源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年11月19日 竜ヶ岳~笹塒山周回

 先週は二度寝で行き損ねた竜ヶ岳から笹塒(ササトヤと読みます)山に出かけてきました。
 自宅を4時前に出て通い慣れたルートで東松山、藤岡経由で現地到着は6:40。ダム工事の管理事務所だった所が、今年からドコモの森になっていました。ゲートから林道に入りしばらくすると二つ目のゲート。帰りは右の林道で戻ってきますが、まずはヒカリゴケの方向へ。
ここは左へ
 その先で、キーッという声が聞こえ、何かなと思ったらイノシシの親子。沢で水を飲んでいたようですが、親イノシシのブフッ・ブフッという鼻息がここまで聞こえてくる。万が一に備えてしっかりした木の枝を杖代はりに拾い、笛を吹きながら進みます。
 ヒカリゴケの表示に沿ってブル道を登っていきますが、ヒカリゴケの入口に確信が持てず、そのまま登っていったらよく分からない場所で道が途絶えました。地形的には右に延びる杉の尾根に出ればいいはずなので、小尾根を2つほど乗り越えると登山道に出た。
 あと30分ほどかと判断してそのまま登るが、意外と先が長い。しかも最後の辺はやや分かりにくいので少し時間がかかりました。頂上に着いたのは8:35、ちょうど2時間ほどでした。
竜ヶ岳頂上
 一服してから北東へ進み、北のピークから笹塒山を目指して踏み跡を辿って下っていくと絶壁の上に出てしまった。
笹塒山へ
 これはヤバイので一旦登り返して左(西)に回り込んでみる。現れたのは何とか下れそうなルンゼ。慎重にクライムダウン。このために簡易ハーネスと補助ロープを持ってきましたが、結局使いませんでした。
ルンゼを下る
 枯れた笹を通り抜けるといい雰囲気の場所がありました。
笹塒山への鞍部
 いくつかのアップダウンの後、祠のある笹塒山頂上へ。駐車場所からは約3時間。
笹塒山頂上の祠
 頂頭の岩場の上に出ると、展望が開ける。これは竜ヶ岳と浅間隠山。その奥の浅間山は真っ白です。
竜ヶ岳と浅間隠山
 中央峰まで戻って下山。尾根道を下っている途中で何やら物音がして、獣臭い臭いが残っている。黒い奴に違いないと思って笛を吹きまくる。林道に出て、そのまま先に進もうかと思ったが、トレースが定かではないので林道を下ることにする。登り返しで太ももがつりました。
林道を下る

スポンサーサイト

2017年11月12日 晩秋の一日

 昨夜は、新婚旅行から帰ってきた娘夫婦がお土産を持って遊びに来て、自宅で食事。寝るのが少し遅れ、今朝は珍しく二度寝をしてしまいました。倉渕の笹塒山に行くのを断念して、昼前から家内と近所をお散歩。大宮神社から永福を経て下高井戸で遅めのランチ。甲州街道のところのケヤキも色づいており、都心も秋ですね。

 踏切先のせい家で濃厚なとんこつラーメンを食べた後、神田川まで戻って浜田山へ。スバルに寄って、XVの試乗をさせてもらいました。車の買い替えは、やっぱりフォレスターかな。

2017年11月10日 垂壁のかなたへ

 Steve Houseの「垂壁のかなたへ」(原題Beyond the Mountain)を読みました。久しくこの手の本は読んでいなかったので新鮮です。以前は「岩と雪」などで世界のクライマーの情報も見聞きしていましたが、最近のRock&Snowはあまりじっくり読んでいないので、その辺りの情報に疎く、Steve Houseのことは知りませんでした。超一流のクライマーで、超人メスナーが序文で賛辞を送っています。SteveはPatagoniaのアドバイザーも勤めているようです。読んでいると、求道者という言葉が頭に浮かび、適当な山登りをしている現在の旅人には、考えさせられるものがありました。今シーズンはミックス・クライミングの練習でもしてみようかな。

2017年11月5日 大岳山

 金曜日の足ならしを経て、本日はやや長めに歩こうと大岳山へ。ちょうど紅葉の盛りで気持ちの良いハイキングでした。
 5:30荻窪発の電車に乗って、奥多摩駅には7:18の到着。トイレに寄ってから7:30に歩き始めます。まず最初は愛宕神社への登り。この長い石段が最初の関門です。
愛宕神社の石段
 神社の先からいよいよ登山道。鎖場を越えていきます。
鎖場
 三角点の手前で休憩。紅葉が見事です。
紅葉が見事
 鋸山まで2時間弱。そのまま大岳山へ向かいますが、右手には色着いた木々の間に富士山の姿が見えています。馬頭刈尾根への分岐を過ぎて最後の一登り。出発から約3時間で大岳山に到着です。頂上からは富士山がくっきりと見えています。
大岳山からの富士
 右手には斑に紅葉した御前山。お弁当を食べながら最高の景色を堪能です。
御前山の紅葉
 その後は御岳山へ向かいますが、今回は奥の院には寄らずに、ロックガーデン方向へ。奥の院の紅葉がこれまた見事でした。
ロックガーデンへ
 そのまま休憩なしで日の出山に向かうと、茅葺きの宿坊の脇に真っ赤な紅葉。
御岳山の紅葉
 一旦日の出山の登り口で休憩して、行程を思案。時間は12時前。つるつる温泉に下ると時間が早いし、計画を変更して金毘羅尾根に進むことにしました。日の出山の頂上には寄らず、巻道で金毘羅尾根へ。金毘羅神社まで一気に歩き、最後の休憩の後五日市の駅へ。14:32の電車で帰宅しました。

2017年11月3日 大月・花咲山

 夜ににわか雨があったものの、今日は気持ちのよい晴天になりました。先月の鋸岳を降りながら、今年は南アのシーズンにしようかと思い、南部の池口岳と鶏冠山を絡めてと考えていましたが、ここのところの冷え込みで稜線は気温マイナスが予想されるうえに調整不足(二週連続で台風はないだろう)。という訳で体調調整のための軽い山に出かけてきました。
 いつもならば高尾山から城山で済ますのですが、今回は新調したハイキングシューズの足入れも兼ねて少し遠出で、大月の花咲山に。前置きが長くなりました。
 7:30に自宅を出て、荻窪から中央線で初狩へ。9:30過ぎにスタートです。いつもは車で走るR20を歩いて大月方向へ。あれが花咲山ですね。
あれが花咲山
 おや、ここがちょうど100km地点。知らなかった。
IMGP0567.jpg
 途中の7/11でコーヒータイムの後、真木の集落へ。途中、諏訪神社に寄り道して郵便局前まで。そこで右折し、住宅の脇を通って山道に入っていきます。3週間ぶりなので足に潤滑油が回っていません。尾根筋に出ると高川山の右に富士山が見えてきますが、雪が無い。先日の台風で雪が溶けたようです。
高川山の隣に富士山
 もう少し上がるとどっしりとした御正体山が見えてきます。頂上から右につながるのが去年登ったハガケ山。
去年は御正体
 そこからしばしで露岩帯の女幕岩へ。固定位置の関係だとは思うけど、進行方向をロープが塞いでいます。
女幕岩
 ここは視界が開けているので、西の滝子山から黒岳への紅葉した稜線が一望できます。
滝子山から続く山
 その先でルートは2つに分かれますが、迷わず難路の胎内くぐりへ。
胎内くぐり
 その先の下りが少々悪いですが、問題なく頂上へ。時刻は11:15なので駅から2時間かかっていません。看板によると花咲山の頂上は別称、男巻岩だそうです。
頂上は男幕岩
 眺望もないのでそのまま歩き続け、サス平と四等三角点を過ぎた辺りまで行って休憩。タバコを吸っていると、下からはゴルファーの声が聞こえてくる。下りの途中では稚児落しの岩場が正面に見えています。
稚児落しだな
 さらには岩殿山と扇山。あそこまで足を延ばすと時間が微妙なので今回は寄りません。
岩殿山と扇山
 最後は中央道の脇の祠のところに下りてきます。この辺りは笹が伸びてちょっと歩きづらいですね。でも、少し気になるのが正面の菊花山。
中央道へ
 大月駅に着いたらちょうど12:29の電車が出るところ、残念。

 | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード