源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2018年2月25日 上州三峰山

 関東南部は曇り模様ながら、北の方は大丈夫ではないかと判断し、スノーシューを持って上州三峰山に出かけてきました。
 4:30に自宅を出て、途中で給油などしながら東松山から6時に関越へ。予想通り前橋を過ぎた辺りで混んできたので、渋川伊香保でR17へ。やや迷いながらも登山口の河内神社駐車場に7:40に到着。駐車場は結構雪があるので入口のトイレ手前に停めました。
河内神社駐車場
 準備をして7:50に出発。途中で天狗岩に寄り道し、モノレールが見えたので直登。そこからは山道で河内神社へ。
河内神社
 ここからは南に視界が開け、赤城山から子持山が望めます。
子持山
 さらに一登りでハングライダーのテイクオフ場へ。こちらも眺めは良く、浅間山も見ることができます。すぐに雪に潜るようになったので、スノーシューを装着し先へ進みますが、三峰沼分岐から先はトレースも無く、鹿の足跡だけ。
ノートレース
 途中で一度GPSを使って現在位置を確認し、先に進みます。西に尾根を曲がってここからがキツく、ピークを3つほど越えてようやく頂上です。およそ2.5hかかりました。
上州三峰山頂上
 正面には谷川岳。この天気なら谷川に行ってもよかったですね。
頂上からの谷川岳
 東には武尊岳や、2年前に歩いた板沢山も見えています(写真は板沢山)。
IMGP0798.jpg
 10:40に帰途に着き、帰りは2hで駐車場に戻ってきました。所々雪が氷った林道を下り、R17経由で渋川から帰りましたが、東松山-渋川が1,300円で、渋川-練馬が2,530円というのはやや納得がいかないですね。
スポンサーサイト

2018年2月11日 高見山

 この連休は奈良に帰って母の手伝いをしていましたが、中日の11日の午前中に霧氷で有名な高見山に登ってきました。高1の冬にH川くんと登って以来なので、41年ぶりです。その頃はまだ登山靴を持っておらず、キャラバンシューズでラッセルして、メタクッカーで昼飯のチリビーンズを作った記憶が残っています。当然その頃はバスで出かけましたが、今回は愛車のフォレスターで大宇陀からR166経由でたかすみの里へ。実家からは1時間ほどの行程でした。
 やはりこの季節は人気の山で、8時前なのに20台近く車が停まっています。靴を履き替えて8:10に出発。赤い欄干の橋を渡ってスタート。
登山口
 登り始めから雪が残り、昨夜の雨で溶けたものが半凍結。足元に注意しながら歩き、細い水流を越えた先で避難小屋のある高見杉へ。ここまで45分ほど。
高見杉
 次の急斜面を登って傾斜の落ちたところでチェーンスパイクを装着。年末に購入したものがようやく活躍の場を得ることができました。
チェーンスパイク装着
 小峠からの道と合流して急斜面を登って行くと、次第に木々に氷がまとわりつく霧氷の世界に。北からの風も強く、先行者の姿がチラホラとしか見えません。
霧氷です
 出発してからちょうど2時間で頂上に到着。寒波の影響の雲の中で何も見えません。
高見山頂上
 頂上直下の避難小屋は人が多く、煙草も吸えない雰囲気だったのでそそくさと退散。外は完全な冬山です。マイナス10℃ぐらいだったのじゃないかな。
完全に冬山ですね
 ワークマンの作業手袋では指先が凍傷になるかと思いました。下からは続々と登山者がやってきます。少しずつ薄日が差してき、周りも見え始めたので、登りにスパイクを着けたところで休憩。でも、頂上はまだ雲の中ですね。
 高見杉もこうやって見ると優しい姿。
ようやく陽が差してきました
 11時頃に登山口の近くまで戻ってきましたが、これから登ろうとする幼稚園児を含む家族連れには驚きました。駐車場には11:30頃に到着し、タオルを忘れたので温泉にも入らずそのまま帰途に。Google Mapsのナビに頼ったら、県道28号でR369を指示され、凍結した道に辟易としながら13時前に帰宅しました。

2018年1月7日 草津白根山(敗退)

 2018年の登り初めに草津白根山でのスノーシューを企みましたが、登山口敗退しました。
 5:20に自宅を出て、東松山から関越道に上がりましたが、高崎の手前から渋滞が始まっており、このままでは始発のシャトルバス(9:35)に間に合わないかもしれないので、急遽ルートを変更してR406の須賀尾峠経由で草津に向かいます。何とか予定通りに9:10に駐車場に車を入れましたが、上の方はまだ雲に覆われており、ロープウェイは強風のために運航していません。いつになったら運航再開するのか分からないので、撤退に即決。

 帰りはR145を中之条方向へ戻り、途中の道の駅おのこで休憩。お客さんと記念撮影中のぐんまくんの向こうには、和太鼓の演技も。試食できなこ餅と大根おろし餅をいただいた後、白菜、カリフラワーにナメコを480円で購入。さらにクジ引きでネギが当たりました(これでは今晩は鍋をするしかないですね)。
Road Station Onoko
 時間も早いし、登っていないのに高速を使う気もせず、R17でのんびり帰ってきました。初っ端からこの調子では、2018年の登山活動は一体どうなることやら。

2017年12月12月29日 鈴鹿・入道ヶ岳

 年末の帰省の帰り道に鈴鹿の入道ヶ岳に登ってきました。予想はしていましたが、前日までの寒波で雪が結構積もっており、今シーズン初のラッセルでした。
 自宅を3時過ぎに出発し、渋滞を嫌って伊勢湾岸道の三重川越ICで降りて、椿大神社(つばきおおかみやしろ)の駐車場に8:30前に到着。靴を履き替え、スパッツを付けて出発です。伊勢の一の宮だけあって、神社は立派ですね。
椿大神社
 本殿脇から林道を進み、二本松尾根コースへ。杉林の中を登っていくと、しばらくして雪が現れ始めました。
雪が出てきた
 避難小屋を過ぎる辺りからは結構な積雪で、本格的なラッセルです。
本格的なラッセルじゃないか
 頂上には10:40頃に到着、約2時間の登りでした。頂上は樹木もなく、天気がよければ眺めもいいのでしょうね。南西に見えるのは仙ヶ岳かな。
入道ヶ岳頂上1
 東には伊勢湾が光っている。
入道ヶ岳頂上2
 寒いので写真を撮ったら、そのまま北尾根に。あそこには御在所山と鎌ヶ岳があるはずなのですが、今日は雲の中。
御在所岳が見えるはず
 北尾根からは結構な数の登山者が登ってきます。途中で振り返った入道ヶ岳。左の雪面の上の所が頂上です。
頂上はあそこ
 地図で見る通り、北尾根はかなり急で、岩場に積もった雪に気を遣いながら慎重に下山。最後はこの神社の所の石段下に出てきました。
下山
 車に戻ったのは12:20なので、4時間弱の雪山ハイク。用意したチェーンスパイクは結局使わずじまいでした。

2017年12月10日 中央線沿線・百蔵山から扇山

 今週は木曜日から風邪気味でしたが、土曜日に大人しくして回復。先週の菊花山(2017年12月3日 大月・御前山~菊花山)から眺めた百蔵山から扇山を西から東へ縦走してきました。
 荻窪5:51発の中央線に乗り、八王子乗換で猿橋へ。R20を渡ったところの7/11で食料調達をし、コーヒーで朝食を摂ってから出発です。中央道を下ると百蔵山が見えてくる。今日は少し遠回りをして左の尾根から登る予定です。
左の尾根から百蔵山へ
 葛野川に沿って福泉寺まで30分ほど歩き、道標に従って尾根に取り付きます。駅から1時間ほどで不動明王の祠へ。
不動明王
 そこからさらに小一時間、9:30に百蔵山に到着しました。周りには誰もおらず、富士山を独り占めです。手前には御正体山や鹿留山。鹿留山の北東尾根にはそのうち登る予定です。
百蔵山からの富士山
 ちなみに大月には秀麗富嶽十二景というのがあり、旅人は全部登っています。
秀麗富嶽十二景
 ここからは何年か前に歩いた道。コタラ山への急坂の下りで5人パーティとすれ違い、その後も何人かの登山者がやってきます。一気に90分弱で扇山へ(11:00)。休みなしで歩いたので大久保山への登りはきつかったです。こちらの山頂には5-6組の登山者がいました。
扇山は三回目
 扇山は今回が三回目。ここでお昼にして、7/11で買ったお握りをいただきます。この山梨限定まぜごはんは甘辛い味付けで美味しいですね。
711のおにぎり
 さてここからは東に尾根を辿りますが、途中で一度転びました。落ち葉の下が、霜柱が溶けてズルズルだったようです。鳥沢への道を分け、展望地で最後の富士山を眺めて、途中で荻ノ丸に寄り道して犬目に下山。あそこに見える大野貯水池を目指します。
大野貯水池が近づく
 途中で中央道を横切り談合坂のSA(上り線)を横目に進み、貯水池へ。
談合坂SAに下りてきた
 途中でYahooで電車を調べたら13:28高尾行きがあったので、頑張って四方津の駅に13:20に到着。この電車は連絡がよく、荻窪には14:30には戻って来れました。来週は田中さんと、恒例となりつつある伊豆の一泊旅行に出かける予定です。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード