源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年4月30日 御荷鉾山

 快晴の中、ヤシオを期待して御荷鉾(みかぼ)山を歩いてきました。
 7:00のバスに間に合うように、余裕を持って3:30に自宅を出発。飯能経由で秩父へ。小鹿野、吉田から土坂峠を越えて万場へ(6:25到着)。ちょうど鯉のぼりのお祭りの最中らしい(写真は下山時に撮影)。
鯉のぼり
 20分ほどバスに乗って、宝久(ほっく)で下車。荒れた沢沿いの道を登って、山あいの宝久集落へ。
山あいの集落
 この後神社の先で一旦道を間違えるが、なんとか復帰して進んでいくと、林道に出る。登山道が不明なので、林道を西に進む。
林道を進む
 道が下り始めたので一旦休憩し、GPSで確認すると石神峠への道を通り過ぎているようだ。戻って道を探すも見当たらず、道の跡と思しきところを強引に上がって、石神峠付近の稜線に。
 二週間山に行っていなかったので、足が重い。道間違えもあって、東御荷鉾山には10:00に到着。頂上からは両神山から武甲山まで秩父の山並みが一望。
東御荷鉾
 一旦、投石峠に下って西御荷鉾山へ。
西御荷鉾が見えた
 頂上の一角には不動明王像がありました。
西御荷鉾の山頂
 北に目を向けると、榛名山の向こうに谷川岳。まだまだ雪がたっぷりあります。
谷川は雪たっぷり
 秋葉峠方向に下って、林道を少し歩いて桐ノ城山を目指す。頂上直下で30人弱の団体さんと遭遇。彼らが降りるのを待ってから頂上へ。ここで右の太ももが痙りそうになって慌てました。
桐ノ城山
 水分補給をして、若神子尾根を下る。結構急なところや、落ち葉で滑りやすい場所もあり、気を使います。途中にはツツジも少しありました。
ツツジ
 途中で団体さんを追い抜いて、若神子山の登り返しに喘ぎながら、なんとか下山。駐車場には13:30に戻ってこられたので、ちょうど6時間の山行でした。
 帰路はどうしようか迷ったけれども、秩父から青梅経由のルートを選択。懸念のとおり芝桜の季節で秩父市内が大渋滞。家に着いたのは18:00です。
スポンサーサイト

2017年4月9日 藤野・日連アルプス

  いつ雨が降るかもわからないので、こんな時のために取ってあった藤野の日連アルプスに出かけてきました。
 荻窪5:38発の電車で、藤野に6:40到着。緑のラブレターも靄っています。
緑のラブレター
 弁天橋を渡った辺りで雨が降り始めたので、上だけ雨具を着込む。農作業の方が、イノシシが出るから気をつけるようアドバイスをくれたが、出会ったらどうしようもないです。まずは一本松山に登り、京塚山へ。ここで休憩。
京塚山
 運動グラウンドを下に眺めながら下って、一旦車道に。ショートカットして秋川橋に出て、坂を上がる。土手には紫色の花が群生している。何ていう花かな。
何の花だろう
 やまなみ温泉方向に歩いて、金剛山神社の鳥居から日連金剛山に登り返す。
金剛山入口
 そのまま峯山まで進んで休憩。晴れていれば南アが見えるらしいが、先ほど登った京塚山がかろうじて見えるだけです。
峯山から
 五叉路の杉峠で右に曲がって、鉢岡山を目指す。途中の林道に転落したレガシーが放置されています。
転落したレガシー
 最後は山道を一登りで鉢岡山頂上へ。これで藤野十五名山を制覇しました。
鉢岡山
 杉峠まで戻って日連山で最後の休憩。宝山を越えて最後はロープの張られた急な斜面を下って、水平道へ。車道を歩いて日連橋の辺りまで戻ってきたら、本格的に雨が降ってきました。あと少しだったのに。
 駅に着いたらちょうど10:56の高尾行きが来たので飛び乗って、12時過ぎには帰宅しました。

2017年3月20日 丹沢大山ネクタイ尾根

 一日の休養明けは丹沢のプチバリへ。土曜日の雪山とは打って変わって、春の陽気の丹沢は大山のネクタイ尾根に登ってきました。でも、ネクタイは一つもありませんでした。
 4:30に自宅を出て、R246伊勢原市役所前経由で日向ふれあい学習センターの先の駐車場に6時過ぎに到着。少し戻って浄発願寺の奥の院に上がります。一番上は岩屋になっています。
浄発願寺奥の院岩屋
 ここから日向薬師に続く道を進んで、尾根に出たところで踏み跡に入ります。踏み跡といっても登山道並みですが。途中、二ノ沢の頭で休憩。一昨日の疲れか、足が重いです。778m先から見た三峰山はいつも通りの「山」の形で、うれしくなりますね。
三峰山はいつ見ても
 そのまま稜線に上がって唐沢峠へ。ここで二回目の休憩をしてから巡視路に入り、沢に下って行きます。
唐沢峠
 堰堤の上を越えて尾根の末端に取り付くも鹿柵に阻まれ、左に回り込んでようやく尾根に。大山はまだ先に見えていますね。でも枯木山に比べれば、ラッセルがない分はるかに楽です。
あそこまで登る
 いくら尾根を登っても一向にネクタイが現れません。テープはいっぱい付いているのに、ネクタイはどこに行ったんだ。途中でもう一回休憩を入れて北尾根に上がると、三ノ塔の向こうに富士山がドーンと登場。
三ノ塔の向こうに富士山
 最後の脚立を越えて四回目の大山山頂へ。まだ時間は10時なので人はそれほど多くありません。
4回目の大山
 霜柱の溶けたグジュグジュの道を下って見晴台へ。折角持ってきたので、コンロでお湯を沸かしてカップヌードルで早めのランチ。奥の方では爺さんたちがハッピィ・バースデの乾杯をしていました。
見晴台から
 ここからキャンプ場経由で下山。車に戻ったのは11:45だったので、約5.5hのプチ・バリのハイキングでした。

2017年1月22日 2017年の山:雲取山

 先週の山行の際、田中さんから雲取山の標識がスペシャル・バージョンになっていると聞き、これは是非今月中に登っておかなければと思い、雲取山に出かけてきました。雲取山の標高は2017.1mで、2017年1月の記念です。
 4:40に自宅を出発して、順調に鴨沢の村営駐車場に2時間で到着。でも、スペースが空いていないので脇に駐車します。隣に停めた方は高井戸からだそうで、ご近所さん。
 歩き始めてしばらくで例の廃屋。一体いつまで残っていることやら。
まだ残っている廃屋
 足元の雪が凍っていて時々滑る。堂所までは何とかダマシダマシ登ったが、さすがに面倒になってアイゼン装着。30数年前の骨董品ですが、ベルト締めのアイゼンはこれしか持っていません。これでも当時は最先端の氷壁用アイゼンでした。
骨董品
 欠点は重いこと。一気にペースダウンです。七ツ石小屋からの道との合流点で二回目の休憩をして、ブナ坂から稜線へ。風が冷たいです。奥多摩小屋の手前で見る富士山が今日の最高。この後は、富士山に雲がかかってきました。
今日の富士山20170122
 小雲取山の登りを休み休みこなすと、頂上までは後少し。
あと少し
 ちょうど11時に頂上に到着です。駐車場から約4時間でした。
雲取2017
 避難小屋でお湯を沸かしてカップ焼きそばで腹ごしらえ。その後、わざわざ持ってきたQuickyを出したけど、滑れたのは5mほど。残念。
 順調に下って、駐車場には14:10に戻ってきました。

2017年1月8日 美ヶ原

 風邪も何とか回復してきているので、今日は2017年初登りで美ヶ原に出かけてきました。午後から天気が悪化するようなので、午前中の勝負です。
 4:30に田中さんをPUして、上信越道佐久南ICで降り、ほっとぱーく浅科の道の駅でトイレ休憩。旧中山道の国道142号から県道178号に進む。雪の凍結した道を慎重に進んで、山本小屋の駐車場に7:20に到着。トイレを借りた小屋の中では、宿泊客向けに餅つきをやっていました。心配した天候もまずまずで、駐車場からは八ヶ岳(右肩には実は富士山も)や南アの巨人たちが見えています。
八ヶ岳
 準備をして7:30に出発。20分ほどで美しの塔へ。
美しの塔
 雪上車の跡を辿り、百曲園地の方に進むと大パノラマが広がる。これは中央アルプス。
中ア方面
 御嶽山。
御嶽山
 そして乗鞍岳。
乗鞍岳
 ここから雪原(ウーム、雪原と言うには雪不足)を横切って、広い道に復帰。
雪原
 そこからしばしで、電波塔の乱立する王ヶ頭だ。このホテルの立地は素晴らしいですね。
王ヶ頭ホテル
 最終目的地の王ヶ鼻もすぐ近くなので、そのまま進むが、雪が少ないせいか、まるで観光地状況です。
王ヶ鼻
 それを割り引いても眺めは最高。美ヶ原は信州のへそのような場所ですね。雪の豊富な後立山から頚城の山々が素晴らしい眺め。
後立山の山並み
 そして極め付きは、真正面の槍穂連峰です。松本平の向こうに素敵な姿を見せてくれています。
槍穂連峰
 十分に日本アルプスを堪能したら、来た道を戻ります。王ヶ頭は巻道を使い、美しの塔へ雪原を横切り、カイトボード(多分そう言うのではないかな)の人達を見つつ、駐車場へ。3時間弱の素晴らしいスノーハイクでした。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード