。

2017年4月9日 藤野・日連アルプス

  いつ雨が降るかもわからないので、こんな時のために取ってあった藤野の日連アルプスに出かけてきました。
 荻窪5:38発の電車で、藤野に6:40到着。緑のラブレターも靄っています。
緑のラブレター
 弁天橋を渡った辺りで雨が降り始めたので、上だけ雨具を着込む。農作業の方が、イノシシが出るから気をつけるようアドバイスをくれたが、出会ったらどうしようもないです。まずは一本松山に登り、京塚山へ。ここで休憩。
京塚山
 運動グラウンドを下に眺めながら下って、一旦車道に。ショートカットして秋川橋に出て、坂を上がる。土手には紫色の花が群生している。何ていう花かな。
何の花だろう
 やまなみ温泉方向に歩いて、金剛山神社の鳥居から日連金剛山に登り返す。
金剛山入口
 そのまま峯山まで進んで休憩。晴れていれば南アが見えるらしいが、先ほど登った京塚山がかろうじて見えるだけです。
峯山から
 五叉路の杉峠で右に曲がって、鉢岡山を目指す。途中の林道に転落したレガシーが放置されています。
転落したレガシー
 最後は山道を一登りで鉢岡山頂上へ。これで藤野十五名山を制覇しました。
鉢岡山
 杉峠まで戻って日連山で最後の休憩。宝山を越えて最後はロープの張られた急な斜面を下って、水平道へ。車道を歩いて日連橋の辺りまで戻ってきたら、本格的に雨が降ってきました。あと少しだったのに。
 駅に着いたらちょうど10:56の高尾行きが来たので飛び乗って、12時過ぎには帰宅しました。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード