源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2018年7月14-15日 早川尾根

 先週の不老山でのリハビリを経て、この連休は泊りで早川尾根に出かけてきました。最初はいつもの調子で夜叉神峠まで歩くことを考えていましたが、いきなりそれは無謀だと考え直し、広河原峠から下山することにしましたが、結果的に正解だったと思います。
 朝4時過ぎに自宅を出て、八王子から中央道で甲府昭和まで。途中時間調整をしながら7時過ぎに芦安に着いたら、上の駐車場は満杯ということで、はるか下に駐車することに。さすがに梅雨明け後の連休で、登山者だらけです。こんな調子だと広河原に着くのは何時になるか定かでなく、このまま帰ろうかと思いましたが、何とかジャンボタクシーに乗れて8時半には広河原に。
出発時の北岳
 遅れた山梨交通のバスを待って、北沢峠行きの市営バスは9:10に出発。靴を履き替えて9:40に歩き始めましたが、長衛小屋のテント場はすごいことになっています。
長衛小屋のテント村
 足を気遣ってダブルストックで仙水峠へ。振り返ると仙丈ヶ岳がくっきりと見えています。
仙水峠手前からの仙丈
 仙水峠からの登りは急登。後ろには雲の枠甲斐駒が。
雲湧く甲斐駒
 何度も立ち止りながら、何とか栗沢山に到着。宇多田ヒカルが南アルプスの天然水のCMで登っていた山です。
栗沢山頂上
 ここまでは2.5hで来れ、比較的順調。次はアサヨ峰。
次はアサヨ峰
 北岳のバットレス側には雲が湧いているが、間ノ岳、塩見岳と南アのジャイアントが展望できます。
北岳間ノ岳と塩見岳
 途中の岩場の辺りから、太ももが攣り始め、何度も休憩する羽目に。
途中の岩場
 1時間20分もかかって何とかアサヨ峰へ。こんな調子で大丈夫かな。
アサヨ峰からの仙丈
 よたよたと下ってミヨシノ頭を目指す。ようやく北岳の雲が取れてきた。
ようやく北岳の雲が薄くなった
 途中で何度も足の攣りに襲われながらも、何とか4時には早川尾根小屋に到着。スペースがないかと心配したが、まだまだ余裕があり、さっそくテントを設営。
早川尾根小屋
 ラジオで大相撲を聞きながら夕食を終え、18:30に就寝。2日目は、別のテントが2:30頃からやかましく、旅人も3:30に起床。日清のカレーメシを食べて、4:30に出発。広河原峠から、足を気遣いながらゆっくりと下山。ずっと樹林の中ながら、唯一眺望が開けた場所から朝日に輝く北岳が見えました。
下りの途中で
 7時前に広河原に戻ってきたら、ちょうど芦安に帰るジャンボタクシーが乗せてくれて、8時前には芦安に。予定では9時ごろに芦安に戻って、久々に笹一に寄ろうかと思っていたのですが、R20でその前を通り過ぎたのは9:20。この時間ではまだ空いてないです。八王子から高速に乗って、ちょうどお昼に帰宅しました。
スポンサーサイト

2018年7月8日 西丹沢・不老山

 ようやく右足の痛みも回復し、日常生活には支障が無くなってきたので、リハビリで山を歩いてきました。二カ月のブランクの後、最初に選んだのは西丹沢の不老山です。富士山に近く、そこそこの歩行時間で、傾斜も緩いところを選択しました。
 自宅を4時過ぎに出て、R246経由で金時公園の駐車場に6:20に到着です。「まさかり」とは、これまた分かり易い。
金時公園
 7時半過ぎに歩き始め、半分くらいは林道歩き。南には金時山が見えています。
金時山
 途中の道標にも金太郎が踏ん張っています。
道標には金太郎
 休憩なしに歩いて、不老山頂上には8:20に到着。ゆっくり歩いたのに2時間かかりませんでした。頂上は眺めもないので、少し休憩したら下山です。
不老山頂上
 秦野の辺りでは見えていた富士山も、登っている間は雲の中。下山の途中からは雨もぱらつき始めました。梅雨前線が少し南に寄ったのかな。
富士はちらりと
 駐車場には9:40頃戻ってきたので、わずか3時間強のハイキング。復帰戦としてはこんなものでしょうか。何とか歩けることが確かめられたので、来週は泊りで早川尾根に出かけようかと思っています。

2018年3月25日 秩父・大平山と秘密の花園

 田中さんと秩父に出かけ、福寿草が群生する秘密の花園から大平山を登ってきました。水曜日の雪で群落は埋もれていて、少し残念でした。
 5時過ぎに田中さんをPUし、昨日納車になった新しいフォレスターで秩父に向かいます。浦山ダムを通り過ぎて浦山大日堂の駐車場には7:20頃到着しましたが、すでに満車なので少し先の路肩スペースに車を停めます。7:40に出発し、まずは少し戻って川俣橋へ。この辺りには面白い彫刻が沢山あり、橋のたもとでは河童が釣りをしています。
河童が釣りをしています
 右に上がる道に入って廃村となっている細久保集落へ。この建物は倒壊しています。しかし、よくまあこんな場所に住んでいたものだと感心。
倒壊した廃屋を通過
 最後の方は踏み跡になって、鹿柵をいくつか越えると二俣です。ここまで約1時間。
二俣まで来ました
 休憩の後、左俣に入って沢を詰めて行きますが、そこそこに踏み跡はあり、結構人が入っていることが分かります。
左俣に進む
 途中からは雪が出てきました。
雪が出てきました
 2回目の休憩をした場所のすぐ上が秘密の花園でした。残念なことに水曜日の雪で、花が顔を出しているのは一部だけでした。
秘密の花園の一部
 福寿草を接写。実は2週間前にも金岳の麓で福寿草の群落は目にしていました(2018年3月11日秩父金岳)。
福寿草
 先行パーティが口うるさいのでさっさと稜線に上がりますが、急斜面に雪が乗って結構厳しい登りです。稜線に出たところでチェーンスパイクを装着。
稜線に出ました
 時間は10:30とまだ早いので、予定通り大平山を目指します。トレースがあって助かりました。
大平山へ
 50分で頂上に到着。木々の間に富士山も見ることができました。休憩の後、そのまま大ドッケまで下降。ここでチェーンスパイクを外して、東の尾根を下ります。
大ドッケ
 赤テープ類も数多くあり、順調に61号鉄塔経由で二十三夜石碑の分岐へ。右に巡視路を進むと、朝通過した細久保への道に出ました。
二十三夜石碑
 車には13:30に戻ってきたので、ちょうど6時間。雪山と春のハイキングを一遍に楽しめる山行でした。

2018年3月5日 高畑山北尾根から矢平山

 今日は暖かい一日でした。久々に長い距離を歩くつもりで、中央線沿線の高畑山から矢平山に出かけてきましたが、この季節恒例の花粉が大変でした。
 5:51荻窪発の電車で7:12に鳥沢駅に到着。駅舎が新しくなっていました。後ろにはこれから登る高畑山の北尾根が見えています。
新しくなった鳥沢駅
 久しぶりに来たので少し迷いながら、まずは小篠のイトヒバへ。根元にある看板によると、寺院の跡地ではないかという解説。
小篠のイトヒバ
 向かいのあぜ道のようなところを進んで鹿柵へ。右側の扉を開けて中に入り、作業道を辿るとやがて尾根上に。すぐ上にTVの中継塔があり、比較的明瞭な踏み跡を進みますが、熊の糞がいくつも落ちていて、念のため時々笛を吹きながら登っていきます。
高畑山が近づいてきた
 途中で一旦登山道が横切りますが、そのまま真っ直ぐ登り、再度登山道と合流するとやがて高畑山の頂上。2時か少しかかりました。いつもながらここから眺める富士山は見事です。
高畑山からの絶景
 ソイジョイを1本かじって、穴路峠経由で倉岳山へ(10:25着)。頂上には北に向けてカメラを固定している若者がいましたが、望遠レンズを付けていたので電車でも撮影しているのかな。
倉岳山から
 立野峠を越えて細野山へと明るい稜線を歩いていきます。眼下には秋山の里が広がっています。
秋山の景観
11:30にトヤ山の少し先でお昼にします。今日は天ぷらうどんにしてみました。アルミ鍋に穴が開いて水が漏れるので、結局コッヘルで調理。
今日は天ぷらうどん
 舟山に登り返し、寺下峠から矢平山へ向かいますが、結構足に来ているうえに岩場交じりの急登で、きつかった。山頂に到着したのは13時過ぎ。
矢平山への登り
 前回来たときはここからさらに高柄山、御前山を越えて上野原まで行きましたが、今回は大丸山から四方津に下山することに。右の鋭角的なピークが倉岳山です。
四方津への下りから
 14:45に四方津駅に着いて、15:02の電車で帰宅しました。

2018年2月25日 上州三峰山

 関東南部は曇り模様ながら、北の方は大丈夫ではないかと判断し、スノーシューを持って上州三峰山に出かけてきました。
 4:30に自宅を出て、途中で給油などしながら東松山から6時に関越へ。予想通り前橋を過ぎた辺りで混んできたので、渋川伊香保でR17へ。やや迷いながらも登山口の河内神社駐車場に7:40に到着。駐車場は結構雪があるので入口のトイレ手前に停めました。
河内神社駐車場
 準備をして7:50に出発。途中で天狗岩に寄り道し、モノレールが見えたので直登。そこからは山道で河内神社へ。
河内神社
 ここからは南に視界が開け、赤城山から子持山が望めます。
子持山
 さらに一登りでハングライダーのテイクオフ場へ。こちらも眺めは良く、浅間山も見ることができます。すぐに雪に潜るようになったので、スノーシューを装着し先へ進みますが、三峰沼分岐から先はトレースも無く、鹿の足跡だけ。
ノートレース
 途中で一度GPSを使って現在位置を確認し、先に進みます。西に尾根を曲がってここからがキツく、ピークを3つほど越えてようやく頂上です。およそ2.5hかかりました。
上州三峰山頂上
 正面には谷川岳。この天気なら谷川に行ってもよかったですね。
頂上からの谷川岳
 東には武尊岳や、2年前に歩いた板沢山も見えています(写真は板沢山)。
IMGP0798.jpg
 10:40に帰途に着き、帰りは2hで駐車場に戻ってきました。所々雪が氷った林道を下り、R17経由で渋川から帰りましたが、東松山-渋川が1,300円で、渋川-練馬が2,530円というのはやや納得がいかないですね。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード